2008/2/29

ちんちんあっぷぅ〜来日  

「ちんちんあっぷぅ〜」とは、蘇州語で父方のお祖母さんの事。普通中国語では、「外婆(wàipó):南方地方の言い方」とか「姥姥(lǎolao):北方地方の言い方」と言う。蘇州で「ちんちんあっぷぅ〜」と言うと、非常に(彼らにとって)響きがよく、親しみをこめた言い方なのだ。

その「ちんちんあっぷぅ〜」が今日蘇州から来てくれた。昨年9月に生まれた次男に会いに来る為、また私の子育てを少しでも助けたいと、忙しい中調整して来てくれた。今回3ヶ月間滞在してくれる。ここでの滞在を楽しんでくれたらいいなぁと思う。
0

2008/2/28

マラソン日和  

クリックすると元のサイズで表示します天気良好!今日は長男のマラソン大会。「見に来てやぁ〜」と言われて見に行った。グラウンド外周を好きなだけ走ってもいいというマラソン大会。2周目くらいから、走るのをやめる子が出てきて、終わった子から飴をもらっていた。

長男は、他の子が飴をもらっているのを見て、3周目から戻るとすぐに”終わった組”に入り飴をもらいに行っていた。「もっと走りぃ〜!」と言うと、半分泣きそうな顔・・・と思っていたら、また走り出し・・・。飴をもらう為に途中”終わった組”の中に入っていったようだ(^^; 5周目で帰ってくると「飴食べたい〜」と言い、また”終わった組”の中へ・・・。おいおい、おまえは飴しか目に入らんのかい(ToT)

男の子でよく走った子(年少で一人)は9周、女の子で7周していた。長男など、全然根性とは無縁な性格だと今日はまた改めて思った。(競争心もなく、途中こけたお友達の側でじっとしていたり、飴に夢中になったり・・・)

自分で言うのもなんだが、私はよく人から”根性の塊のようなヤツやなぁ〜”と言われる。マラソンでも、あんなにへろへろ〜と走ったことはない(笑)。ま、まだ小さいからかもしれないが、長男の性格は絶対夫に似ている!・・・と思う。


0

2008/2/26

利用してる?依存しすぎ?  

今私は、パソコンと携帯電話無しではやっていけない。特に携帯電話は私の体の一部と同じくらい大切になってしまっている。

携帯電話で使う機能は、電話をかける、メールする・・・がメイン。その他、腕時計代わりに時間を見る、電卓代わりに計算する、辞書代わりに漢字を調べる、など・・・。

教室関係の事でメールすることは非常に多い。中国人講師たちとの連絡は、すべて携帯メールで行う。教室の運営はこの携帯電話一本でかなり片付けている部分が大きい。

次男より3ヶ月前に一人目の子供を出産した友人が、「あんた、子供おってよく、そんなすぐ返事打てるなぁ〜(私は大抵、携帯メールを受けたらすぐ返事をするので)。私なんか、今返事しようと思ったら、後ろでずっとガォ〜って(子供ちゃんが)ほえてるわ・・・。あんたのとこの子、ごっついいい子なんやろうな。」と言う。

電話やメールって本当に便利だ。相手には私が今、何しながら返答しているかなんて見えないんだから(笑)。出産直後は、よく授乳しながら携帯メールを打っていた(笑)。最近はそれは無いが、片手に次男を抱っこしながら片手でメールを打ったり、電話を受けたり、というのは日常茶飯事。「いないいないばぁ〜!」と後ろを向きながらパソコンに向かったり・・・。

もちろん、そればっかりではなくて、時間を区切って、次男ともちゃんと向き合う時間も作っているが。とにかく私は携帯電話無しではやっていけない、”携帯電話依存症”とも言えるかもしれない・・・
0

2008/2/25

子供はすごい  

若いってすごい。え?どのくらい若いのかって?そりゃ、若ければ若いほどすごい。

まず、うちの次男。あさってで5ヶ月になるが、首のすわりが悪く、先週月曜日までは一人では頭を上げられなかった。毎日トレーニング(うつ伏せ運動)をすること3日目、もう一人でずっと頭を上げられるようになった。すごい!大人の感覚で、こんなに進歩するなんて考えられない!

うちの教室に来ている小学生たち。これもまたすごい!私が直接教えている小学2年生の生徒さんなんて、本当にすごい!うちの教室で学び始めて4ヶ月、既に文章の組立てまで自分でできて、私が言う中国語も習った範囲では完璧に意味が理解できてる。もちろん他の子たちも、それぞれにすごくよくできるのだ。

子供には、スポーツも含め、早くから色んな事を学ばせてあげた方がいいのかなぁ・・・?
0

2008/2/23

大惊喜  

今日はまた「大惊喜(大きな喜ばしい驚き、嬉しい驚き)」があった。教室に宅配便が届き、何かと見ると、厦門からの贈り物!高級中国茶だった!

最近は中国製冷凍餃子の事件で、「中国製のものは悪い」というイメージが非常に強くなってしまっているが、それは日本があまりにコスト主義に走っているからではないだろうか?中国でも、本当にいい物というのは値段もすごく高いし、今日本ではなかなか手に入れることができないくらいいい物がたくさんある(もちろん、どういう所で買えば良いか、とか、目利きができるとか、でなければ、そういう本当にいい物をゲットするのは難しくなっているのも事実だが)。

私は教室でも、生徒さんたちにそうした、”中国の本当にいいもの”に触れて頂きたいという思いから、中国家具を教室に入れている(輸入時に少し傷などが入ってしまった物もあるが・・・)。中国のいい机に向かっていい椅子に座り、高級中国茶を飲みながら授業を受けてもらっている。中国の”本当にいい物”を見たことがない日本人は、とても多いと思う。だからこそ、生徒さんたちには”本当にいい物”に触れてほしいのだ。

話は戻るが、今日は、そんないい茶葉を贈って頂き、本当にとっても感動した。この場を借りて、ありがとうございましたm(_ _)m
0

2008/2/21

まだまだリスクは高い  

ここ2,3日、以前の生徒さんから電話を頂き、その方のヘルプをしていた。中国側の商売相手と連絡がつかなくなったと言うのだ。

中国の貿易会社の商売ルートは、実は非常に複雑だ。まだ華東地区の商売はハッキリしているが(制度も管理も厳しい為)、広東地区の商売は非常に複雑だ。その複雑なルートの中に自分がきっちり入って、ルートを全部把握していれば、どこかで問題が起きても解決のしようはあるが、そうでなければリスクはかなり高い。

特に広東地区は闇ルート(中国語では「走私(zǒusī)」、違法な輸出入)が非常に多く、当局も管理しきれない。これは、自由経済制度を持つ香港を隣に持ち、またトウ小平が広東省から経済特区を作っていった経緯と強い関係がある。また、地理的にも中央政府(北京)から遠い為、中央政府も管理が行き届かないという事も関係している。

とりあえず、その方の問題は何とか片付きそうで良かった。これほど中国ビジネスが盛んになってきたとはいえ、まだまだ日本の常識で進められるビジネスではないということだ。
0

2008/2/21

まだまだリスクは高い  

ここ2,3日、以前の生徒さんから電話を頂き、その方のヘルプをしていた。中国側の商売相手と連絡がつかなくなったと言うのだ。

中国の貿易会社の商売ルートは、実は非常に複雑だ。まだ華東地区の商売はハッキリしているが(制度も管理も厳しい為)、広東地区の商売は非常に複雑だ。その複雑なルートの中に自分がきっちり入って、ルートを全部把握していれば、どこかで問題が起きても解決のしようはあるが、そうでなければリスクはかなり高い。

特に広東地区は闇ルート(中国語では「走私(zǒusī)」、違法な輸出入)が非常に多く、当局も管理しきれない。これは、自由経済制度を持つ香港を隣に持ち、また讃ネ燭キd貍覆C薹从册旦茲鮑遒辰討い辰新舒泙閥Cご愀犬「△襦C泙拭チ詫d「砲眞羆_h棔碧無泱CC蕷鵑ぐ戞チ羆_h椶盍浜Cキ圓e呂C覆い箸いケ「盍愀犬靴討い襦
0

2008/2/20

春の到来  

クリックすると元のサイズで表示しますもう春なんだ。気がつかなかったな。毎年この季節必ず見に行く梅林がある。今年の2月はこんなに雪が降ったのに、もう咲いてるのかなぁ・・・。今日はたまたま通った所で、住宅街の道端に梅の木を見つけた。

中国は「春節」と言うが、毎年この「春節」が明ければ梅が咲いて春の到来を告げる。暦は自然の通り、自然には自然の心があって、その心には嘘がなく、ただ純粋なだけだ。その心のままに生きているんだなぁ・・・。


0

2008/2/19

失くした二つのリンゴ  

ある方に教えて頂き、「失くした二つのリンゴ」(←詳細はクリック下さい)という番組を見た。反戦運動家、長谷川テルさんという女性を通して、戦争時代の日本と中国を振り返るドキュメンタリー番組だ(2/11放送のもの)。

この時代に中国人留学生と知り合い、恋に落ちて中国へ渡って行った日本人女性は少なくないのかもしれない。今の時代でさえ国際結婚には難しい点があり、夫婦どちらかが祖国から離れなければ一緒には暮らせない。それがこの戦争の激動の時代だ。祖国から「売国奴」と罵られる苦しみは想像だにつかない。只でさえ、故郷から離れ、家族と離れて暮らしていくだけでも精神的な辛さがあるというのに。

こんなに強い女性もいたのだなぁ、と驚く。胸が痛くなる。今のこの平和、戦争の無い日々がずっと続いてほしいと切に願う。
0

2008/2/18

清掃  

昨日の講師研修会で、初めて講師みんなに教室の掃除をしてもらった。

中国では「清掃」という仕事を見下げる傾向がある。「清掃工」と言えば、他に仕事がまったくできない下級の人間がする事だと見下げる人が多い。日本では「清掃」も立派な仕事で、清掃会社だってたくさんあり、大企業にまで発展している。「清掃」にはノウハウもあれば、色んな道具だってあり、主婦たちの中でも色んな画期的アイディアの清掃グッズはとても人気だ。

ところが昨日、講師たちに掃除をやってもらうと、掃除っていうものをしたことがないのではないだろうか、なかなかちゃんとできないのだ。雑巾だってまともに絞ることができない(・・・というか、前から気になっていたが、蘇州でよく見たのは、モップかけでも、モップは水浸しのまま床を拭いて、ちゃんと絞らないのだ。あれはどうしてなんだろう?)。窓拭きしてもらうと、窓はビチョビチョに濡れたまま・・・。

今朝事務の人が教室に行くと、今日は教室がいつもに増して汚かったと言う(泣)。掃除してもらって余計に汚くなったんじゃ、これから掃除やってもらえないな・・・。
0

2008/2/17

贈り物  

今日は月一回の講師研修会、一年前までうちで講師をしてくれていた二人が尋ねてきてくれた。彼らは気を利かせて果物と子供服をプレゼントしてくれた。

中国ではよく、お見舞いや人の家に招かれた時に果物を持っていく。中国の病院の前には果物屋さんがたくさん並んでいる所も多い。でも、梨は気をつけなければならない。梨を切って割って食べるのはよくない。「分離」と「分梨」の発音が同じだからだ。

今日も楽しい研修会を開くことができた。来月は餃子大会だ・・・。
0

2008/2/16

オヤジオバ  

一昔前「オヤジギャル」という言葉が流行った。オヤジっぽい若い女の子を指して言った言葉だが、私は今、ある意味で「オヤジオバ(オヤジっぽいオバサン)」を目指したいな、と思う。

私が言う「オヤジオバ」とはどういうものか。中国語学習者でも、定年退職の年齢前後の男性は、非常に博学的というか、学者肌というか、中国人でも知らない事まで勉強していて知識が非常に広く深い。色んな事を知っている。

私は非常に世界が狭い人間で、自分に関係ある事以外は知らない事がとても多い。この間初めて知った中国語単語に、「酒のおかずにする」とか「還暦」とか「禿げ頭にする」とか・・・(あはは) 普段、こういった言葉は私にはまったく関係が無く・・・関係が無いから勉強することもなく・・・。

しかし、それではいけないのだ。私も博学な彼らのように「オヤジオバ」を目指したいな、と思う。
0

2008/2/15

母の背中  

よく「父の背中を見て・・・」と言うが、子育てしていて昔の母を思い出すことが多い。昨日から次男が発熱。今日は2度も病院へ・・・。

昔母がよく私を病院へ連れて行ってくれた事を思い出す。母も仕事をしていたので、いつも病院へ行くのは夜だった。帰ってきて氷枕を作ってくれたり、おかゆを作ってくれたり。今思うと、本当によく母一人で病気の私を看てくれていたなぁ、と思う(父は超仕事人間だったから)。

お母さん、ありがとう。(と、素直に本人に言えたらいいんだけど、いつも口答えばかり、ニクソイ娘をやっている。)
0

2008/2/14

声でかすぎ・・・  

よく「中国人は声がでかい」と言われるが、確かに夫の声もかなりでかい。しかも、蘇州語で話し始めると、普段の普通語で喋っている時の倍以上の声量になる。なんであんなにでかい声で喋るんだろうと思う・・・。

うちのある講師が言うには、中国はとにかくどこに行っても騒音がひどいから(その騒音は人の声である時もある)、声を大きく張り上げて喋らないと相手に聞こえないからだとか。って事は、皆張り合って大きな声を出しているという事だから、大きな声を出せば出すほど、もっと皆の声も大きくなる・・・という悪循環ではないか。

横でいて耳が痛くなるほど大きな声。もうちょっと小さな声、出せないものなんだろうか?
0

2008/2/13

バレンタイン  

明日はバレンタイン。去年、おいしいチョコレートを食べたいと思い、近くの百貨店にまでわざわざ行ってチョコレートを買ってきた。旦那にあげて、そのおこぼれを私が貰うつもりで・・・。ところが旦那は一口も食べてくれず、「おまえが食べたいんだから、おまえが全部食べろ。」と言って触りもしない。

私の段取りを見透かされていたのだが(っていうか、誰でも分かる!)、触りも見向きもしない夫にガックリ(ToT) それは彼のやさしさなんだけど(「おまえは自分が食べたくて買ってきたのだから、全部おまえに残してやる」という理屈)、でも、全然食べてくれないのも、すっごく悲しいものがある(><)

だから今年はもう買わない!・・・で、15日になって売れ残って安売りされているのを狙うつもりだ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ