2006/11/27

子供に食べさせる風景  

ある方からメールを頂いた。先日、中国から来た高校生のホームステイの受け入れをされたそうだ。その方の文面から、私はその高校生がホームステイをした後、その方が色々受け入れ準備をして、色々考えてして下さったことに対して、まったく感謝の気持ちを持っていないんじゃないだろうか、という感じを受けた。

中国のレストランで食べていると時々見る風景が、中学生くらいの子供に、親がお箸でおかずをつまんで口まで運んで食べさせている風景だ。子供はじっと座ったまま、口に運ばれてくるご飯をパクパクと食べる。

やっぱり中国の若者たちは、甘やかされて育てられていると思う(そういう子が多いと思う)。家族が自分の為に何かするのは当然だと思ってる。自分が家族の中心であり、自分が皇帝のように、もてはやされ、大事にされなければ怒り出す。そして情緒不安定になる。そんな若者が増えている。社会に出てからも、人が自分の為に何かすることは当然で、感謝も無し、そして自分は人に対して何かしてあげようとはしない。

彼らの親の世代の中国人たちは、とても苦労した世代だ。そんな苦労を子供にさせたくない、という気持ちも理解できるが、今のような、人に感謝もできない若者にしてしまうのもかわいそうだと思う。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ