2006/11/14

たまには労働もいい  

今日は教室前の緑地帯に花を植えた。ここの土が悪いし多いので、まずは土の入れ替え、土を掘ってすぐ近くの公園へ捨てに行く。

重い・・・

土ってこんなに重いのぉ〜!たったの10メートルくらいの距離なのに、何度も車に積んで土を運んだ。それでも辛い・・・重労働だ・・・。最後は諦めて、残った土は山盛りにしておいた。後日また処理しよう・・・。

疲れたけど、終わった後、結構爽快な気分がした。たまにするこんな労働も、心身共に元気になっていいかもしれない。
0

2006/11/13

崇洋媚外(chong2 yang2 mei4 wai4)  

「崇洋媚外(chong2 yang2 mei4 wai4)」、中国にあるこの成語(cheng2 yu3:四文字熟語)、意味は、西洋(文化や人)に対して媚びへつらうこと。

日本でも、まだまだこの傾向は強い。普段のニュースでも、日本ほど、他国のニュースを報道しない国はないんじゃないだろうかと思う。中国でいた時は、アフリカや中東、南米などのニュースもよく見ることができた。東南アジアの国々なんかは、東南アジア全体が一つの国のように、東南アジア全体のニュースがたくさん報道されてる。

もちろんアメリカの大統領選挙は世界に影響を与えるビックニュースなんだけど、海外のニュースってそれだけなの?って思ってしまう。後は、韓国と朝鮮についてちょろ・・・っと。

こんなのだから、他の国々に対する理解度や関心が低いんだろうなと思う。同じ英語圏の人でも、白人が英語で喋っていたら喜ぶ日本人、でもフィリピン人が英語で喋ると「え?フィリピン?」みたいな冷めた反応。中国人が中国語を喋っていると、「ここは日本なんだから、日本語話せよ!」という態度、日本語ができない西欧人が英語で話しかけてくると、英会話ができると喜ぶ日本人。やめてくれないかなぁ〜 こういうの、私、好きになれない。
2

2006/11/12

風にも負けず!  

自治会主催の「芋掘り&みかん狩り&もちつき大会」に参加した。寒かったけど楽しかった♪

うちの家は、冬になると霜が3センチくらい積もるような山にある(笑)。私の家はまだマシ、住宅街の一番低い地域にあるから(といっても結構山)。今日行ったのは、その住宅街のすぐ脇にある農園で、私の家から徒歩5分。たったの5分だけど、ちょっとした坂道を登って行き、みかん山に入るとちょっとした勾配だ。寒い!ムチャクチャ寒い!徒歩たったの5分で、こんなに気温差があるのか!
クリックすると元のサイズで表示します
(もちつき大会の後ろに見える住宅街が私の住むところ)

クリックすると元のサイズで表示します
さすがはプロが作ったサツマイモ、とっても大きな大きなサツマイモが取れた。おもちも食べ放題で、「もちつき大会」とは言え、まったく餅をつかずに頂いてしまった(^^; ごちそうさま♪ みかんもお芋もとってもおいしかった♪ やっぱり食欲の秋かなぁ〜
0

2006/11/11

日本語の方が難しい  

最近日本語がとっても上手な蘇州人の女の子とネットで知り合い、メールをしていた。普段は完璧な日本語を書いてくるのに、今日は一行だけ気になった文章があった。

「私が働いていないうちに、あなたを手伝えます。」

これを私はこう直してあげた。
「私が働いていないうち、あなたを手伝えます。」

要は、「に」と「は」の違いだった。でも、間違っているということは分かるが、どうして間違えているか、その根拠が自分でも分からない。気持ち悪い・・・中国語講師をしている性分で、言葉の間違いの根拠を教えてあげられないのは、非常にしっくりいかない。「に」と「は」で何が違うのか知りたい!

中国で日本語講師をしている友人に聞いた。色々文法的な説明があって難しかったけど、最終的に分かったのは、助詞「は」には「比較」の意味があるそうだ。「は」を使うと、「〜していないうち」の前後(要は、していない間と、した後)で、状況の変化が起こるというその比較の意味が含まれるらしい。

ああ・・・日本語って本当に難しい。
0

2006/11/10

誠心誠意  

昨日、ある新しい生徒さんが入会された。実を言うと、その方を一瞬拝見した時、ちょっと怖そうと思った。お年も恐らく70代くらいで、目を患われているので茶色のサングラスをされていて、やはりはっきり見えないからか、じっ・・・と見られるのだ。

最初、無言で入室、着席されたもので驚いたが、心を込めてお話し始めると、その方がすごい方だというのが段々分かってきた。ご自身では、はっきりおっしゃらなかったが、きっと中国との縁はもう何十年にもなるのだろうと思った(日中国交正常化のすぐ後くらいからじゃないかな?)。もちろん訪中回数、訪ねた都市の数、きっとたくさん、たくさんあるのだろう。

また、授業をしながら色々お伺いしたいものだ。
0

2006/11/9

最近流行りの・・・  

クリックすると元のサイズで表示します
これ何だと思います?蘇州の両親が息子に買ってくれた子供用バイク、しかも電動!

今、蘇州では電動自転車が一般庶民の生活に欠かせなくなっている。またまた借用させて頂いて申し訳ありませんが、「蘇州夜曲」(10/31付)のブログの中に、その詳細説明が書かれています(^-^)

子供用の小さな電動式車やバイクも今や大流行!もちろん蘇州だけではなく、中国の都市部であればよく見られる光景となった。年末に蘇州の母がこちらへ来てくれるので、その時にこんな大きな物を持ってきてくれるそうだ(^^; 息子は今から興奮気味(笑)
0

2006/11/8

折角の”楽しみ”が一変して・・・あーあ!  

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
毎朝息子の保育園への送り迎えは、保育園から徒歩2,3分のスーパーの駐車場に駐車し、そこから息子と駆けっこをする。毎朝それが楽しみだ。駐車場から保育園まで、ちょっとした小道を通ることができ、今は紅葉の季節でとてもきれいだ。小道の下にはたくさん落ち葉が落ちていて、保育園までの道を息子と駆けっこするのがとても楽しい。

それがだ・・・。その駐車場はスーパー裏とスーパー正面の二ヶ所あって、私はいつも裏の方に停める。でも裏の駐車場から出る時、信号を待って車がなくなってから出て、また出てから信号で停まり、2度信号を待つので時間がかかる。今日は急いでいたので、正面の駐車場に停めたら・・・。

息子がすごいカンシャクを起こし・・・私にすがりついてギャーギャー泣き出した。今日は折角秋晴れで、天気も良くって最高の散歩道になるはずが・・・。あ〜あ、最悪だった・・・あ〜あ・・・
0

2006/11/7

中国は契約社員  

今、日本では派遣労働について問題視されてる。中には非常に条件が悪く、労働基準法も守られていないような、人を物扱いしているような、そんな労働条件が増えていると聞く。

中国では、社員は契約社員か臨時社員だ。契約社員なら大抵は3年契約、中には1年、2年契約というのもある。会社が契約を更新するかは、その時にならないと分からない。更新時期になって、突然「契約は更新しない。」と言われ、一ヵ月後に会社を去らなければならない、ということもよくある。

これはすごい問題だと思う。会社は、社員の年齢が高くなっていくと、給料も高くなるから首を切りたい、契約期間に達せば首を切る。これが非常に簡単だ。今は若くて優秀な人材がわんさかいる。それでも、若者にはなかなかいい就職の機会が無いと聞く。

私の友人で40代の人たちは、いつ会社から解雇されるか、という不安を持ちながら働いている。彼らが安心して楽しく生活できるようになればなぁ・・・と思う。
0

2006/11/6

節約  

今日「蘇州夜曲」のブログを拝見していた時に思ったことです。

中国って電気代が高いと思う。私が蘇州で暮らしていた頃、夫と二人で一ヶ月の水道・ガス・電気代が250-300元くらいだった。当時20代のサラリーマンなら2000元前後が平均月給。でも、学歴や会社によっては月給が1000元前後という人だってザラにいる。光熱費を思いっきり節約したくなる気持ちも理解できる。

蘇州では、夜、マンションは真っ暗だ。階段も電気がついてないから、真っ暗の真っ暗、すごい暗闇。夫なんかは階段の段数、間隔、高さなどに慣れているから、暗闇の中でもホイホイ階段を上がったり下がったり。私は絶対に、キーホルダー型電灯(もしくは小さいポケット電灯)が手放せなかったものだ。

部屋の中も真っ暗だ。お客さんが来た時だけ電気を点け、普段は小さな豆電球1つで過ごす。お風呂だって、小さな小さな電気だけ。お水も絶対に無駄使いしない。トイレの水を流すのは、「大」をした時だけ、「小」では流さない。洗顔は、洗面器の底に2,3センチだけ水をはり、タオルをその水に浸して、タオルに顔を近づけ、顔を動かして(タオルを持ち上げた手は不動、顔を動かして)洗顔する。お皿洗いも溜め水で洗い、最後にちょっとだけ流し水で洗う。

私の夫が、日本の家族のことを「電気、水、使いすぎ!」と文句を言うのもうなずける(苦笑) でも、日本でも最近は貧富の差がかなり広がって、ここまで節約して生活している人だって増えてきていると思う。どこまで生活費を節約できるか!学びたい人は、蘇州に行って蘇州の一般家庭で暮らしてみると、学ぶ事が多いだろう(^-^) (今度、「蘇州人に学ぶ超節約家の生活方法」なんて本出したら売れるかなぁ・・・?←冗談ですよ)
0

2006/11/5

兄嫁  

兄の家族がうちへ来た。3人目の赤ちゃん(1ヶ月になったばかり)を連れて・・・。兄嫁は主婦の鏡っていうくらい、家の中のことが何でもできる。今日は手作りのパンを作って持ってきてくれた。兄の家では、朝食は手作りのパン。小麦から作ってる本格的なパン!おいしい♪

兄嫁は私より年下だけど、私よりしっかりしてる。料理もす・・・・・っごく上手で、自分で何でも作ってしまう。自然派志向で、本当においしいものを手作りで色々作ってしまう。ああいう世界も楽しいだろうなぁ・・・と思う。でも、今の私には求められない世界だなぁ・・・。私も本気でやろうと思えば、手だって不器用じゃないんだから、できると思うんだけど・・・。

(でも「おまえには逆立ちしても絶対ムリだ。」とオジサンの友人たちに言われそうだな)←この間も「え?女性だったの?」とか言われたばかり(^^;
0

2006/11/4

初めてのプレゼント  

クリックすると元のサイズで表示します今日私は一日教室。夫と息子は里芋掘りへ。そこで息子はコスモスを摘み、帰ってきて「これはママのプレゼント」と言って、私にプレゼントしてくれた。息子からの初めてのプレゼント、嬉しかった(*^-^*)

0

2006/11/3

永遠のキャラクター  

クリックすると元のサイズで表示します
今日は行楽日、夫と息子と三人でみさき公園へ行った。ドラえもんやアンパンマンと会えて息子も上機嫌♪

ああいう永遠のアニメキャラクターって本当にすごいと思う。別に親が「好きになりなさい」とか「これいいよ」と教えたわけでもないのに、私の息子も一目見ただけで、ドラえもんやトーマスやトトロが大好きになった。あの力、中国語で「吸引力」っていうけど、子供の心を引きつける力ってどこに有るんだろう、と思う。

ドラえもんは、海外に行っても大人気で、世界何十カ国の子供たちに愛されている。もちろん中国でも。中国では結構昔から知られていて、私の夫が小さかった頃は「機器猫(ji1 qi4 mao1)」と言われていた。でも、今では音からとって「(口多)(口拉)A夢:duo1 la1 "A" meng4」となってる。ドラえもん、君は本当にすごいよ!(ちなみに、中国語で「のび太」は「大雄(da4 xiong2)」)
0

2006/11/2

世界はつながっている  

今日ハンガリーに電話をかけた。そ、ヨーロッパにあるハンガリー。

私の叔母は、ヨーロッパと縁を持つ人で、ある人と連絡を取りたいが昔の住所、電話番号しかなくて相手がみつからない。そこで、KDDIに電話して、その人の名前と昔の電話番号を言って、現在の電話番号を調査してもらった。

すごいねぇ・・・。驚いた。あんなに離れた国の、昔の電話番号から変更後の電話番号を調べてもらえるなんて・・・。いや、私にとって、中国っていうのはすごく近い国なんだけど、ハンガリーって・・・ブタペストって・・・なんか地の果てって感じするから・・・。言葉も全然分からないし・・・。

で、KDDIに調査してもらった電話番号に英語でかけてみた(久々に喋る英語・・・)。ちゃんと掛かったよ、探してた相手に!ああ、すごい。なんか、浦島太郎みたいなこと言ってるけど、今日は「すごいなぁ・・・」と感心した(笑)
0

2006/11/1

秋晴れ続く  

クリックすると元のサイズで表示します
日本の紅葉は本当にきれいだと思う。今日も、教室の事務手伝いをしてくれている蘇州人の女の子と少しお喋り、「日本の紅葉はとってもきれいだよ。葉の色は、赤も黄色もオレンジもあるよ。」と言うと驚いていた。「ええ?赤も黄色もオレンジも?本当?」という反応、おもしろい(^o^) 日本では、ちょっとした紅葉の景色なら、そんなに遠出しなくても見られる。写真は、家から車で3分のスーパー前で写したもの。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ