2011/4/20

新風  教室

今月新しい講師を迎え、既に研修が始まっている。私にとって、もちろん新人講師を入れる事は、骨の折れる仕事。そんなに苦労するなら、毎年卒業で入れ替わる留学生講師ではなく、辞めない社会人講師ばかりにすればいいのではないか・・・と言う人もいる。

でも、私の教室には絶対に留学生講師が必要だと思っている。新人は新鮮な感性を持って仕事に励む。一生懸命だ。そんな新人講師の姿を見て、慣れてきた講師たちもまた、心を新たに入れ替える事ができる。これがとても大切。

何年も講師をやっていると、「私はできている」という錯覚、授業準備の手抜きが可能になってくる。私は正直、手抜きされるのは嫌い(もちろん自分が手抜きするのも嫌い)。授業を見ていなくても、講師が手抜きしていると分かる。面と向かって注意できるなら注意したいが、これもまた、なかなか難しい。

時々意見を言っても、私の助言を素直に聞けない人もいる。こういう人は進歩はしないどころか、退化していく。自分の授業の質が落ちていっている事に気付いていない。いや、気付いていても、受講生が受入れてくれるなら、それでいい、と思っている。つまり、マンネリ、怠惰の蔓延が起こってくるわけだ(もちろん自分にもその可能性はあるわけで)。

私はこれがとても嫌い(誰でも嫌いと思うけど)。でも、私一人の力でそれは防げない。これは絶対。そこで、新風の力を借りる。新人講師たちが、本来あるべき姿を私たちに見せてくれる。そこで私たちもまた、「ああ、最初は私もこうだったよな。こういう授業をしないと。」と心を入れ替えることができる。

さ、今回の新風さんたち、期待してますよ〜
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ