2010/8/31

蘇州の高級家具  中国

クリックすると元のサイズで表示します
蘇州の庭園に行くと、必ず見られるのが、この蘇州を代表する高級工芸品ともいえる、紅木彫刻家具だ。私が蘇州滞在中は、紅木家具の専門店に行けば紅木家具を普通に購入できたが、今では紅木家具を扱うお店も少なくなってきた。また、高級品といえるものも非常に少なくなってきているようで、その上価格もかなり高い。

クリックすると元のサイズで表示します
私の教室にも高級紅木家具を入れているが、使って5年、多くの受講生の方に毎日座って頂いているので、かなり痛んだり変色したりしてきている。手入れもこまめにしているが、なかなか毎回汚れるのを落とすのに手入れが追いつかない状態だ。

クリックすると元のサイズで表示します
実際、こういう家具は、実用的なものではなく、一般家庭でも「装飾品」のように利用されている。それを、教室という多数の人が出入りする場所で実用的に使い始めたのがそもそも間違えていたのだろうか。

私も入会される受講生の方に、わざわざ家具の話まではしないし、私がどうしてこだわって、かなり苦労して輸入してまで教室に家具を入れたか、という話もしない。

入会された受講生の方が、この家具を見られた時、どう思われるのだろうか?素敵だな・・・とか、中国の雰囲気があるな・・・とか思って頂けているのならいいのだけれど。もともと受講生の皆さんの為に、と思って入れた紅木家具だけれど、家具でも事務机でも、授業さえ良ければいい、という考えの方の方が多いのではないだろうか。だって、”語学教室”なんだから。

教室には不向きな高級家具・・・最近、家具をどうしたものかと考えている私。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ