2008/12/25

聖誕老人  

今日はクリスマス。長男は聖誕老人(サンタクロース)を信じているようだ。2,3日前から、「ポケモンとぉ〜、ゴーオンジャーとぉ〜、理科の実験セットとぉ〜、他にもいっぱいいっぱいほしぃ〜」と何個もプレゼントをお願いするのだ(何故「理科の実験セット」なのかというと、「トリフのクリスマス」という絵本の中で、「理科の実験セット」をほしがる子がいるからだ)

「プレゼントは1つしかくれないよ」と何度も言い聞かせ、何が一番欲しいのかを聞き出すこと3日間・・・。今朝も保育園へ行く車の中で、「今晩はちゃんとサンタさんに手紙を書いて、「ポケモンください」って書いとかないと、サンタさんプレゼントくれないよ。」とプレゼントを決めさせる会話あれもこれも欲しいと言って、なかなか決まらないのだ。

今日、そのプレゼントを買いに行ったのだが、実はクリスマスプレゼントを買ってあげるのは初めて。その上、ポケモンというものを私がよく分かっていないので、おもちゃ売り場に行って、それらのおもちゃが何なのかがよく分からない。たまたまポケモンのおもちゃを買いに来ていた親子に、「すみません、これってどんなおもちゃなんですか?」と聞く始末 聞けば、最初に大きなセットを買わないと使えないおもちゃがたくさんあるではないかっ!良かった恥をしのんで聞いておいて。

夜、一緒にしっかりサンタさんへの手紙を書き、大きな靴下をぶらさげて布団に入る。
長男「ねぇ、サンタさん、どこから入ってくるんだろう?」
私「窓からじゃない?ママ、鍵かけないでおくね。サンタさんが入れるように。」
長男「いいで、鍵閉めても。サンタさん、屋根から入ってくるから。・・・でも、どこに穴開けるんやろう?」

さぁ、明日の朝が楽しみだ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ