2008/8/31

「ふるさと」のエピソードin北京  

昨日の続き。まず「ふるさと」についての私のエピソード。

北京留学時代、作文大会があり、何故かその作文大会の作文をヒアリングクラスで発表し、担当の先生に提出する事になっていた。私は何か、日本についての事を、クラスメイト(色んな国の子たちがいた)に伝えたいと思い、「日本の国歌」についての作文を書いた(確か、第二位の賞状をもらった作文だった)。内容としては、「日本はオリンピックなどで優勝すると、かけられる歌があるが、実はあの歌は法律では正式に”国歌”としては認められていない。戦時中にも使われていた歌であること、また歌詞が天皇についての内容である事で、国歌として認めたくない人もいるからだ。」とか何とかいう内容だった。

その作文をクラスメイトの前で読んだ後、あるロシア人の女の子が「私、日本の国歌知ってる、歌えるよ。」と言うので、すごく驚いた。それで先生も「じゃ、歌ってみて!」と言うので彼女が歌い始めると、なんとそれが「ふるさと」の歌だった。彼女は日本語でしっかり最初から最後まで歌ってくれた。

私は唖然とした。ビックリした。授業中だったが、彼女に問いかけた。「あなた、どうしてこの曲知ってるの?しかも日本語でどうして歌えるの?」と・・・。すると彼女は、「以前日本へ旅行で行った時に教えてもらった。」と言うのだ。

もちろん私はそれが国歌ではない事を伝えたが、彼女は「ええ?てっきりこれが国歌だと思ってた。」と言い・・・。細かい事は分からなかったが、最後に彼女と私と、もう一人の日本人クラスメイトと3人で、「ふるさと」をみんなの前で歌った。

その時に感じたこと。いい歌、人の心に残る歌っていうのは、言語に関係無い、その人の国籍にも関係無い。どんな人の心にも残り、自分も相手も心を開いて心を通わせることができるものなんだ・・・っていうこと。

それを教えてくれた曲、「ふるさと」。これを素晴らしい中国語訳にされている李広宏さんのCDで、教室では中国語で歌った。歌の力ってすごいと思う。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ