2007/11/3

頑ガン岩  中国地方

ここは広島とある岩場。

少しずつ紅葉している山模様と清々しい空気が、俺の心の中を清めてくれる。

ヤッホー!

今日は遥々徳島から兄やん、タオ君、abeちゃんも来てくれた。


た〜のしぃ、ヤッホー!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

詳細は後程。

2007/10/30

果てし無く  中国地方


また新たなるプロジェクトが現れた。

クリックすると元のサイズで表示します
トライするTジャン

次から次から、現れる。
越えても越えても、次の高嶺が見えてくる。

これ即ち、クライミング無限天国なり。



2007/10/29

広島 とあるエリア  中国地方

やって来ましたよ〜。
花崗岩の季節。

広島のドリさん達が開拓中の、とあるエリア。

まだ少し暖かいけど、岩は乾燥しててコンディションは良い感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
ぷーマン今日もなかなか調子良い。
ハイボルを一撃初登。

クリックすると元のサイズで表示します
秋の風が本当に気持ち良い日でした。

クリックすると元のサイズで表示します
上を見上げると、木々の隙間から黄色い木漏れ陽がキラキラ。

クリックすると元のサイズで表示します
山も動物達も冬支度に忙しいかな。

今回は道場のメンバー七人で行きました。
途中、ドリさん、粒ちゃん、おはなちゃんと合流。

気の合う仲間で同じものに向かい、それを共感出来ることは嬉しいし楽しい。

仲間って本当にありがたいなぁ、、。


2007/3/12

空と岩と海  中国地方

クリックすると元のサイズで表示します

広島は尾道、とある岩場。
 
80年代からクライマーが足を踏み入れながら、
その後話題の少なかったこのエリアに、
ドリルという一人の変わり者の出現により、
再び
魂が、吹き込まれるようになった。

俺たち道場の仲間も、
その魅力に引き込まれ、もう
何シーズン通っただろうか。

エリアは人の顔である。
出会いがなければ尾道に来ることがあっただろうか。
だから、一本のラインも人との出会いも大事にしていきたい。
そう思っている。



そして新たに、
チャリンコで旅を続ける一人の若者が、
同じ思いで一本のラインを見上げている。









2007/3/11

尾道  中国地方

昨日からマーシーと道場若者オクラ君と一緒に広島尾道に来ている。
そしてチャリ放浪を続けている福岡のエスパーと合流。
昨日は、私は「水軍」、他の皆は「アンカー」というラインにトライした。どちらもグレードは初段なものの、中途半端な気持ちでは取付けない程危険を伴うライン。どちらも核心は上部にあり、それを失敗すると大怪我かそれ以上か、、とにかく心が負けると超えられない。そんな駆け引きのある素晴らしいボルダーがここ尾道には点在する。
昨日は朝から晴れていたが、トライ開始後2、3時間たって、雨が降りだし断念、、。
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ