2009/11/30

純粋にクライミングを楽しめる事  四国


自然との調和

クリックすると元のサイズで表示します


黒潮ワールドに身を寄せて

彼らが心奪われていた課題を拝見した


どんな生物も自然の中で生きているのに 

俺達の社会は何故かそれに抗って存在しがちだ



しかし
この瞬間のこの人たちは

将に自然との調和の中にいたのだ


クライマーって

何が面白い人たちかって

自分の人生の一瞬を一つの課題に重ねる事ができる

シンプルに生きている人たちなんだろう

この日俺はそんな人たちの後ろ姿をみていたのだ


クリックすると元のサイズで表示します


四十にして惑わずなんて、、、
黒潮さん一線を越えようとしたその一瞬のショット



結局、この課題は滋賀の若者達に登られる事になった

彼らのパフォーマンスは 素晴らしかった
それは疑う余地は無い


しかし

俺の眼底に焼きついたそのトライを

人に教えてあげたいのはやっぱりこの人たちの事だろうな








トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ