2008/9/25

遠雷  日々


この夏見た印象的な景色。
クリックすると元のサイズで表示します


夕陽に照らされて、未だ納まるところを知らない入道雲です。
この下はちょうど木津あたり。ゲリラ豪雨で記録的降雨を観測したときです。

きのこ雲の上端部の下降気流は激しく落つる滝のようであり、
ともするとその音は聞こえてくるかの様。

下部と内部では雷が鳴っています。
時折見せる稲光は周囲を駆け巡り、そこに生きた神の姿を感じました。

小さい頃から雷が大好き。

その日は、遠望しながら酒飲みをしてました。







この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ