2008/1/30

豊田  ニュース

わかばやしさんのブログ上にて、

豊田の岩場を利用するに於いての提言がなされています。

「豊田エリアを訪れるクライマーへの提案」

クライミングエリアというのは、そこで登っている人の顔一つで成り立っていると私は思います。だからエリア開拓する時は、開拓者は相当の注意(地元、地域の方々への挨拶から、開拓スタイルに及ぶまで)を払うわけで、そのような人達によって存在するエリアを、ビジターはさらに相当の注意を払い利用する責任があるわけです。

私達がビジターとして、あるエリアを利用する時は、必ずそのエリアのルールを守りましょう。エリアをより良く利用できるようにする為の提案なのですから、ビジターとしても地元の方の提言は最大限尊重しましょう。

ジョニー氏のブログ上にもあるように、
先人達が積み上げてきてくれたクライミング界の歴史を、私達を経て、必ず次の世代に残し、伝えましょう。

私達の日々の感動を、未来の若者達にもあじわってもらうために、
責任を持ちながらクライミングをすると云うことは、
そもそも楽しいクライミングのやり方の筈だと思います。






トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ