2008/7/26

小さなオアシス  道場ど〜ぞ〜



クリックすると元のサイズで表示します


無機質な仕事場の一角に、
少しでも心和む空間をと、10年以上前からやりだしたガーデニング。
訪れる人は、ただの草むらとか繁みかと言って笑うのだが、実際のとこそれが正解で反論することもなく、俺も半ば同調して笑ってしまう。
そこに生えているのは、外来タンポポや、勝手に生えるしその葉だったり、背高あわだち草やらで、ほったらかしのガーデニングである。

クリックすると元のサイズで表示します

かといって作為がないかといえば、そうでなく、どっかで拾ってきた何の種かもわからないものを植えたりして芽が出るのを待ったりもする。

自慢なのは、能勢にある野間の大欅(幹回り11m)の苗が、元気に根付いていることだ。ケヤキの木の下で、この木から育てた苗をあげるので思い思いの土地に植えて育てて欲しいと置いてあったものをもらってきて植えたものだ。

他に同じ能勢にある倉垣の大銀杏の子孫もいる。これは、毎年秋に銀杏拾いに大銀杏に行ったものを植えておいたらしっかり芽が出てきたもの。

何年か前の九州、猿ヶ城コンペツアーで、どっかの売店で買って食べたウンベ(あけび)の種も持って帰って植えてみたら、今は道場の横の簡易便所の手前を緑の回廊をつくる程に(良く言い過ぎだと謗りを受けそうだが)生い繁っている。

思いの外小さな小さなオアシスが立派に出来上がったのだ。

枯草や落ち葉を食うダンゴムシやヤスデ達、葉っぱにつくシジミ蝶やイラガの幼虫達の脱糞活動のお陰でいい土になってきた。

毎年、おんぶバッタが土から還る。
お前達の何代も前の親にもあったことがあるぞ、っと声をかける。バッタも蛾も蝶もかなぶんもカマキリもカミキリ虫も蜘蛛もトンボも皆、必要な時には心で声をかければ指先に身を預けたりする。

クリックすると元のサイズで表示します


逆に、仕事さぼって寝転んだりしていると、でかい百足に咬まれたりもしたし、大きな蛇が出た時には、蛇の魔力で動けなくなってしまったこともある。

これを笑う勿れ。
蛇に睨まれて食べられてしまうまで動かない蛙とか見たことありますか?
信じていただけないかも知れぬが、便所の横で1m以上のブットイ蛇と目を合わしてじっとしてしゃがんでいた時の話だ。
俺は圧倒的な優位性でもって、じっとしている蛇を腰をおろして見下ろしていたのだ。彼我の距離7,80cmほど。
無表情な目にピロピロと出す小さく細長い舌。当然蛇も俺を意識してこちらを見ている。
どれくらいの時間だったのか思い出せないが、
蛇と目をずっと合わせていると、何かくらくらするような目がまわる様な感覚がして、こりゃいかんと思って正気に戻ろうすると、気がついたのだ。
先ほどの優位性が感じられない。いつのまにか蛇が優位な間合いになってしまっていた。
あの蛇独特の表情の無い目。
腰が抜けた様な、此方が動けば彼方がかかってきそうな観念を抱いていた。
 
自分なりにとっさに感じて、やられるとしても自分はまず動き出さねばならないと思い、どう動くかを忘れたかのようなぎこちなさで腰をあげたのだった。

すると間が解けたのか、嘘のように我を回復して再び蛇を見下ろす自分に戻れたのだった。やがて蛇は向きを変えてす〜と動き始めて去っていった。

俺はこの時、蛇の魔性を侮ってはいけないことを学んだのだ。
 

話が横道にそれてしまったが、こんな感じで道場の便所横の俺のガーデニングスポットの紹介でした。よく観るといっぱい虫がいますので楽しんでください。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ