2007/6/18

週末  日々

この週末は、岩登りはしたいものの、あまりにも暑すぎてのんびりと過ごした。

とりあえず、能勢方面の岩場に向かおうと、家を出たのが11時頃。
道中、車内の温度が半端でなく上がり続けるのと同時に頭がボコボコとのぼせ上がるのを感じた。

で、ぷ〜マンの希望で川西にある多田神社へ寄り道する事になった。

クリックすると元のサイズで表示します

御神木(生こぶを探せ・・・!)

クリックすると元のサイズで表示します

神社独特の何ともいえない雰囲気。

クリックすると元のサイズで表示します

静寂。

クリックすると元のサイズで表示します

お香の匂い。

クリックすると元のサイズで表示します

自分が出す足に合わせて鳴る玉砂利の音を聞きながら、ただゆっくり歩いただけで心が清まった気がしたのでした。

心が静まり、陽がおちてきて気温も下がった頃に、岩登り開始。17時。

だいぶ陽が延び明るいので、19時頃まで遊べました。

クリックすると元のサイズで表示します

帰り道に見えたピンク色の夕焼けはめちゃくちゃ綺麗だった。

そして、今日はラッキーなことに、帰りの道中20時半頃。

ゲンジ蛍の群集の乱舞が見れ、なんとも神秘的な場に遇うことが出来たのでした。



2007/6/18

エピレーシックやってしまいました  おいも話

ついにやってしまいました。レーザー角膜屈折矯正手術のレーシック!レーシックというのはエキシマレーザーというやつで角膜の表面を削り、屈折率を矯正する手術であります。最初に俺がこの手術の存在を知ったのが10年前。当時アメリカではメジャーな手術になりつつあったのでアメリカで受けようと思ったこともあったんですが、費用的な面で断念していました。それが、日本でも普及してきたこともあり思い切って受けることにしました。土曜日の朝にいよいよ手術です。自分でもあきれるぐらい緊張はしませんでした。これもクライミングで鍛えられたからかな。手術自体は10分くらいであっという間でした。不思議なことに術後すぐから周りがよく見えます。しかし、それからがつらかったー。僕の受けたやつは「エピ・レーシック」というやつで通常のレーシックと違い角膜の上皮組織を取り去ってしまうので上皮が再生するまで痛みが伴うとのことなのでした。た、たしかにこれはつらいです。特に手術の翌日がひどかった。どんな痛みかというと雪山でおもいっきりひどい雪目になったときみたい。もう、全然涙がとまりません。まったく、眼があけれません。しかし、手術の翌日の検査ではもともと両目0.03だった視力が右目1.0、左目1.5になっていました。すごい!その翌日、つまり今日は痛みが少しましです。しかし、とても仕事ができる状態ではないため欠勤しました。メンタマ腫れまくりがちょいとマシに…。
クリックすると元のサイズで表示します
まあ、もう少しの辛抱です。これからの第二のクライミング人生のことを思うと楽しみなり。
(しばらくの間、道場での修業はお休みをいただきます。ほこりっぽいとこは厳禁だそうなので。また、復活したら揉んでくだされ)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ