今月のテーマ 

2016/9/13

秋の工作?  

少しだけ涼しくなってきましたので、夏の間放置していたお庭を仕上げてみました!


クリックすると元のサイズで表示します

ゴールデンウイークにほぼ雑草に占領されていました芝生コーナーの囲いをしたのですが・・・

芝生の張替えの時期を完全に逃してしまいました。



秋の張替えシーズンまでブルーシートで覆いやり過ごしてきたのですが、とりあえず再開です。


クリックすると元のサイズで表示します

先ずは除草剤を散布して雑草を完全に枯らしてから、余分な土をよけて整地します。



クリックすると元のサイズで表示します

雑草防止シートを前面に敷き詰めてから、「ガーデンフレーム」をレイアウトして間に人工芝を敷き詰めます。

サッカー協会公認のちょっと良い人工芝なので、パッと見は人工物とは判らないくらいに良く出来ています!



クリックすると元のサイズで表示します

除けておいた土を篩にかけて苦汁石灰、堆肥、肥料を混ぜ込む・・・

いわゆる土壌改良を施してから「ガーデンフレーム」に戻してひとまず完了です。
0

2016/8/25

夏休みの工作  

暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私も夏バテになるギリギリのところで踏み止まり、色々楽しんでおります。

夏前に庭にガーデンフェンスを設置したのですが、その時にベランダにもフェンスをと思っていたら生憎の在庫切れ

それが先日到着しました。


クリックすると元のサイズで表示します

これは目隠し用のフルブラインドタイプです。



クリックすると元のサイズで表示します

我が家のお風呂の窓からお隣のマンションが丸見え、当然向こうからも丸見えです(笑)


クリックすると元のサイズで表示します

そこでベランダにフルブラインドタイプのガーデンフェンスを設置することにしたのです。


クリックすると元のサイズで表示します

日中は暑くてベランダの作業でも熱中症になってしまうので、夕方から作業スタートしましたが手慣れたもので20分ほどで完了!


クリックすると元のサイズで表示します


後は大型の鉢植えでも置けばよい感じですね!

0

2016/7/27

筋肉系勉強会  ハーモニー・メソッド

先週末土曜日の夕方から日曜日にかけて、筋肉系の研究会を開催しておりました。


クリックすると元のサイズで表示します


今回のテーマは「筋断裂の治療」

従来の手技療法では、「損傷部位の繊維を整える」とか「周囲の血流を改善して修復を早める」とかのどちらかというと自然治癒能力を高める・・・的な取り組みが多かったと思いますが


今私たちが取り組んでいる新しいテクニックは

「断裂部位をガッツリとくっつけてみよう!」

なのです。


クリックすると元のサイズで表示します


具体的には

@触診により断裂した部位をできるだけ細かく特定する

A次に断裂した両側の断端を見つけてしっかりと掴まえる

B両側の断端の組織の軸を整えてしっかりと寄せてくる

C断端が融合するまで保持する


文字にすると簡単に示せるのですが、実際に行うのは中々難しいのです。


クリックすると元のサイズで表示します


もちろんですが、高い触診能力・・・特に深さの概念がしっかりできていないと断裂部位の特定すら出来ません。

しっかりと触診できて断裂部位が特定できると、触られている患者様には他の部位とは明らかに違う感覚や痛みが伝わり

「こんなところに傷ができていたのですね!」

とか

「そういえば、昔この付近を痛めたことを思い出しました」

というような反応が返ってきたりします。


クリックすると元のサイズで表示します


勿論ですが、患者様には施術前後の変化もしっかりと体感してもらうことができますよ!
0

2016/6/28

マッスル・ハーモニー  ハーモニー・メソッド

この週末、久しぶりのお天気日和でしたが私は一宮での勉強会でした。

今回のテーマは「マッスル・ハーモニー」


「オステオ・ハーモニー」は「骨の損傷」に対する新しい治療システム

「ジョイント・ハーモニー」は「関節の損傷」に対する新しい治療システム

「マッスル・ハーモニー」は「筋肉の損傷」に対する新しい治療システム


ハーモニーシリーズがどんどん広がってまいりましたよ!



・・・と言うことで、今後も増えていきそうなのでひとまずこの新しい治療システムを


「ハーモニー・メソッド」


と命名いたしました。



クリックすると元のサイズで表示します

これは、前腕部の損傷部位の触診



クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、腰方形筋の修復作業(マッスル・ハーモニー)



クリックすると元のサイズで表示します

「息がうまく吸いにくい」というよくある症状に対する「ハーモニー・メソッド」




クリックすると元のサイズで表示します

そして、スペシャルゲストの水野先生による「痔へのアプローチ」の実演



本当に濃い内容ばかりで帰るころには脳がメチャクチャ疲労していて、フラフラになって帰路につきます。


今回の収穫の中でも特に私に刺さったのは「腰方形筋に対するマッスル・ハーモニー」


様々な可能性を秘めたこのテクニックをうまく消化吸収してさらに良いものに昇華させていきたいと思っております!
2

2016/5/31

ステンシル  

去年の秋口から磯釣りに挑戦しております。

磯釣りは渡船屋さんの船に大勢の釣り人が乗り合わせ、それぞれの磯に渡してもらいますので船の上は人と荷物でごった返します。

さらに、釣りの持ち物は磯釣りに関しては皆さまほぼ同じようなもの・・・当然のように荷物が迷子になってしまいます。



そこで皆様はバッカンやクーラーボックスにマジックで名前を書いたり目立つシールを張ったりしております。

私も何とかしないといけないよね〜と思いながら5月も終わりかけに・・・



「どうせやるなら自分らしさを出していきましょう!」


とこんなものをアメリカ雑貨屋さんから入手しました。


クリックすると元のサイズで表示します

ステンシルシート(紙タイプ)を数組といろいろなものに押せるスタンプインクを三色入手しました。



クリックすると元のサイズで表示します

ステンシルのフォントはさすがに本場で使われているだけあって、かっこよいですが・・・
やはり品質はアメリカン(笑)

文字の切り抜きが上下にズレていたりします。

また、文字の間もバラ文字を組み合わせるので妙に開いてしまい何だかかっこ悪いのでせっせと切り貼りして何とか文字列に仕上げました。


クリックすると元のサイズで表示します

後はステンシルしたい物に貼り付けて、上からスタンプインクを染み込ませたスポンジでひたすらペタペタ押さえつけます。


クリックすると元のサイズで表示します

柔らかい素材のバッカンもインクを押し付けるやり方だと滲まずにうまく転写できます。


クリックすると元のサイズで表示します

硬い素材のクーラーボックスには、さらに簡単転写!

中々どうして、結構イケてますよね!



今回はステンシルプレートを加工するのに手こずりましたので、ステンシル転写は大物4点となりました。

これから暇を見つけて、小物にもバシバシ転写していきますね!


0

2016/5/6

庭のお手入れ  

ゴールデンウィークが終わりました。
今年は私もしっかりとお休みを頂きまして・・・


クリックすると元のサイズで表示します



専属庭師として過ごしてみました!



クリックすると元のサイズで表示します

我が家のもんど君、先代のマックス女史とは少し性質が異なり庭の土を掘り返すだけではなく・・・食べてしまいます。

3年ほど前にこの悪癖に気付き、とりあえずの対策として道路工事の現場でお馴染みのバリケードで囲っておりました。


このバリケード、簡単に設置できる事は勿論、現場感満載で少し煩雑でも気にならないという利点が有ります(笑)


クリックすると元のサイズで表示します

その結果、芝の手入れも疎かになりご覧の有様に・・・ほぼ雑草畑です。


お庭が工事中状態で三年はイカンと!

モンド君は土食べる悪癖治らないし・・・


クリックすると元のサイズで表示します

と言うことで、ガーデンフェンスと言うものを設置しようとなったのですが、どうせやるならといつもの悪い虫が騒ぎ出してしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します

仲良くしていただいてるリフォーム屋さんからプロのお道具も借りてきまして




クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じになりました。

元々屋根が上から被さり、芝も上手く育たなかったエアストリーム側に枕木を敷き詰めて歩けるスペースを拡大しました。


クリックすると元のサイズで表示します

さらに調子に乗って、ポストまでのアプローチにも枕木を敷き込み、ガーデンフェンスを設置しました。

フェンスの長さ調節から、枕木の端のカット、全て自分一人でやりましたよ〜


クリックすると元のサイズで表示します


結構綺麗に出来上がったので、ますます雑草畑が許せなくなり掘り返してふるいに掛ける作業を進行中です。


ただ、今のシーズンは新しく植え込む時期ではないようなので、どうしたものかと・・・
0

2016/4/19

T.B.EN 復習会  Dr.ケリー研究会

この週末は、先月のDr.ケリーのセミナーの復習会

土曜の17時半より八尾の森整骨院で行いました。


T.B.EN このテクニックはエネルギーを扱うのですが、そのワークの中の重要なポイントは

「ボディトーク」の技術を上手く使い、どれだけ早く、細かく部位や解剖のポイントを絞り込み、それに付随する様々な要因(内的・外的)をタグ付けして同時に解消し、其れを定着させるか!

・・・と言うことになります。


クリックすると元のサイズで表示します


今回の復習会は「ボディトーク」を使いこなせるようになることがメインテーマ




初日は、部位を特定してからバランスを取る方法決定するまでを実技無しで行い2分を切るまでをひたすらトレーニング。


2日目の最終では、フルセッションで2分切るところまでしっかりトレーニングできました!


クリックすると元のサイズで表示します


時間をかけて確実に・・・も大切ですが、短時間で出来るように仕上げておかないと臨床では出番が無くなります。

出番がなければ上達しない・・・せっかくセミナーで新しい知識や技術を手に入れても、その後のトレーニングをしっかりやらない人が多いのですね。


色々なセミナーに参加しているけれど臨床では全く使えていない治療家、私の周りにもたくさんいますよね。
0

2016/4/11

4月10日 一柳ゼミ  ハーモニー・メソッド

週末土曜日は塚口の治療院で2時過ぎまでお仕事、そのまま一宮へと向かいました。

この数回、一柳ゼミには前乗りで参加しているのですが、この夜の勉強会がこれまた楽しいのです。

何せ、テーマ無しに自由に質問できたり技術を見せてもらえるのですから!


クリックすると元のサイズで表示します

前回の一柳ゼミで教わった「股関節のオステオハーモニー」の復習

股関節に対しての手技的な治療の多くは寛骨に対して大腿骨頭の動きをつけたり位置を修正する様なものが一般的ですが・・・・

オステオハーモニーでは、寛骨側の関節窩内の軟骨のズレ、関節唇の歪みや引っかかり、大腿骨側の軟骨のズレなどさらに細かく触診して修正していきます。

意図していることが大変細かくなりますので、その効果も細かいところまで及んでいきます。

解りやすく言うと、「良く治る!」


クリックすると元のサイズで表示します

気管、舌骨などの修正


クリックすると元のサイズで表示します

足部の修正


クリックすると元のサイズで表示します

仙腸関節の修正


クリックすると元のサイズで表示します

鎖骨の修正


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この二枚の写真、肩関節の違う部位にアプローチしているのです。


具体的に何をしているかは、そのうちにまとめてみますね!
1

2016/3/24

T.B.EN レベル3 行ってきましたよ!  毎日の手技療法

先週末から二泊三日で恒例のケリー・ダンブロジオ氏のセミナーに参加してきました。

今回も会場は浜松町!

クリックすると元のサイズで表示します



テーマは「トータル・ボディ・エネジェティクス」 レベル3

エネルギー・ワークのお勉強ですね!

クリックすると元のサイズで表示します


本来4日間のメニューなので、2泊3日では時間が足りません・
つまり今回はレベル3の前半だけなのですが、このテキスト量
かなりのボリュームですね!

クリックすると元のサイズで表示します



エネルギーを扱うのは非常に難しく、世の中には色々なワークが存在するのですが・・・

ケリーの扱うエネルギーワークの特徴は、そのシステマティックな内容、システムに乗っけてやり込むことで精度も上げやすく、臨床でも大変使い勝手が良いのが素晴らしい!

私のスタイルにドンピシャですね(笑)

クリックすると元のサイズで表示します


何とか修了しましたが、問題はこれからです。

資料をしっかりまとめて、「知識と技術を正確に出力できる」状態に仕上げなければなりませんね!
1
タグ: 症状 カイロ 施術

2016/2/15

一宮勉強会  ハーモニー・メソッド

今回の一宮勉強会、大物ゲスト2名参加で行われました。


テーマは関節の不安定性に対する手技的なアプローチ

今までは誇張法と呼んでいましたが、伝統的な誇張法と私たちの勉強会での誇張法にはかなり違いが出てきましたので今回から呼び方を変えることにしました。

「ジョイント・ハーモニー」

略してJH   ・・・かな!?


クリックすると元のサイズで表示します


関節を安定させるJHを上手く施術するためには、その関節の状態を出来るだけ正確に知る必要があります。

何となく不安定な関節だと感じてそれに対して施術を行えば、どれだけ上手く施術を行っても何となくしか安定しません。

仮に意図している以上の結果が起こったとしても、其れはたまたま


再現性がありませんので術者のスキルは決して上がる事はありませんよね!


クリックすると元のサイズで表示します


そして「オステオ・ハーモニー」

略してOH



これも正確な触診が出来る事が前提条件

骨の状態を出来るだけ正確に知ることで精度の高い施術をすることが出来ます。



クリックすると元のサイズで表示します



これは肩に対するJH

触診のポイントは・・・肩甲骨・関節唇・関節内軟骨・上腕骨頭関節面の軟骨・上腕骨と順番に触診していくことでその質感の違いと位置関係を正確に知ること


これ、文字で書けば簡単、触診をやったことがある人にはものすごく難しい課題



上手く出来るようになると肩関節の状態が鮮明にイメージ出来ます。

鮮明なイメージが施術の明確な意図につながり


その結果、施術の精度が格段に上がるのです!
1

2016/2/8

galaxy magnetic  

面白いものを見つけてしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します



黒い円盤と三つの玉



クリックすると元のサイズで表示します



壁に掛けても使うことが出来ます。


0

2016/1/26

オステオ ハーモニー  ハーモニー・メソッド

オステオ ハーモニー

骨の調和になるのでしょうか!?


今年取り組むテクニックの名前が決まりました。


そして先週末の土日に研究会・・・



クリックすると元のサイズで表示します

まずは正確に骨を触診、そして骨をしっかり捕まえる。


これが出来なければ始まりません!


クリックすると元のサイズで表示します

新しい取り組みなので、試行錯誤しながらしっかり力をつけていきましょう!



オステオ・ハーモニーの詳しい内容はそのうちに・・・
1

2016/1/5

新年のご挨拶  

新年あけましておめでとうございます。


昨年後半はブログの投稿が滞り、気がつけば12月は投稿無し・・・

今年は少しずつですが投稿を増やしていきますので、たまには覗いてくださいね!



恒例となりました今年の目標

仕事編

昨年11月中旬から少しずつ取り組んできました「骨の治療」
詳しくは別の日に改めてご紹介しますが、

この「骨の治療」についての検証や症例報告などをしていこうと考えております。



趣味編

私、多趣味なのですが最近数年間は「釣り」に嵌っております。

あんなに好きだった車道楽も今では完全に釣りをするために厳選した車になりました。

昨年初夏に「落とし込み釣り」を始めて、秋からは遂に「磯釣り」・・・と次々とバリエーションが増えて参りました。

今年は、それぞれの釣りをさらに上達するように取り組みたいと思っております。


DIY編

毎年物づくりに取り組んでおりますが、今年はお庭のリフォーム??

やってみるつもりです。


趣味に仕事に精一杯楽しん行くのが私のスタイル!

今年もお付き合いくださいませ。
1

2015/11/27

エネルギーワーク  毎日の手技療法

11月21日土曜日から25日までの三泊4日、ケリー・ダンブロジオ先生のセミナーに参加してきました。

クリックすると元のサイズで表示します



今回はエネルギーワークのレベル2




内的要因の影響をクリアーにしていく為のお勉強!

クリックすると元のサイズで表示します


内的要因をケリーのワークでは

@内蔵の影響

A感情の影響

B心理の影響

C行動の影響

に分類してターゲットを絞り込んでいくのですが・・・


これが、本当に凄いのです。


今まで手技的アプローチでも上手く取りきれなかった筋肉や膜の過緊張、いわゆる過剰防御反応が今回のワークでターゲットが判明した瞬間にみるみる弛んでいく・・・

内的要因が身体に相当影響しているとは思っていましたがこれほどはっきり変化が出るとは思っていませんでしたので、かなり衝撃的でした!


クリックすると元のサイズで表示します


詳しい内容については紹介できませんが、今までの手技療法にこのワークを組み合わせることで様々な相乗効果が期待できそうです。

これから患者様の協力を戴きながら検証していくのですが、ワクワクしてきました!







おまけ!


クリックすると元のサイズで表示します

東京では毎朝6時過ぎから約二時間お散歩していたのですが、



クリックすると元のサイズで表示します

やはり早起きすると良いことがありますね!

1
タグ: 症状 カイロ 施術

2015/10/6

骨の触診  

この週末、一宮にお勉強会に行ってきました。


勉強会開始早々、「今日のセミナーは骨の触診をします!」

・・・と先生が嬉しそうに話し始めました。


クリックすると元のサイズで表示します

カイロなどの手技療法の世界で骨の触診はどちらかと言えば初級コース

骨が触れなければ(勿論皮膚の上からですよ!)お話にならないのですが・・・



クリックすると元のサイズで表示します

今回の骨の触診は其れとは全く違うものでした。



クリックすると元のサイズで表示します

今のところ研究中? 調査中? なので余り詳しくは説明できないのですが・・・



クリックすると元のサイズで表示します

一つの骨はいくつかのパートに分かれていてその移行部が正常な場合はしっかりしているのですが、問題が起こると移行部での不安定性やアライメントの以上が起こるのだと言うことです。

骨自体の変形や変成もこれが関与しているのでは!?

この概念で手技を行うと、変形性の関節症などで上手く効果が出ていなかった様々なケースでかなり良い結果が出ているそうです。

後は私たちアドバンスチームのメンバーが臨床で追試して効果の確認をしていかなければ!!
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ