今月のテーマ 

2009/5/18

インフルエンザ  インフルエンザ

インフルエンザ

週末から今朝にかけて大阪と兵庫はある意味インフルエンザパニックです。

感染ルートが解らないままに、神戸で発症
その後、次々に感染者が現れています。

兵庫県下の学校の多くは今週1週間を休校に決定しました。

ほとんどの学校では、生徒に一人も感染者がいないのに、休校になっています。
子供たちは急に学校が休みになり、おまけに塾や習い事も全てお休みになり、かといって出かけることも許されないので、何をして良いか解らなく、時間をもてあましているようです。

かわいそうなのは、今週に修学旅行に行く予定だった中学校で、旅行を延期する事も出来ないので中止になったそうです。

企業によっては電車通勤を自粛させたり、マスク着用を義務づけたりといろいろな対応をとっているようです。

そういえば、昨日は電気屋さんに行ったとき、店員全員がマスクをしながらモゴモゴと接客していました。

町の薬局では、マスクは全て売り切れ、インターネットでは品不足に便乗して、いつもの数倍の値段で販売している所もあるようです。私が調べたところでは、50枚入りなんと1万3千円でした。ふだんは高い物でも50枚入りが3千円くらいで買えたと思います。

少し異常に感じるのは私だけでしょうか?

何でこんな事になっているのでしょうか?

一つはマスコミが過剰に反応(演出)しすぎていることだと思います。明らかに過剰反応です。おそらく、インフルエンザにここまで過剰に反応して大騒ぎして恐怖をあおっているマスコミは日本だけではないでしょうか?

もう一つの原因は政府も過剰に警戒していることです。

豚由来のインフルエンザは新種なので、まだまだ解らないことが多いために出来るだけ慎重に対応しようとしているのでしょうが、マスコミの反応を気にしすぎているようにも見えます。自民党の支持率が低下しているから、世論やマスコミの報道が気になって過剰に反応してしまうのも解りますけどね。


インフルエンザとは「流行性感冒」のことです。つまり豚由来のインフルエンザとは今までに皆さんが知っている「インフルエンザ」というタイプの「風邪」の新種なのです。

風邪を起こすウイルスには、インフルエンザウイルスのほかにライノスウイルス、アデノウイルス、コロナウイルス、コクサッキーウイルス、パラインフルエンザウイルス、など合計100種類以上もあるのです。

その「風邪」の種類が1つ増えたということだけでこんなにも国中が大騒ぎしている日本という国のことが私は心配です。

騒いでいる側のたとえばマスコミや官僚や政治家達の中で、ウイルスと菌の違いやインフルエンザ以外の風邪についてどれくらいの人がキチンとした知識を持っているのでしょうか?



0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ