今月のテーマ 

2012/8/14

トルクリリース  トルクリリース

先週末から東京で3日間、「トルクリリーステクニック」の講習プログラムに参加してきました。

噂は以前から耳にしており、どの様なテクニックなのか大変気になっていました。

というのも、このテクニックには「インテグレーター」という専用の器具を用いて行うのです。

これまでのほぼ全てのアジャスト装置は軸力(axial force)だけを供給しているモノ・・・つまりゴン!と力で押し込むタイプだと想像してください。

それに対してこの「インテグレーター」では、さらにトルクとリコイルが加わるように設計されています。

トルクは軸に加わる回転力のことで左右の回転方向が選べます。

リコイルは打った瞬間に引く動き・・・ちょうどボクシングのジャブのように!

同じ見立てで同じ場所を手によってアジャスト(矯正)する場合でもこのトルクとリコイルを上手く使えるかどうかで効果が大きく変わるのですね!


何を隠そう私はメカ・オタクでもありますのでテクニックと同様に、この特殊なメカにも大変興味があったのでした。

もちろん、テクニック自体にも興味はあったのですが、内容については
公式HP( 文字をクリックしてみてください)


トルクリリース・センター・ジャパン

で見てくださいね! 

初めてのセミナーは、とりあえず参加してみなければ良いのか悪いのか、実際に使えるのか難しいのか解りません。

参加の結果・・・大変すばらしい!

久しぶりに興味深いテクニックに出会えたようです。



セミナー時には、患者さんが居ない状態でトレーニングを繰り返すので理論や手順は理解できるのですが、実際の効果は症状を持つ患者さん相手でしか確認できません。

そこで、帰ってきた日の内に手順をまとめたフローチャートを作成して月曜からほぼ全員に、今までのテクニックに追加する形で導入してみました。

その結果、個人差はあるのですが上手くいった人の場合には3カ所のアジャスト(5分以内に終わってしまいます)だけで今まで何十回と取り組んでもすっきりと解決しなかった数々の症状が劇的に改善してしまいました。

嬉しいような悲しいような・・・

すばらしいテクニックに出会えたことは大変嬉しいのですが、今まで散々頑張っても上手くいかなかったことがこんなに簡単に解消するなんて・・・

まあ上手く行っていないことを自分で認める事で新しいテクニックを学ぶ気持ちになれる訳なので・・・すべて良かったのだと今まで通り前向きに考えていきます。

とにかくどんどん精度を向上させ、変化の出ている部位の検証をしっかり行うことで、本来の「トルクリリーステクニック」のすばらしさをさらに知ることが出来ると考えています。


あまりの暑さにやる気と元気を奪われていたところに愛犬マックスとのお別れが重なり、すっかり腑抜けになりかけていたのですが、この講習プログラムに参加したことで完全復活です!


2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ