今月のテーマ 

2012/6/19

加湿器  健康グッズ

台風接近!
キャンセル続出で久々に暇になりましたので、ブログの更新を・・・

梅雨の季節になり、もうすぐ夏になろうとしています。

ということで、加湿器を片付けました。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、塚口の職場で使用しているドラム式の加湿器、加湿器に見えないデザインも優秀です。色もこの白以外に黒も有り、部屋によって使い分けてます。

クリックすると元のサイズで表示します

給水はバケツに水をくんでこなければいけないのですが、給水タンクに水を入れて運ぶよりもむしろ簡単かもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

シンプルな構造で、中までしっかり清掃できるようになっています。こういうところは「さすがドイツ製」といえます。


そして、こちらは自宅で使用していた同じくドラム式の加湿器、デジタルで現在の湿度が表示され、自動でファンの強さがコントロールされています。
給水もタンクで楽々!

クリックすると元のサイズで表示します

基本となる仕組みはドイツ製のぱくり?(たぶん特許になっていますよね!)かもしれませんが、それ以上に日本人好みの便利機能が追加されて本家よりも機能的に感じるのですが・・・「これぞ日本的!」?

クリックすると元のサイズで表示します


でも分解すると部品点数の多さと形状の複雑さ(でこぼこしていて手が入らない)により掃除がすごくやりにくい・・・


どちらが優秀かは好みになってしまいますが、後は耐久性の比較ですかね!


ちなみに、ドイツ製の加湿器は何年も同じ機能、同じデザインのままで現在も販売されていますが、日本製はドイツのものよりずいぶん後から発売されたのですが、毎年デザインや機能を変更しながら数年前にカタログ落ちに(つまり販売停止)なっています。

これもお国柄を表しているような気がしますね。

どちらも大事に使っていきます。

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ