今月のテーマ 

2012/5/21

金環日食  ひとりごと

こんにちは!

「世紀の天文ショー」ご覧になりました?

私は2週間前から「日食グラス」なるものを入手して、今日という日を楽しみにしていたのですが、あまり良くない事前の天候予想にもかかわらず、無事に金環を拝見することが出来ました。


テレビでは、わざわざ何時間もかけて観測スポットまで出向き、専用の機材をセッティングし、事前の予行練習までしたような人たちがたくさん紹介されていました。

そして、金環日食が無事に観測できたときの喜びよう!

自然と出てくる拍手や歓喜の声!


それと比べると私の場合・・・家の前の道路にいすを持ち出し一番安い400円の日食グラスでお手軽観測、思ったより小さな太陽に「あれっ!?」「こんな感じなの?」・・・

金環になる瞬間は雲が途切れてくっきり観ることが出来たので「良かったな〜」という感じにはなれたのですが、飛び上がるほどの喜びや感動までは残念ながら感じることが出来ませんでした。

これって私に「ロマンが無い」ということなのかもしれませんが、少し解ったことがあるようです。


感動は努力や苦労に比例するかも・・・





0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ