今月のテーマ 

2011/12/7

胸やけ・潰瘍  内臓マニピュレーション

十二指腸の内臓膜リリース


十二指腸は胃と小腸の間にあるC字形の腸管で次のように4つのセグメントに分ける事が出来ます。

・胃から右に向かう上部(D1)
・下に向かう下行部(D2)
・右から左に向かう水平部(D3)
・やや上方に向かい小腸に続く上行部(D4)

十二指腸の機能は・・・

胃の中でかき混ぜて「チャイム」と呼ばれる液体に変えられた食物は胃から十二指腸に入ってきます。

この時「チャイム」は胃の中で胃酸とペプシンと混ぜ込まれる事により酸性になっています。

この酸性の「チャイム」は十二指腸に入る時に膵臓に対してアルカリ性の液(重炭酸)を分泌するように神経的な信号を送ります。

このアルカリ性の液が「チャイム」と混ざる事により、消化に良い環境を作るために酸が中和されて十二指腸やその後に続く小腸の壁が酸により侵されないようにします。


また、チャイムの中の「脂肪酸」が十二指腸に入る時に「コレシストキニン」という物質が放出され、この物質が胆のうの収縮を促進するように働くことで十二指腸のD2の部分に胆汁(脂肪の分解酵素を含む)を分泌します。

このD2の部分に「オッディの括約筋」と呼ばれる乳頭状の分泌腺(蛇口のようなもの?)があり、必要なタイミングで胆汁と膵液を十二指腸の中に導いています。


十二指腸は次の要素によりその位置を保持されています。

・D1 では胃と連結しているので胃の小弯に着く靭帯の影響を受けます。

・D2 では総胆管を介して胆のうや膵臓とつながっているため、これらの臓器の影響を受けるとともに、逆にこの部位の問題が胆のうや膵臓の機能に影響します。

・D4 では十二指腸空腸接合部でトレイツ靭帯により横隔膜に付着しています。


これらの内臓膜や靭帯などに不必要な緊張や引きつれや滑走障害が引き起こされると、消化器官としての小腸やそれに付随する胆のう、肝臓、膵臓の機能が低下する事になります。


具体的には、右肋骨の下付近(みぞおちの右下)の張りや引きつれ、押さえると痛みや強い圧迫感を感じる事が多いようです。

胆汁や膵液がタイミング良くきっちりと分泌されないと・・・

胃により酸性になっている食べ物が上手く中和出来ずに十二指腸や小腸の粘膜を浸食することで潰瘍が出来る原因にもなってきます。

また、脂肪を分解する酵素が不足することで油ものを食べた後の「胸やけ」などが起こり易くなったり、未消化の食べ物が小腸内で発酵してしまい、お腹が膨れてしまういわゆる「ガス腹」や下痢などの原因にもなるようです。

これはすべての臓器に言える事なので胃と同じ説明になるのですが、隣接する臓器同士はお互いに圧力をかけあうように配置されており、一部の臓器の滑走異常や膨圧(膨れようとする力)の異常が他の臓器の動きや四肢(手足)や体幹(胴体)の運動機能を阻害することにもなってくるのです。

ストレスもどちらかというと胃よりもこの十二指腸に対しての方が問題を起こすことが多いようです。

また、筋肉や骨格及び姿勢制御に対してのアプローチで取りきれなかった肩こりや腰痛、背部痛、運動時のひきつれなどがこの内臓の膜へのアプローチすることで上手くいく事もあります。(十二指腸の場合は右側(同側)の問題に関連していることが多い様に思われます。)


十二指腸は胃と連続する腸管なので、セットで考えてしっかり内臓膜をリリースすることで、臓器本来の働き(消化吸収のうちの消化の役割)がきっちり出来るようにしてあげる事が大切になります。
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ