今月のテーマ 

2011/4/22

ぎっくり腰  毎日の手技療法

ぎっくり腰

50代女性  大阪市 西淀川区


メンテナンスで月1回のペースで来院されている患者さまですが、2週間前に帰省された際に急性腰痛を発症されました。

・左の腰から背中に強い痛みで立つことも困難です

・骨盤、背中、足の向きなどあらゆる部位に左右差が見られます。

・特に足の捻じれがひどいようです。


ご実家は畳での床生活だそうです。床で長期間座る生活をすると、足首や膝、股関節や骨盤などと床に近いところから順番に捻じれが入ってきます。

特に足首は真直ぐ伸ばして正座する人はまれで、ほとんどの場合足先を内側に入れ込んで足首の外側を伸ばすような座り方になってしまいます。

この状態は、捻挫をしている足首の向きにガンガンストレッチをかけていることになり、結果として捻挫をしたときのように足首が外に流れるようにゆるんでしまいます。

当然、歩行も不安定になり膝や股関節に無理な動きや緊張を生み出します。

まして、横座り(正座を横に崩した状態)をした場合には、左右に違うねじれを加えながら体重をかけていくのですから、全身が歪んでしまいます。

その結果として、その人の弱い部分に無理が生じて症状が出てしまうのです。

この患者さまの場合はそれが腰であったため、ぎっくり腰になってしまったようです。


足首やアーチの正しい可動性を取り戻すような手技を行い、下腿(ふくらはぎ)の筋肉の捻じれや股関節の運動制限を改善するような手技も行います。

左右の動きのバランスがとれた所で、施術をいったん終了し、4日後のきょうに再来院されました。


今日は左の腰や背中の痛みはほぼ消失しており、その代わりに右の骨盤に痛みが出てきたそうです。

足の捻じれは右にだけ残っているようでしたので、再度改善するように手技を行いました。


とりあえず仕事にも普通に行けているようですので、一安心です。

ありがとうございました。
0
タグ: 症状 カイロ 施術



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ