今月のテーマ 

2010/6/21

寝不足です!  エアストリームのレストア

こんばんは。

ワールドカップが始まり、皆さんも寝不足ですか?
土日は録画も含めて合計5試合も見てしまいました。これだけでもぐったりなんですが・・・

この週末は特に忙しく、土曜は5時半起床で朝食のオムレツを作ってから犬の散歩、そして夕食の準備をしてから出勤です。

夕方に帰宅してから夕食の仕上げです。
サッカーの日本代表の試合があるので自宅で夕食をと思い昨日から少しずつ準備していました。

クリックすると元のサイズで表示します

メニューは「豚バラのオイスターソース煮」

一緒に煮込んだ大根とバラの相性がとても良いんです。
また、ダシ味で火を通してあるキャベツが下に敷いてあるのですが、このキャベツでくるんで食べるとよりいっそう美味しくいただけます。

クリックすると元のサイズで表示します

そして同じ豚バラを使った「豚バラのサイコロ揚げ・ねぎポン酢味」です。

特にオリジナルメニューのサイコロ揚げは本当に美味しいので、皆さんも作ってみてください。

作り方は、

1.豚バラのブロックを2センチほどの幅の棒状に切り、焼酎と塩で下味をつけて少し寝かします。

2.フライパンで表面にこんがり焼き色が付くまで炒めます。

3.圧力釜に多目のだし汁と供にに入れて2〜30分しっかり火を入れます。

4.網で底上げされたバットに移して水気と熱を取ります。

5.冷蔵庫に入れてしっかり冷やします。

これで仕込みは完了です。


食べる前に冷蔵庫から出してきます。
棒状の豚バラは冷えて脂も固まっています。

6.棒状のバラを2センチ角になるように切り、片栗粉を表面にしっかりまぶします。

7.表面をカリカリに仕上げるために、てんぷら油を割りと高めに温めてから揚げていきます。

8.表面の片栗粉が少し色づいたら引き上げ、しっかり油をきります。

9.細かく刻んだ奴ねぎを器の下に多めに入れて、その上に揚げたての豚バラと、同じくらいの大きさに切った厚揚げを乗せて、上からポン酢をぶっ掛けます。

これで完成です。

表面がカリカリでかじると中からバラの柔らかい脂身が「ジュンジュワー」、この食感がたまりませんよ!


日本代表は惜しくもオランダに敗れてしまいましたが、次の試合にかけましょう!


日曜日は朝からカメルーンVSデンマークの試合の録画をはじめ、色々な録画を見ながら合間合間に作業です。

今回はこんな物を作ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

もともと付いていたアメリカンなエアコンを撤去した後にぽっかりと開いていた穴を利用して換気扇をつけてみました。

これは換気扇の排気ダクトをすっぽりと覆うようにアルミ板で自作したウェザーカバーというやつです。

排気はできるけど、雨風や虫は入ってこないように相当工夫して自作してみました。

やれば何でも出来るものでしょ!
3



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ