今月のテーマ 

2010/3/30

膜のお話  臨床レポート

今日から膜について書いてみます。

筋膜リリースのテキストによれば…

「膜は、筋肉、骨、関節、内臓を含むすべての解剖学的構造を分子レベルまですべて覆い包み込み、分断し、そしてそれらの不可欠な部分となっている。また、繊細な神経、血管、リンパ管の通るスペースをつくりだす。」

とあります。

何となく解るような、解らないような… ですよね!

人間の身体の構造をホントに大ざっぱですが私なりに分類しながら説明していくと、

まず骨があり、それぞれの骨のつながる部分を関節と言います。
実際に骨と骨を連結しているのは関節包と呼ばれる袋状のゴムのようなパーツです。

骨や関節の周りには、骨格を支えたり動かしたりするための筋肉(骨格筋)がくっついています。
当然ですが同じ骨に筋肉の両端が付くことはなく、必ず関節を1個以上またがって別の骨に付くことにより骨格を支えたり動かしたりすることが出来るのです。

これらの筋肉や骨格により身体の大部分は構成され、その隙間に内臓や血管、神経、リンパ管などが収まります。

じゃあ、膜は何してるの?

膜は、身体に形を与えています。

膜は大きく分けて
・浅層
・深層
・最深層
という3種類の形態をとっています。

浅層の膜は真皮(皮膚)のすぐ下にあり身体全体を包みます。
頭の先から足の先まですっぽり覆った全身タイツを着ていると想像してください。
この膜のテンションにより人の外形が保たれています。

深層の膜は筋肉や骨、神経、内臓、血管、リンパ管などの構造物を包み込みそれぞれの形を保ちながら他の組織と上手く連結させていきます。

最深層の膜とは脳と脊髄神経を包み込んでる軟膜・くも膜・硬膜の三種類の膜の中の硬膜のことです。

結局なんだかんだ言ってるうちに難しい説明になってきましたね!


そこでもう一度簡単な説明に戻すと、

筋肉の束をサランラップのようなものでまとめて筋肉の形を作り、それを骨の周りに配置して隙間に内蔵、神経や、血管、リンパ管などを入れ込んでさらにラップで包んで人間の形にまとめているんです。 

つまり、膜が無ければ筋肉も内臓もバラバラになり、人としての形態を保つことが出来ないという事なんですね!

次回はもう一歩ふみこんだ「膜のお話」をしましょう。
2



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ