今月のテーマ 

2006/2/27

膝痛から腰痛へ  臨床レポート

クライアント:60歳代 女性 自営業


11月30日

娘さんから予約の電話予約が入りました。

ミシン(40kg)を2階から運び降ろす時に階段を落下し、左の大腿〜膝の上にミシンを落としたようです。整形外科での受診の後にどうしても診てほしいとのことでした。


病院では膝に関してレントゲンで調べてもらったのですが、骨折線は見つけられなかったようです。
腫れがひどいので、血腫を抜くと髄液が混じるためおそらく小さな骨折はしているでしょうと診断されます。痛みが減らなければCTをとりましょうと言われた様です。

湿布と痛み止めを処方され、金属の補強入りの膝サポーターにて固定され、様子を見ましょうと言われました。


当院には、病院の後すぐに来たのですが、足を着くだけで膝に響くので、松葉杖をついて右足だけではねるようにしないと歩けない状態でした。

階段から落下したときの状況から、足首・膝・股関節・骨盤・腰椎のすべてに捻る負荷がかかり、同時に強い打撲を数カ所に受けている様です。
病院でも関節のアライメントの調整や皮膚の癒着の状態は調べられていないので、受傷時の捻れが現在も残り、痛み腫れが減らないと考察しました。


足底アーチの可動性の不足、足首、下腿の捻れを手技により修正、大腿部の皮下の癒着を防ぐためにリリーステクニックリンパドレナージュを行いました。次に、股関節の周囲筋の左右のバランス調整を行ってから立ってもらうと、杖も使わずに左足を着いて歩けるようになりました。

施術の後で膝のサポーターをつけると膝に痛みが出てきたので、すぐにはずして再び各部の調整を行いました。

サポーターは締め付けて固定するので、癒着と循環障害の原因になりやすいため、出来れば使わない方が良いですよとアドバイスしました。


12月2日

腫れは少しましになっているが膝がほとんど曲げられないため、前回と同じように各部の調整を軽めに行いました。
Nadis(微弱磁気共鳴装置)により反応点を見つけ調整用のシールを貼ると膝を深く曲げると少し痛む程度まで軽減し、歩行は杖なしで可能になりました。


12月5日

杖なしで仕事も普通に出来るようになりましたが、正座が出来ない状態。
病院に受診に来るように言われており、仕事の取引先なので断れないし、サポーターも湿布も痛み止めも使っていないので、どうしましょうかと相談されました。


12月7日

「昨日、サポーターを軽く巻いて病院に行ったら、膝から血を抜かれました」と報告されました。
病院では、「サポーターをしっかり巻かないと治りませんよ」と言われ、先生に巻き直されましたが、直後からあれほどましになっていた膝がうずき出したので、病院を出てすぐにはずしたそうです。

施術は今日から関節周囲筋と腓骨のアライメントを中心に調整しました。
は反応点が変わってきました。


12月14日

膝を深く曲げなければ生活に支障はなくなり、病院でもCTをとらなくても良いと言われたようです。

施術は大腿の前面の癒着している部位を中心にゆるめていきNadis の反応点に調整用のシールを貼ります。範囲がかなり狭くなってきています。


12月22日

腫れ、熱感ほとんど無くなり、正座をするときに少し痛むだけになっています。

その代わりに、右の殿筋に痛みが出てきたようです。

左の膝をかばって、立ち仕事を続けたために(受傷の次の日から仕事をしていたそうです)右の腰から股関節に負担がかかっていたようで、股関節、骨盤腰椎の調整を中心に行います。


12月28日・1月4日・1月14日

膝の痛みは徐々に軽減し、正座も可能になりました。
腰は広い範囲のだるさを感じているようです。
施術は全体のバランスを調整しました。
Nadisの反応は出にくくなったので、シールは無しにしました。


2月1日

膝はすっかり良くなったが、腰の状態が思わしくないとのこと。
腰の痛みの部位が、左の仙腸関節に変わっています。

どうも様子がおかしいので問いただしてみると、

「実は、腰全体がだるかったので、2週間前に取引先の病院で腰のレントゲンをとってもらったら、腰骨がゆがんでいるから腰椎の牽引とローラーベットをするように言われました。毎日通っていたら痛みの部位が変わってきて、今日は左の腰が(仙腸関節を指さしながら)刺すように痛むのです」と話しだしました。

どうやら、牽引とローラーを同時に行うタイプのタイプのベットにより、弱っていた関節が伸ばされてしまい、軽いぎっくり腰になってしまったようです。

腰骨がゆがんでいるのが腰痛の原因なら、ローラーベットや牽引で腰骨のゆがみを治せると病院の先生は本当に考えているのでしょうか?


続きはまた今度!
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ