2020/3/17

社長日報2086号  

? 先日、受講したセミナーを皆さんとシェアします。

「フロー状態(ご機嫌)でチーム力を上げる」

「ご機嫌」でいることにどんな価値があるのでしょうか?


例えばチームの中に 1 人でも「不機嫌」な人がいるとどうでしょう?


その人に伝えたいことや指示したいことに躊躇してしまい、「機嫌が悪いみたいだし、後から言おう」と忖度してしまうこともあるかもしれません。時間の無駄です。


また、その「不機嫌」が伝染してしまい自分も不機嫌オーラを出してしまうかも。

全員がご機嫌な状態になっていればどうでしょう。個々のパフォーマンスが上がります。

自然な笑顔でスタッフにもお客様にも接することが出来ます。

言葉一つ一つが優しい言葉になります。

喜びの感情が増え積極的になります。


なぜ人は不機嫌になってしまうのでしょう。

? 外部からの影響(環境、他人の動向、出来事、過去の出来事、未来の心配、天気、気候

等々)

? それらの影響によって心が乱れる

? 表情から笑みが消え、言葉や動作から不機嫌さがにじみ出る

?〜?は人間の本能でありオートマティックです。

しかし?は「不機嫌になる」と自らが選択しているのです。

つまり?はトレーニング次第で克服できるものなのです。


自分の体の中心にメータがあり一本の針があると想像してください。

例えば右に大きく振り切った位置にあれば「ゾーン」の状態です。火事場の馬鹿力とも言います。


反対に左に大きく振り切った位置にあれば「鬱状態」です。

どちらもコントロールは出来ません。

しかし、右に少しずれた位置にあれば「フロー状態 ご機嫌」です。

反対に、左に少しずれた位置にあれば「ノンフロー状態 不機嫌」です。


私たちの心は 1 日の中で外部からの影響によりその針が右に左に何度も行ったり来たりしています。

今、その針がどの位置にあるのか確認する事が大切です。

「あぁ、今針がご機嫌の位置にあるな」

「あぁ、今針が不機嫌の位置にある」

こう自分自身を観察するとご機嫌な位置に針を止めておくことが出来やすくなりました。

結果を出すコツ

? ご機嫌でいることの価値を知る。そもそもこのことがわかっていなければご機嫌にな

ろうとも思わないですよね。⇔不機嫌になる理由ばかりを探している

? 今を生きる。目の前にある自分のやるべきことに集中する⇔過去や未来に心を奪われている。


? 一生懸命を楽しむ。その過程を楽しむ⇔結果を楽しむ

? ありがとうの気持ちでいる。⇔愚痴や不満を言う

仕事や物事にしっかりと結果を出すためには、「何」を「どのような」心で行うかが大切。

より良い結果を出すために結果を意識しないこと。

お店の中でこの話をすると「私はいつもご機嫌な気持ちで仕事をしていますよ」と仰る方

もいます。

面白いもので、他のスタッフにお話しを伺ってみると、案外こういうことを言うスタッフ

が「外界の影響の基になっている人」だったりします。

つまり本人はご機嫌なんだけども、その行動などが周りの人を不機嫌にしているというこ

とです。

例をあげてみると

・使った道具を元に戻さない。そのため他のスタッフが道具を探しまわる

・受付用紙に案内済みの印をつけない

・仲の良いお客さんと話しが弾みカットの標準時間をオーバーし次の順番のお客様をお待

たせしていることに気が付かない。

・タオルなどがたまっていても洗わない、気が付かない。

・カラー剤など大量に使い、余っても気にならない。

・カットクロスやパーマ道具、カラーのカップなど使ったまま

いかがでしょうか!

よくありますよね、これって家庭でもいえることです。


わが社では環境整備に取り組んでいます。実は環境整備にしっかりと取り組むことでこれらのことの大半はなくなります。


自分のことだけでなく周りのスタッフがご機嫌でいるのかを配慮してくださいね!

☆☆☆☆☆
(株)マナコーポレーション
金沢市もりの里2-225 
        代表取締役   瀬川憲章

?076-225-8246   Fax 076-233-4105
?090-8968-0185
E-mail   hds246@icloud.com


1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ