2020/1/17

社長日報2150号  

『教える人はタンクを満タンに』



私はあなたが目標に向かって前進するためにポジティブな言葉を使うことを提唱している。


しかし、これから直面するかもしれない障害を無視したり、他人の意見や感想を軽視したりしようと言っているのではない。


どんな目標に取りかかる前にも、この先に待ち構えていることに対して準備をしておきたいものだ。



力を合わせてがんばってくれている人たちと目標を分かち合うことも大切だ。


たとえば、営業部長がこれからの一年間で売り上げを二割アップさせたいと考えているなら、その目標をスタッフ全員に知らせるのがいい。


そうすれば、全員がその目標を達成するために力を合わせて働くことができる。



しかし、私自身がこういった問題を話し合いたいと思う相手は、起こるかもしれない困難に対して創造的な解決策を示してくれるポジティブな人である。


それだけではない。


私は自分の計画を、知的な意見を出すことのできる人たちとだけ話し合うことにしている。



『できる人とできない人の小さな違い』


〜〜〜〜〜


目標達成するには自分一人の力では難しい。

必ず周りの人の協力が不可欠です。



しかし、その周りの人がネガティブで、不機嫌で、暗くて、ツイてなくて、不平不満や泣き言、グチが多かったらどうだろう。


おそらく最終的な結論は「ムリだよな」で終わるのではないだろうか?



では周りの人がポジティブで、上機嫌で、明るくて、ツイていて、うれしい、たのしい、ありがとうと感謝を多く言っている人だったらどうだろう。


もしかしたら突拍子もない意見が出てくるかもしれない。

世に言う大逆転の成功者は誰も思いつかなかったことをやってのけた人も少なくないのではないだろうか?


もちろんそんな突拍子もないアイデアだけではなく、お客様の名前や誕生日、好みのスタイル、会話の内容を覚えることやお客様から喜ばれること、地域の方から喜ばれることなどをコツコツと継続していくことも大切。


誰でも出来ることをものすごい熱量で継続することも突拍子もないアイデアに負けないくらいの力がある。


出来ない理由を並べる人には相談する意味もない。

どうせなら、話していて希望に満ち笑顔になる人と顔晴りたいと思いませんか?



『愛がすべてを育てる』


愛とは「関わること」といいます。


 愛する人には「いつも気になる」だろうし「色んなことを知りたい」と思うのと同じで仕事やお客様にもそんな感情でいれば、技術も上達もするだろうしお客様が喜んでいるかも気になると思います。


愛の反対は「無関心」。


お客様の顔も見ずに挨拶をしてませんか?

仕事に必要なものがどこに置いてあるか把握していますか?


愛と感謝はセットになっているように思います。


すべてのことに感謝の気持ちがない人は愛することも出来ないと思います。


まずはおかげさまの気持ちで感謝の心を育むことなのかなぁと思いました。


今日の心がけ

◆働く心や姿勢を見直しましょう


☆☆☆☆☆
(株)マナコーポレーション
金沢市もりの里2-225 
        代表取締役   瀬川憲章

?076-225-8246   Fax 076-233-4105
?090-8968-0185
E-mail   hds246@icloud.com


1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ