2018/8/27

ルーブル美術館展(8/27)  ◎洋服でお出掛け(赤坂・六本木方面)

クリックすると元のサイズで表示します

「ルーブル美術館展」のチケットが手に入ったので、Sさんを誘って、国立新美術館に向かいました♪

クリックすると元のサイズで表示します

地下道の壁に貼って有ったポスターです。

クリックすると元のサイズで表示します

臨時チケット売り場でも沢山の人が並んで居ました。

クリックすると元のサイズで表示します

会場入り口も長蛇の列なので、先にランチにする事にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

以前にこのレストランで食事しました。

「ブラッスリーポール・ボキューズ・ミュゼ」の入り口の飾り付け。

クリックすると元のサイズで表示します

並んで居る時に写しました。

カフェは何か所も有るけれど、レストランは此処だけ?

巨大な空間の中に円形のそそり立った所のカフェ?

クリックすると元のサイズで表示します

やっと席に案内されましたが、テーブルとテーブルが20cm程しか離れておらず、狭い〜〜〜

テーブルも小さい。

クリックすると元のサイズで表示します

満席です。

クリックすると元のサイズで表示します

お料理は、二人とも同じです。

フランスパンにバター。

クリックすると元のサイズで表示します

・低温でゆっくり火を入れた鶏胸肉ソースシュプレームベーコン風味のほうれんそにエチュベとバターライスを添えて。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

デザートはムッシュ・ポールボキューズのクレーム・ブリュレ。

クリックすると元のサイズで表示します

表面がカリッとして甘くて美味しい〜

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

パリには二回行っているのに、あいにくルーブル美術館には行けなかったので、楽しみにしていました♪

ルーブル全8部門が総力を結集!

各部門を代表する肖像の傑作およそ110点が一堂に。

クリックすると元のサイズで表示します

チケットは美しきナーニ。

27年振り来日との事。

ナポレオンのコーナーの戴冠式の正装のナポレオン。

「ルーブルの顔」と言う事で、マスが一か所空いており、写真OKなので、交代で写し合いました♪

クリックすると元のサイズで表示します

グッズコーナーでは、沢山の種類の物が展示されて、見ているだけで楽しい。

クリックすると元のサイズで表示します

以前は記念にと、マグネットを買っていたけれど、もう貼る所が無くなったので、止めました。

クリックすると元のサイズで表示します

最近は美しいファイルとか、チケット入れのファイルなどにしています。

クリックすると元のサイズで表示します

絵葉書を買っても使わないし・・・

たまに一筆箋とか。

クリックすると元のサイズで表示します

ルーブルのポスターの前で記念に♪

クリックすると元のサイズで表示します

全て観るのに時間が掛ったので、一服。

クリックすると元のサイズで表示します

1階で上を見ながら。

クリックすると元のサイズで表示します

これからの予定のポスターが貼って有ります。

クリックすると元のサイズで表示します

外のルーブルの前で。

クリックすると元のサイズで表示します

敷地いっぱいに建っているので、全景を写すのが難儀です。

クリックすると元のサイズで表示します

敷地から飛び出しそうな位バックして、やっと写しました♪

クリックすると元のサイズで表示します

何度見ても素晴らしいです。

全館ガラス張り♪

2018/8/19

ミニレクチャー(8/19)  ◎洋服でお出掛け(赤坂・六本木方面)

クリックすると元のサイズで表示します

展覧会後に、希望者にミニレクチャーが有ったので、参加しました。

クリックすると元のサイズで表示します

初めて開く美の扉。

クリックすると元のサイズで表示します

これから席に着く所なので、空いて居ますが満席になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

紅型の美しい絵柄が何枚も渡され、左袖・左後ろ身頃・右後ろ身頃・右袖に自分が選んだ紅型の柄の色紙を貼って行くものでした。

クリックすると元のサイズで表示します

上着は筒袖に成って居て、袖付けの所にはマチが入って居ます。

クリックすると元のサイズで表示します

一階の虎屋さんは長蛇の列でしたが、並んで美味しい甘味を頂きました。

今度は是非に着物で会いたいわね♪

2018/8/19

琉球 美の宝庫(8/19)  ◎洋服でお出掛け(赤坂・六本木方面)

クリックすると元のサイズで表示します

「琉球 美の宝庫」のチケットが手に入ったので、Aさんを誘って、サントリー美術館に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

向かっている時に前を歩いている夏着物姿の方々♪

クリックすると元のサイズで表示します

サントリー美術館の前で、一人ずつ写し合いました♪

クリックすると元のサイズで表示します

大きすぎるポスターと一緒に何とか写りました。

クリックすると元のサイズで表示します

以前何度か食べに来た日本料理のお店を探したけれど見つからない〜〜〜

聞いて見ると、他に移転したとの事・・・

クリックすると元のサイズで表示します

以前のお店と同じ場所の「水簾」に入りました。

カウンターには板前さんがお料理中。

クリックすると元のサイズで表示します

包丁の数に驚きました。

クリックすると元のサイズで表示します

お重の中の海鮮は、溢れそうにぎっしり。

クリックすると元のサイズで表示します

粕汁?のお椀の大きい事!

クリックすると元のサイズで表示します

久し振りの再会に、話す事が沢山ありました。

クリックすると元のサイズで表示します

天婦羅も有りました。

クリックすると元のサイズで表示します

お重にはぎっしり入って居たので、お腹がいっぱいに成りました。

クリックすると元のサイズで表示します

デザートまで頂いて、二人の写真をお願いしました。

最近は着物で会わないわね・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

2018/2/19

世界らん展見学する(2/19)  ◎洋服でお出掛け(赤坂・六本木方面)

クリックすると元のサイズで表示します

食事を終えて、いよいよ「世界らん展」を見学します。

チケットが二枚しか無いので、Aさんには当日券を買って貰いました。

入場の時に、手荷物検査をされました。

クリックすると元のサイズで表示します

東京ドームの中にランがいっぱい。

ロープを張られて、入場できる入り口が一か所だったと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

前回は客席に大勢の人が座って居ましたが、客席に座れない様にロープを張り巡らせてありました。

クリックすると元のサイズで表示します

広い会場には、受賞作品、展示物、業者さん等、凄い人でした。

クリックすると元のサイズで表示します

これは流木を使って、胡蝶蘭、カトレア、シンビジューム等を使った展示物です。

クリックすると元のサイズで表示します

此方も流木を使って、胡蝶蘭を使った展示物です。

クリックすると元のサイズで表示します

上の黄色い細かい蘭がとても綺麗でした♪

あちこちに使って有りました。

クリックすると元のサイズで表示します

目を引いたのは、「らんの国」。

胡蝶蘭だけを使って、王女様のドレスの様でした。

クリックすると元のサイズで表示します

どの方向から見ても同じに見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「世界らん展」の日本大賞2018です。

皆さんカメラで写すので凄い人でした。

離れた位置からズムーで写しましたが、照明が真上から照らしているので、逆光に成って、暗く成って仕舞いました。

真っ白の蘭です。

クリックすると元のサイズで表示します

此方は「優良賞」です。

白いカトレアの一種を使った大輪の作品です。

選ばれた作品がズラッと並んでしました。

クリックすると元のサイズで表示します

最近こう言う風に壁の装飾にしてあるのを、幾つか見かけた事が有ります。

水の補給はどうなって居るのか?近付いて、見た事が有ります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

胡蝶蘭がこんなに高く高く、ナイアガラの滝の様に飾って有るのは、見た事が有りません。

クリックすると元のサイズで表示します

シンビジュウムの大型。

色々のカラーが有るんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

黄色いかすみ草の様に見える新種?の蘭が綺麗でした。

沢山ありました。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は見るだけで、買い物はしませんでした。

我が家にもシンビジュームの鉢が沢山あるので、次の年にも開花させられるようにお手入れしましょう♪

クリックすると元のサイズで表示します

2018/2/19

美味しかった♪(2/19)  ◎洋服でお出掛け(赤坂・六本木方面)

クリックすると元のサイズで表示します

世界らん展のチケットが手に入ったので、Sさんを誘ったら、Aさんも一緒に行く事に成りました♪

クリックすると元のサイズで表示します

今日はとても良いお天気です。

ドームホテルに入って居る「たん熊」の天婦羅を前回国際らん展で食べて美味しかったので、又食べたいと話したらSさんが予約をしてくれたので、とてもたのしみにしていました。

クリックすると元のサイズで表示します

何度かここに来る事が有ったのですが、食べる事が無かったから。

クリックすると元のサイズで表示します

席に着いて「先付」を頂く♪

クリックすると元のサイズで表示します

お塩で頂く、三種類のお塩。

抹茶塩・能登の塩・柚子塩。

クリックすると元のサイズで表示します

勿論天つゆも用意されています。

クリックすると元のサイズで表示します

カウンターでは無いので、係の方が揚げた分げた天婦羅を席までそれぞれ持って来られた。

クリックすると元のサイズで表示します

巻海老 2匹。

加賀蓮根。

金時芋。

衣が薄くて、サクサク・ホクホクしています♪

クリックすると元のサイズで表示します

逆光で上手く写せませんでしたが、カウンター席だと、目の前で揚げたてを頂けます。

クリックすると元のサイズで表示します

生野菜に生湯葉が掛かっています。

クリックすると元のサイズで表示します

京生麩・エリンギ・海老芋田楽・海苔で巻いた帆立等。

クリックすると元のサイズで表示します

天丼と天茶が選べたので、今回は天茶にして見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

どれも美味しかった♪

三人とも又食べに来たいねと。

クリックすると元のサイズで表示します

デザートはフルーツが上品に。

クリックすると元のサイズで表示します

前回も写して貰った所で写したら、光が入って綺麗に写せませんできた。

クリックすると元のサイズで表示します

場所を少し変えたら光が入らずに写せました♪

クリックすると元のサイズで表示します

久し振りなので、まだ話足らず、ホテル内でお茶。

階段を下りて来ると、凄い人の列。

何故?こんなに人が並んで居るのかしら??

クリックすると元のサイズで表示します

三人とも一緒に「モンブランでお願いします。」

クリックすると元のサイズで表示します

美味しそうに写せました。

2018/2/17


クリックすると元のサイズで表示します

友人を誘って行こうと思って居た「世界らん展」の新聞記事です。

クリックすると元のサイズで表示します

以前に同級生のO君に貰ったチケットで、同級生のSさんを誘って見て来た事が有ります♪

クリックすると元のサイズで表示します

2017/10/16

ランチはニューオータニで(10/16)  ◎洋服でお出掛け(赤坂・六本木方面)

クリックすると元のサイズで表示します

「昨日はフレンチだったので、今日は和食が良いわね♪」と探しました。

ほり川(日本料理)に決めて、席に案内されるのを待って居ました。

賑やかにお歳を召した男女の団体さんが食事中。

近くの席が空いて居るのに、案内されない・・・

お腹は空いて居るし、聞いて見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

「近くの席では、ゆっくりお食事が出来ないので、他の席が空くのをお待ちください」と・・・・

私達は、「その席で良いですから」と席に案内して貰いました。

クリックすると元のサイズで表示します

メニューを見て、お楽しみ弁当を注文しました♪

色々のお料理が少しずつ白木のお重に盛られて、美味しそう〜〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

横の衝立から、賑やかな話声や笑い声が聞こえて来て、私達二人の話もゆっくり聞こえない・・・

クリックすると元のサイズで表示します

こういう事だったのね・・・・

一流のホテルに入って居るお店はそこまで考えて、お客さんがゆっくり寛いでお食事が出来ない席は、空いていても案内しないのね。

クリックすると元のサイズで表示します

個室が有れば、勿論そこに案内するのでしょうが。

人の事余り言えないけれど、同窓会の新年会は個室でしています。

人数が多く成れば大きな声で話してしまいます。

気を付けよう。

クリックすると元のサイズで表示します

デザートのアイスクルームは解けない様に、金属のお皿に乗せて有りました。

どれもとても美味しかったです♪

ご馳走様でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの中から、外観を写す。

見上げても上が見えません。

クリックすると元のサイズで表示します

下を見下ろすと、日本庭園の池が見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

贅沢に空間を使った所を上から見下ろす。

クリックすると元のサイズで表示します

薔薇が豪華に活けて有りました。

綺麗〜

クリックすると元のサイズで表示します

先ほどの空間の下。

ホテルからなるべく雨に当たらない様に駅に行く行き方を教えて貰い、電車で品川駅まで。

此処で羽田から帰宅する妹とお別れ。

電車に乗るのを見送って、私は自宅に帰宅。

妹は何時も荷物が少ないので、身軽に観光出来ました。

2017/10/16


クリックすると元のサイズで表示します

17年2月28日に友人のEさんと迎賓館に行っています。

詳しくはそこを見て下さい♪
⇠クリック

クリックすると元のサイズで表示します

雨は本降りに成って来たけれど、今日しか無いので、電車乗り継いで、四ツ谷駅から歩いて来ました徒歩

クリックすると元のサイズで表示します

当日券を販売機で買って、手荷物検査を終えて、イヤホンガイド(前回は知らなった・・・)を借りて中に。 

クリックすると元のサイズで表示します

迎賓館ともう一カ所観光で、ホテルでランチのツアー客が大勢来ておられました。

クリックすると元のサイズで表示します

雨の中のマリーゴールドの黄色が美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

一向に雨は止まず、晴れた時に見た迎賓館と違って見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

前回訪れた時の広間のテーブルが、余りに薄かったので、聞いて見たら桜で作ったテーブルで、此れだけの大きなものは滅多にありませんと答えて貰いました。

今回同じテーブルかと思ったら、違って居ました。

クリックすると元のサイズで表示します

小雨で空が真っ白に見える・・・

お庭でも入れる所と入れない所が有って、そこに警備の方が居ました。

写真頼んだら断られました・・・仕事中ですものね。

クリックすると元のサイズで表示します

雨が降り止まないので、傘を垣根に立て掛けようとしたら、警備員さんに注意されました・・・

妹にスマホで写して貰いました。

クリックすると元のサイズで表示します

デジカメでも写して貰いました。

クリックすると元のサイズで表示します

無彩色の景色にマリーゴールドが写ると、迎賓館が浮き上がって見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

芝生が雨を吸い込んでしまうので、雨が降って居る様に見えませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

この広い場所で国賓の方たちのお迎えのパレードが行われるようですね。

クリックすると元のサイズで表示します

正面の門扉が雨でくすんで見えます。

警備員さん達はカッパを着て誘導して下さいました。

クリックすると元のサイズで表示します

警備員さんに此処から一番近いホテルはニューオオタニと教えて貰って、タクシーで行きました

2017/2/28


クリックすると元のサイズで表示します

学習院初等科が迎賓館のお隣!

知らなかったのでビックリ!

迎賓館は赤坂御用地の中に建っているので、東宮御所から初等科は直ぐそば。

徒歩で通学出来るのね。(まさか車通学?)

クリックすると元のサイズで表示します

2時から見学を申し込んだので、丁度2時に到着しました。

テント近くの建物の自動販売機で、チケットを購入。

クリックすると元のサイズで表示します

何と、1000円札しか使えません。(見学する方は、必ず1000円札持参)

両替機もないし、お釣りも出ません・・・

クリックすると元のサイズで表示します

随分と並んで居ますが、団体さんが多かったです。

個人の方は、スムーズに入れました♪

クリックすると元のサイズで表示します

此方の入り口から入りますが、セキュリティチェックと、注意書きには、館内は撮影禁止・カーテン、調度品には触らない。

クリックすると元のサイズで表示します

館内は撮影出来ないので、頂いたパンフレットの写真をデジカメで写して貼っています。

クリックすると元のサイズで表示します

「彩鸞の間」という名は、左右の大きな鏡の上とねずみ色の大理石で造られた暖炉の両脇に「鸞」(らん)と呼ばれる霊鳥をデザインした金色の浮彫りがあることに由来します。

白い天井と壁は金箔が施された石膏の浮彫りで装飾され、10枚の鏡が部屋を広く見せています。

晩餐会の招待客が国・ 公賓に謁見したり、条約・協定の調印式や国・公賓とのテレビインタビュー等に使用されています。

クリックすると元のサイズで表示します

「花鳥の間」という名は、天井に描かれた36枚の油絵や、欄間に張られた錦綴織、壁面に飾られた30枚の楕円形の七宝などに花や鳥が描かれていることに由来します。

周囲の腰壁は茶褐色のシオジ材で板張りしてあり、その壁の中段を飾るのが七宝です。

下絵は日本画家の渡辺省亭が描き、明治期の七宝焼の天才・涛川惣助が焼いたものです。

この部屋は、主に国・公賓主催の公式晩餐会が催される大食堂で、最大130名の席が設けられます。

クリックすると元のサイズで表示します

「羽衣の間」という名は、謡曲の「羽衣」の景趣を描いた300平米の曲面画法による大絵画が、天井に描かれていることに由来します。

3基のシャンデリアは迎賓館で最も豪華なもので、およそ7,000個もの部品で組み立てられており、高さは約3メートル、重さは約800キログラムであり、壁は楽器、楽譜等をあしらった石膏の浮彫りで飾られています。

また、正面の中2階はオーケストラ・ボックスとなっており、かつて、この部屋が舞踏会場として設計されたことが偲ばれます。

この部屋は、雨天の際に歓迎行事を行ったり、レセプションや会議場等として使用されており、また、晩餐会の招待客に食前酒や食後酒を供するところでもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

「朝日の間」という名は、天井に描かれた「朝日を背にして女神が香車を走らせている姿」の絵に由来します。

周囲の16本の円柱はノルウェー産の大理石です。

壁には、京都西陣の金華山織の美術織物が張られ、床には、紫色を基調とした47種類の糸を使い分けて桜花を織り出した緞通が敷かれています。

この部屋は国・公賓用のサロンとして使われ、ここで表敬訪問や首脳会談等の行事が行われます。

クリックすると元のサイズで表示します

2階大ホールから見下ろす中央階段の床には、イタリア産の大理石が張られ、その上に赤じゅうたんが敷きつめられています。

階段の左右の壁には、フランス産の大理石が鏡張りされています。

また、欄干はフランス産の大理石であり、その上に8基の黄金色の大燭台が置かれています。

クリックすると元のサイズで表示します

中央階段を上がった2階大ホール正面の左右の壁面には2枚の大油絵(小磯良平画伯作 向かって左側は「絵画」、右側は「音楽」)が飾られています。

館内では、ボランテァの人達が、説明をしてくれています♪

個人の質問にも丁寧に答えてくださいます。

残念だったのは、イヤホンガイドが有ると言う事を知らなくて、使えなかった事です・・・・

館内には、沢山の大きな鏡が使って有った事。

思い出すのはベルサイユ宮殿の「鏡の間」の鏡。。。

クリックすると元のサイズで表示します

外に出て来ました。

迎賓館の有る場所は、かって紀州徳川家の江戸中屋敷が有った所です。

クリックすると元のサイズで表示します

明治維新以降、我が国は近代国家として成長しましたが、30年経って西洋風の東宮御所を新たに建設しようとする気運が起こり、明治32年に着工して10年の歳月をかけて、明治42年に敷地面積117062u建坪5170uの赤坂離宮が完成しました。

クリックすると元のサイズで表示します

建物は巾125m、奥行き89m、高さ23.2mの広大なものです。

クリックすると元のサイズで表示します

この建物は、昭和天皇や今上天皇が一時期お住まいに成った以外は、東宮御所としてあまり使用される事はなく、戦後、建物、敷地とも国に移管たれ、国立国会図書館、内閣法制局、東京オリンピック組織委員会など国会及び行政の機関に使用されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

戦後10数年経って、国際関係が緊蜜化し、外国の賓客を迎える機会が多くなってきたところ、我が国にはそれに充てる国の施設がなかったため、昭和38年国の迎賓館を作る方針が立てられ、昭和42年、赤坂離宮を改修して迎賓館に充てることが閣議決定されました。

クリックすると元のサイズで表示します

改修工事は、昭和43年から5年間有余の歳月と108億円の経費をかけて行われ、和風別館の建築と合わせて昭和49年に現在の迎賓館赤坂離宮が完成しました。

クリックすると元のサイズで表示します

開館以来、世界各国の国王、大統領、首相などの国賓、公賓がこの迎賓館に宿泊し、歓迎行事を始めとして首脳会議、要人との会談、晩餐会の開催など、華々しい外交活動の舞台となっています。

クリックすると元のサイズで表示します

また、先進国首脳会議(1979、1986、1993)日本・アセアン特別首脳会議などの重要な国際会議の会場として使用されています。

クリックすると元のサイズで表示します

なお、平成21年創建当時の建造物である迎賓館赤坂離宮の本館、正門、主庭噴水池等が明治維新以来の建造物として初めて国宝に指定されました。

クリックすると元のサイズで表示します

お天気に恵まれて、主庭と噴水周りをゆっくり見て、記念写真を写せました。

クリックすると元のサイズで表示します

お庭にも警備の方があちこちに居られます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ぐるりと回って、迎賓館の正面に出て来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

美しく手入れされた松が植えられています。

クリックすると元のサイズで表示します

入館が2時少し前で、退館が4時少し前なので、ゆっくり見学して、お庭を一回りしても、ニ時間も有れば充分でした。

クリックすると元のサイズで表示します

団体さんは、時間が決められているので、見学時間が短いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

正門から迎賓館を眺めた所です。

クリックすると元のサイズで表示します


2017/2/28

迎賓館見学・その1(2/28)  ◎洋服でお出掛け(赤坂・六本木方面)

最近新聞の広告で、「新春を迎賓館赤坂離宮で非日常のひとときを」

迎賓館赤坂離宮本館 浅草寺初詣 主庭一般公開 築地食べ歩き ホテルでランチ

1万円から11000円

友人に「一緒に行かない?」と誘って見たら、「今一般公開しているから、申し込んでみるね(^^♪」と返事が来ました。

「だったらお願いね♪」と待って居ると、返事が来て、本日の一般公開に参加する事に成りました。

何と一般公開は1000円ですよ。(1000円札のみ)

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、ランチの予約もして貰いました。

四谷駅から歩いて、ランチのお店をスマホで探していると、遠くに迎賓館の門が見えてきました♪

そこから右に曲がって歩いて居ると、ガラス張りの素敵な空間が♪

クリックすると元のサイズで表示します

ホテル・ドゥ・ミクニ内ウェディングサロン。

マリアージュとの事。

クリックすると元のサイズで表示します

もう少し歩いて居ると見えてきました。

一軒家のホテル・ドゥ・ミクニ。

クリックすると元のサイズで表示します

予約時間よりも少し早かったので、別室で少し待つ事に。

クリックすると元のサイズで表示します

通されたのは、バーカウンター?

クリックすると元のサイズで表示します

カウンターに活けられたお花が可憐で素敵でした。

この活けて有る花器と、同じものを持って居ました♪

葉は取り除いてお花だけにして、活けた方が可愛いのね。

クリックすると元のサイズで表示します

予約時間に成ったので、通路を通って(厨房が見えました。)テーブルに案内されました。

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋に飾って有るアレンジメントが、花器を三つ使っての飾り付け。

クリックすると元のサイズで表示します

お皿の上には、2017年2月28日火曜日と書かれたメニューが置いて有りました♪

クリックすると元のサイズで表示します

シェフ三國の創意により、メニューは毎日刺激的に変わりますと。

クリックすると元のサイズで表示します

アルコールを控えているので、ジュースで乾杯カクテル

クリックすると元のサイズで表示します

メニューを外したら、お皿に文字が。

クリックすると元のサイズで表示します

バーカウンターと同じお花♪

淡い色合いが、美しい♪

クリックすると元のサイズで表示します

一品目

タルトオニオン。

32年目のオニオンキッシュ。

東京の卵と玉ねぎで作っております。

クリックすると元のサイズで表示します

パンとバター。

クリックすると元のサイズで表示します

二品目。

武蔵村山産ほうれん草と愛知産アサリのヴルーテ、ミルクの泡のせ、そのほうれん草のセシェとアサリのベニエ添え。

クリックすると元のサイズで表示します

交代で、お料理と一緒に写し合いました。

クリックすると元のサイズで表示します

三品目。

岩手宮古沖 真鱈のグリエ、東村山産シルクスイート(薩摩芋)のリゾット、小平産スイスチャードのサラダのせ、東京の金胡麻和え、バルサミコのヴィネグレット風味。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

レストラン内は、満席です。

クリックすると元のサイズで表示します

デザート。

ハイビスカスのスープとアーモンドのブランマンジェの東京練馬産イチゴ添え、高知産土佐文旦のシャーベット、キャラメルのメレンゲ風味の金柑のタルトの盛り合わせデザート。

クリックすると元のサイズで表示します

コーヒーと林檎のマカロン。

どれもとても美味しかった♪

又来て見たいです。

クリックすると元のサイズで表示します

食事が終わって会計を済ませると、クッキーをお土産に頂きました♪

係の方に、何時もの様にお店の前で、記念撮影をお願いしました。

その場で確認しなったので、今写って居ない事が判明・・・・・

教訓 写して貰う時には必ずその場で、シャッターが切れているか確認をする事!


お店の前の塀は、学習院初等科の敷地でした。

2017/2/3

いしかわ伝統工芸フェア(2/3)  ◎洋服でお出掛け(赤坂・六本木方面)

今年もフェアーのお知らせが届いたので、同じ県出身のEを誘って、行って来ました♪

クリックすると元のサイズで表示します

このエスカレーターは、一帯どこまで上って行くのでしよう。

クリックすると元のサイズで表示します

下を見ると真っ逆さまに成りそう・・・・で怖いですね。

後楽園駅に行く途中のエスカレーターです。

クリックすると元のサイズで表示します

一年振りなので、場所が分からず、聞いてやっと会場に。

クリックすると元のサイズで表示します

先着250名アンケートに答えたけれど、来るのが遅かったのでプレゼントには二人とも外れました。

沢山の方がご来場なんですね♪

クリックすると元のサイズで表示します

綺麗なお花が飾って有りました♪

クリックすると元のサイズで表示します

会場には「加賀友禅大使」と書いたタスキを掛けた、加賀友禅の訪問着を着た人たちがあちらこちらに居られました。

クリックすると元のサイズで表示します

加賀友禅大使の人。

お聞きして見たら、着ている加賀友禅は自前の物だそうです着物

クリックすると元のサイズで表示します

「稀少伝統的工芸品」

左上は、加賀獅子頭。

私は目出度い時に加賀獅子頭の根付を良く使って居ます。

琴。

銅ら。

クリックすると元のサイズで表示します

「稀少伝統的工芸品」

加賀水引細工。

婚約指輪を「優美和」と書くとは知らなかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「国指定伝統的工芸品」

加賀友禅のコーナーでは加賀友禅がお揃いです。

クリックすると元のサイズで表示します

加賀友禅着用体験コーナーには「ミス加賀友禅」の方が。

写させて貰って居たら、「そうぞご一緒に」と言われ、一緒に写して貰いましたが、顔が小さい〜し背が高い〜

クリックすると元のサイズで表示します

男性の方の加賀友禅の袖無し羽織の柄が、素晴らしいので写させてもらいました♪

クリックすると元のサイズで表示します

「国指定伝統的工芸品」

加賀漆器。

お雛様の御道具?

余りの素晴らしさに目が点に!

クリックすると元のサイズで表示します

「国指定伝統的工芸品」

金沢箔。

黄金の中に居るのは、とても良い気分です。

クリックすると元のサイズで表示します

お昼ご飯は、料亭弁当・金茶寮の松花堂弁当。

九谷焼のお茶碗に加賀棒茶。

季節の食材をふんだんに使って、とても美味しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

12時半からは、舞台で石川県観光PRステージ。

九谷焼のオークションが始まりました。

ドンドン値段が上がって来てドキドキ。

後でお聞きしたら、どなたもお買い得で落札して居られたと♪

クリックすると元のサイズで表示します

加賀友禅大使が一堂に。

真ん中の三人、タスキを掛けていない方は、加賀友禅を着せて貰ったお客さんの方々だと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

同級生のO君。

伝統工芸士におなりです♪

後の作品がご夫妻の作品とか。

小中高の同級生だとばかり思って居たら、幼稚園も同じでした

クリックすると元のサイズで表示します

ゆっくり見て居たら、こんなに暗く成って居ました・・・

クリックすると元のサイズで表示します

2015/8/19

藤田美術館の至宝(8/19)  ◎洋服でお出掛け(赤坂・六本木方面)

クリックすると元のサイズで表示します

チケットが手に入ったので、Eさんを誘って、東京ミッドタウンのサントリー美術館に♪

クリックすると元のサイズで表示します

その前に、ランチを♪

久しぶりにタン定食を。

何と使用されている、器が、大好きで少しずつ集めている、砥部焼きの器でした。

嬉しさに、店員さんに、その事を告げても????分からない人には分からないわね・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

お腹もいっぱいに成ったので、美術館に向かうと、上から色々のテープが下がって居ました♪

クリックすると元のサイズで表示します

真下から、覗いて見ると、中には風鈴が、綺麗な音を立てて居ました。

クリックすると元のサイズで表示します

風でカラカラと、テープが揺れて、涼しそう♪

クリックすると元のサイズで表示します

今回は、藤田美術館の至宝を初めて、東京で一堂に公開する待望の展覧会です。

クリックすると元のサイズで表示します

天下の国宝「曜変天目茶碗」は、瑠璃色の曜変は、見る角度によって、宇宙に浮かぶ星の様に見える幻想的な茶碗でした。

クリックすると元のサイズで表示します

真夏の暑い時の美術館は、ホットします。

クリックすると元のサイズで表示します

美術館に隣接して、金沢の不室屋さんが入っているので、ここでお茶にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

人気店で、品切れのメニューも有りました。

クリックすると元のサイズで表示します

いっぱいお喋りして、食材を買い物して、今日は、間違わないで、すんなり帰宅できるかしら?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2015/6/1


クリックすると元のサイズで表示します

チケットが手に入ったので、Eさんを誘って、新美術館に向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します

何時来ても、この空間の凄さに圧倒されます。

右上はレストランです

初めて二人で来た時に、頂きましたが、狭かったのを覚えています♪

クリックすると元のサイズで表示します

如何いう展覧会かも知らずに、来て、見たので、作品の大きさ、数に驚きました。

クリックすると元のサイズで表示します

新人発掘・育成を目標としたセレクション展です。

クリックすると元のサイズで表示します

50号から300号の作品が、入選413点・受賞29点が展示してありました。

クリックすると元のサイズで表示します

会場が広くて、一応一通り拝見したのですが、疲れました・・・

クリックすると元のサイズで表示します

今展示されている展覧会でしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

外に出て、美術館を写せるギリギリの場所から、パチリと

クリックすると元のサイズで表示します

交代で、写し合いました

クリックすると元のサイズで表示します

美術館を後にして、出ようとしたら、チケット売り場の人・人・人。

クリックすると元のサイズで表示します

人気の展示会は何だったのかしら?

クリックすると元のサイズで表示します

会場が広くて、随分と時間が掛ってしまったので、ランチの時間がとっくに終わって居て、何処も閉まっていました・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

やっと見つけた、小さな二階の、韓国料理店。

メニューはこれだけ?

次回からは、ランチしてから、見学にしましょうね♪

クリックすると元のサイズで表示します

何時もの様に、東京ミッドタウンに。

クリックすると元のサイズで表示します

少しブラブラして、喉が渇いたので、お茶する事に。

クリックすると元のサイズで表示します

並んで居る色とりどりのジュース?に惹かれて、お店に入りました♪

クリックすると元のサイズで表示します

ケーキもマカロンも美味しそう〜〜

メニューを見たら、ジュースでは無かった・・・・

チョコドリンクだけ?

知らなかったけれど、有名な専門店でした。

クリックすると元のサイズで表示します

う〜濃い〜

ダメでした・・・・

ごめんなさい。

薄めて飲みました・・・・

2011/2/27


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

12月7日に来た時には、イルミネーションだった所が、スケートリンクになっていました。

東京のど真ん中で、野外スケートリンクになっているなんて、驚きました。

昼食は、娘の希望で、スペイン料理にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

混んでいて、少し店の前で、立って待ちました。

通されたのは窓が無い、奥の方の座席でしたが、上のほうにはワインの樽が並べてあり、スペインを思い出す様な、雰囲気のお店でした。

クリックすると元のサイズで表示します

一品一品丁寧に説明して下さって、サンタリタ風お惣菜、3種類盛合せ (タパス)はどれも、とても美味しかったです♪

本日のスープ。

クリックすると元のサイズで表示します

ブイヤベース。

真ん中はお魚で、黄色いのはサフランライス?

クリックすると元のサイズで表示します

二人分のパエリア

クリックすると元のサイズで表示します

どれも美味しかった♪

クリックすると元のサイズで表示します

会計のときに、「美術館の半券でのサービスは無かったんですね?」と聞いたら、グラスワインだったそう・・・

残念!
先に聞いてみるべきだった。

クリックすると元のサイズで表示します

真っ青な空で、暖かいので、外を散歩。

建物からそのまま、道路を横切る歩道橋があったので、渡って見る。

クリックすると元のサイズで表示します

イルミネーションを見たのは真ん中の階で、そこのテラスで食事しながらだった。

本当に、良い天気なので、六本木の交差点まで歩く。

クリックすると元のサイズで表示します

六本木といえば。。。。のケーキ屋さんに入って、ケーキと紅茶を注文。
ビルが新しくなっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

いちごフェアと言うので、イチゴのケーキを選ぶ。

話しながら食べているのに、何度もチラチラと見られる・・・・(嫌な気分)

丁度私の目線が店員さんと合う。

クリックすると元のサイズで表示します

ケーキを食べ終わった途端に、ケーキ皿を下げる。
また、食べ終わった途端にケーキ皿を下げる。

ポットの紅茶を注ぎ終わった途端にポットを下げる。
また、注ぎ終わった途端にポットを下げる。

回転を良くしたいからだと、あからさまに分る。
嫌〜な気分。

クリックすると元のサイズで表示します

遂にテーブルにはコップだけに成った。
そんなに長い時間居た訳ではないのに。

私たちの斜向かいは、私と同じくらいの5人のグループが居たが、その方たちのテーブルもコップだけになっていた。(長時間ではなかったのに)

これでは、セルフサービスのコーヒーショップの方が、ゆっくり出来る♪

二度と入らないお店です。

2011/2/26


「マイセン磁器の300年」のチケットを頂いて、日にちが迫っていたので、娘を誘って行って来ました♪

サントリー美術館は、最近良く行っている美術館なので、入り口で待ち合わせ♪

クリックすると元のサイズで表示します

記念に入り口前で、写してもらう。

クリックすると元のサイズで表示します

マイセンといえば、2000年に友人と三人で東欧四ヶ国に行った時に、ドイツでドレスデンを訪れた時に、マイセン工房を訪ねました。

クリックすると元のサイズで表示します

その時のアルバムを見てみたら、有りました♪
工房で作品を作っている職人さん達の写真が。

クリックすると元のサイズで表示します

ツァーで行ったので、時間が限られていて、職人さん達の仕事振りをゆっくり見ていたら、美術館(ゆっくり見る時間は無い)を見るか、買い物をするかの時間しか残らず、殆どの人が、買い物の方に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

その時に、買ったイエローのローズのカップ・ソーサー

ソーサーは深めで、浮き彫りで柄が浮き出ている物です♪

クリックすると元のサイズで表示します

これは大き目の横長の深い、フルーツボール?

これもイエローのローズです。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、浅めの小さめの皿です。

周りに浮き彫りで、柄が出ています。
花の名前忘れました・・・
ポピーではないし

クリックすると元のサイズで表示します

それから五年後に、白金の東京都庭園美術館で、伊東直子さんが後半生を賭けて収集したマイセン磁器の、珠玉のコレクションを見る事が出来ました。

紅葉の時期だったので、紅葉の着物を着用して見に行きました♪

余りの素晴らしさで、とても感激をしました。

それが、個人のコレクションと知って、とても驚いた事を思い出しました。

「華麗なるマイセン磁器」東京都庭園美術館

箱根に行った時にも、見に行きましたが・・・・・・


クリックすると元のサイズで表示します

今回は第一章は西洋時期の創成期。

第二章は王の夢、貴族の雅。

第三章は市民階級の台頭と万国博覧会。

第四章はモダニズムの時代、アール・ヌーボー、アール・デコ。

第五章は創造の未来へ。

ドレスデンでは見る事が出来なかったけれど、日本でこんなに沢山見られて、満足です。

混んで居ましたが、空いている所を先に見たりしながら、目の前でゆっくり鑑賞することが出来ました♪

日本で購入した物も、大事に愛用して行こう。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ