2015/12/9

遊覧船から河口湖美術館(12/9)  ■国内旅行記(山梨県)

クリックすると元のサイズで表示します

河口湖遊覧船「アンソレイユ号」に乗船船

大人960円。

フランス語で日当たり良好と言う意味の船。

南欧のレイクリゾートををイメージして造られました。

クリックすると元のサイズで表示します

全長9m、総トン数19t、定員120名で、ゆったりと寛げました。

20分で一周です。

何故か・・・船の写真写し忘れ・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

太陽が照って居て、白黒写真の様に成って仕舞った富士山。

クリックすると元のサイズで表示します

河口湖美術館で、「イングリッシュガーデン・英国に集う花々」をやって居たので、入館。

入館料大人800円。

クリックすると元のサイズで表示します

草花や木々を愛でて喜ぶ気持ちが、人々に有るので、園芸と言う文化が生まれて来て、多くのガーデニングを趣味として楽しんでいる人が多いのだと思います。

母もガーデニングが大好きで、家の前に綺麗な花々を植えて、道行く人々を楽しませていました。

それが町内で、ガーデニングの賞を貰う程に成りました♪

私達姉妹も大好きで、庭いじりをすると、時間の過ぎるのを忘れてしまう程です。

クリックすると元のサイズで表示します

遠い昔、写真技術が無い時代に、記憶の必要性から、植物画が制作され、ロンドン郊外のキュー王立植物園は世界最高水準の研究機関として、世界遺産に登録されました。

22万点のボタニカル・アートコレクションの中から、ウイリアム・nモリスの装飾芸術に植物を取り入れた工芸など150点が、展示されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

観終ってから、記念にポストカードを選びましたが、どれも繊細で、本物と変らない美しい花々です♪

クリックすると元のサイズで表示します

突き当りの日がさしている所が、ティールームに成っており、此処で英国の紅茶に、スコーンにクロテッドクリーム・ブルーベリージャムで、テータイム(^^♪

クリックすると元のサイズで表示します

テーブルに置いた、カメラを見て、スタッフの方から、写しましょう♪と言って貰い、お願いしました

クリックすると元のサイズで表示します


2015/12/9

与 勇輝館(12/9)  ■国内旅行記(山梨県)

クリックすると元のサイズで表示します

一泊のドライブ旅行は、寄る所を前もって決めて無くて、走りながら、此処に入りたいと観光地を見ています。

「河口湖ハーブ館」が有ったので、寄って見ました。

沢山のハーブグッズやお土産品がびっしりと揃って居ました。

手作りの焼き上げた、蜂蜜入りのカステラを試食して、お買い物。

記念にと、ハーブのリースを沢山の中から、選んだり、ハーブの香りのお手玉を、購入♪

クリックすると元のサイズで表示します

別館には、体験コーナーもあり、女性にはハーブの香り袋体験が、無料でした♪

目の前は、ハーブ庭園に成って居ました。

クリックすると元のサイズで表示します

是非に行って見たかったのは、「与 勇輝館」です。

入館料600円。

以前に東京の松屋で作家さんにお目にかかり、沢山の人形を観る事が出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

困難な状況にあっても嫌気に生きている子どもたちをつくりたい。

そういう人形には、古布がよく似合います。

与 勇輝

クリックすると元のサイズで表示します

人形を作る一番の困難は、「布さがし」だそうです。

今展は木綿の古い布をテーマに、昭和初期の木綿の着物を着る、こどもたちや未展示作品「ひととき」など約100体で構成されていました。

係の方にお聞きしたら、今まで作られたお人形は、一体も手放していないそうです♪

クリックすると元のサイズで表示します

館内に和風喫茶が有ったので、おそいランチにしました。

メニュー少なくて、お稲荷さんのセットを注文。

ランチが終了したばかりだったの、無理にお願いして、作って頂きました・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

一面のガラス張りから、ポカポカと暖かい日差しがさしていました。

クリックすると元のサイズで表示します

館内のポスターの前で一枚。

クリックすると元のサイズで表示します

「河口湖ミューズ館・与 勇輝館」を背にして。

クリックすると元のサイズで表示します

喫茶室から見えた景色。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

中央高速のトンネル怖いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

紅葉を眺めながら、家路に向かいます

クリックすると元のサイズで表示します

夕暮れに成って、無事に帰宅できました♪

クリックすると元のサイズで表示します

2015/12/9

天上山公園カチカチ山ロープーウェイ  ■国内旅行記(山梨県)

クリックすると元のサイズで表示します

河口湖の東に位置する、天上山に架かる富士五湖で唯一のロープーウェイです。

クリックすると元のサイズで表示します

太宰治の名作「かちかち山」の舞台に成ったと言われています。

物語にちなんで、ゴンドラの上や、展望台などに、タヌキやウサギがお出迎えしてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

標高856m河口湖湖畔駅から、1075mの富士見台駅まで、わずか3分で到着です。

クリックすると元のサイズで表示します

目の前には、山頂から裾野まで見渡せる絶景の富士山山と河口湖が広がります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

天上の鐘。

勿論鳴らしました。

クリックすると元のサイズで表示します

標高1075mの展望台から望む富士山は、湖畔から眺めるのとは、一味違いますね。

クリックすると元のサイズで表示します

此処から眺める富士山は、裾野から左右対称の稜線の美しさが魅力です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

何と、孫のS達も、このロープーウェイに夏休みに来ていたんですよ♪

うさぎさんたちが、綺麗に写って居ました♪

クリックすると元のサイズで表示します

2015/12/9

湖南荘(12/9)  ■国内旅行記(山梨県)

クリックすると元のサイズで表示します

早朝にお風呂に入ってから、身支度を整えて、お食事処で、朝食です。

お釜で炊いたご飯と、小鉢にほんの少しずつのおかずと、ほうとう饂飩・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

会計を済ませて、玄関で記念撮影

今改めて見て見ると、照明が豪華〜

正面の階段も広い〜

クリックすると元のサイズで表示します

河口湖を背にして、ちょっと逆光ですが。

クリックすると元のサイズで表示します

脇にある、休憩処で

クリックすると元のサイズで表示します

喫茶室で、珈琲を。

クリックすると元のサイズで表示します

あら〜まだ旅館のスリッパを履いている・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

旅館の看板前でも、慣れた手つきで、ハイパチリ(^^♪

クリックすると元のサイズで表示します

全身とアップでと写して下さった。

ありがとう♪

クリックすると元のサイズで表示します

旅館から数段降りた、河口湖の真ん前の駐車場に停めて有る車に、荷物を入れて、改めて振り返って旅館を見る。

何と、屋上が見晴らし場所に成って居るので、上って見る事に♪

クリックすると元のサイズで表示します

素晴らしい〜〜〜〜〜

富士山が真ん前に山

晴天だったらどんなに美しいか〜

クリックすると元のサイズで表示します

近すぎて、河口湖が一枚の写真に写りきらないので、二枚で。

我が家の車が見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

此処に足湯も有りました。

クリックすると元のサイズで表示します

それも大きな富士山を望みながら山

クリックすると元のサイズで表示します

上って、来てみて良かった〜わ。

クリックすると元のサイズで表示します

2015/12/8


クリックすると元のサイズで表示します

お部屋に通されたら、目の前が河口湖でした。

クリックすると元のサイズで表示します

カメラがおかしい・・・・

こちらのお部屋は、広縁も畳敷き(広縁が無い?)で、湖畔が見れるように、座椅子が湖畔に向いて置かれていました。

クリックすると元のサイズで表示します

加湿付き空気清浄機が付いているのは、嬉しいですね♪

クリックすると元のサイズで表示します

殆どの旅館は、テーブルの上に、旅館のファイル・色々パンフレットが沢山置いて有るので、まず最初に、全部を隅の方に置く。

仲居さんの、話を聞いて、一服お茶を頂きます。

クリックすると元のサイズで表示します

床の間には、お花が活けてない・・・・残念。

クリックすると元のサイズで表示します

洗面所には、拡大鏡が設置。

洗面ボールが二台有るのは、良いですね♪

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋のお風呂は、入らないです。

クリックすると元のサイズで表示します

トイレに子供用の、カバーが置いてあるのは、初めてです♪

クリックすると元のサイズで表示します

入り口から部屋を写しましたが、襖を開ければ良かった。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食まで、少し時間が有るんで、宿の中を散策。

やはりカメラが可笑しい・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

部屋に戻ると、丁度仲居さんが、黒いテーブルの上に、白いテーブルクロスを掛けて、夕食の準備中。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まだ、完治では無いけれど、此れ位は良いかな?と乾杯しました

クリックすると元のサイズで表示します

仲居さんに写して貰いました。

こうして見ると、お部屋狭いわ〜〜

狭い部屋が嫌いな人が、選んだお宿・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

毎日の食事で、こんなに沢山食べて居ないのに、こんなに沢山のお料理は、食べられません・・・

クリックすると元のサイズで表示します

もう少し、料理の品数を少なくして、材料に掛けた食事が有ったら良いのにね。

クリックすると元のサイズで表示します

一服して、温泉に入って来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

女性用の御風呂の前です。

まだまだお客さんが入浴して居られたので、お風呂は写せなかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

入浴後の休憩場所です。

何となく豪華な感じでした。

2015/12/8

西湖いやしの里根場(12/8)  ■国内旅行記(山梨県)

クリックすると元のサイズで表示します

富士五湖の真ん中に、位置する西湖。

樹海に包まれた湖のほとりに、失われた日本の里が残って居ると言うので、行って見る事にしました

山間の道を走ると、懐かしい風景に見えてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

車を駐車場に止めて、水路沿いに歩いて行くと、緩やかな坂を登って行くと、そこに、茅葺きの、家々が見えてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

茅葺きの家々が、20軒建っていました。

先ず最初に入ったのは、「砂防資料館」です。

以前は、此処に約40戸の集落が有り、養蚕で生計を立てて居ました。

1966年9月25日に、台風が引き起こした土石流に飲み込まれてしまいました・・・・

写真が展示されていましたが、平成の震災を思い起こします・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

奇跡的に、被害をまぬかれた家の旧渡辺住宅です。

クリックすると元のサイズで表示します

何軒かまぬかれましたが、こちらは、4年前に、国の登録有形文化財に指定されました。

クリックすると元のサイズで表示します

中は、地域のお年寄りが、手作りの品々を販売していました。

クリックすると元のサイズで表示します

富士河口湖町が、此処を観光施設に整備したのは、9年前だそうです。

他の家々(新しく建てた)は、蕎麦や、ほうとうの食事処に成って居たり、山梨県共同伝統工芸品の大石紬の手織り教室成って居ました。

クリックすると元のサイズで表示します

戦国武将の甲冑を付けてくれたり、着物の着付けをして、写真を写してくれる家は、外国人に人気だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

何だか、日本昔話の世界に来たようでした。

富士山が大きく見えてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

こうして見ると、なんだか映画のワンシーンの様に、思えます。

クリックすると元のサイズで表示します

そろそろ、旅館に向かいます。

2015/12/8

リニア見学センター(12/8)  ■国内旅行記(山梨県)

クリックすると元のサイズで表示します

日本で、唯一時速500kmで走行する、超電導リニアを間地かで見られる施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

2003年に、世界最高速度を記録した、試験車両をシンボル展示していました。

クリックすると元のサイズで表示します

試験車両の中に、入れます。

座席は、片側だけでした。

クリックすると元のサイズで表示します

リニア開発の歴史が、展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

試験車両の前では、記念撮影が出来るように、見学日が表示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

二階に上がると、磁気浮上走行が体験できる!ミニリニア。

早速二人で試乗して見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

浮いた感じで、滑るような走行です。

有名人の試乗写真が展示。

クリックすると元のサイズで表示します

リニアを浮かせてみようと、一所懸命ハンドルを回して見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

一番距離が出たところで、シャッターが切れて居ません・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

超電導コースターの前では、超電導の仕組みを、説明して貰いました。

クリックすると元のサイズで表示します

中には、液体窒素が入って居ます。

クリックすると元のサイズで表示します

液体窒素で、冷やされた物を、リニアに見立てて、超電導の上に置くと、浮きます。

クリックすると元のサイズで表示します

線路に見える所には、小さな超電導が、ぎっしりと並べられています。

クリックすると元のサイズで表示します

目の前を、一瞬で通り過ぎて行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

見学中に何度か、「只今、リニアが通過いたします。」とマイクから流れます。

見学ラウンジに行って、皆さんと一緒にカメラを構えて待ちますが、一瞬で通り過ぎて行ってしまいます。

何とか頭だけ写す事に成功(^^♪

クリックすると元のサイズで表示します

前長17mのリニアと、山梨の未来のジオラマ。

クリックすると元のサイズで表示します

富士山が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

全ての階から、じそく500kmの世界を体験する事が出来ますが、二階見学テラスからは、唯一屋外から見学できます。

クリックすると元のサイズで表示します

シャッターチャンスを逃してばかりなので、連写で写したところ、写って居ました♪

クリックすると元のサイズで表示します

2015年4月21日

603kmを記録(鉄道の世界最高速度更新)


残念ながら、私が居る間には、大阪までは開通しないようです・・・・・

子供や、孫たちは、乗車出来るでしょう♪

クリックすると元のサイズで表示します

2015/12/8

久しぶりの旅行(12/8)  ■国内旅行記(山梨県)

クリックすると元のサイズで表示します

今年は、夫の入院手術から始まり、私の入院、夫の歯の治療と、旅行気分では無かったので、どれだけ振りの、温泉旅行でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

夫が探してくれた旅館に、私が予約を入れて、出発です

クリックすると元のサイズで表示します

お天気は、晴れたり曇ったり、途中談合坂で休憩。

クリックすると元のサイズで表示します

クリスマスツリーが飾られていました。

クリックすると元のサイズで表示します

お昼には早いけれど、此処で昼食にする事にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

ゆっくりお茶もして、休憩しました。

クリックすると元のサイズで表示します

山々が紅葉しています。

クリックすると元のサイズで表示します

三年前に来た時に、休みで見学できなかった、「リニア見学センター」に行って見る事に♪

クリックすると元のサイズで表示します

上海でリニアカーに実際に乗車したので、是非に見学して見たかった。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、見学OKと言う事で、来て見て良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

「ドキドキリニア館」ちょっとドキドキです。

クリックすると元のサイズで表示します

2013/12/26


宿で教えて貰った、生協に行って、山梨産の野菜を色々沢山買いました。

ここでも、大好きな干し柿を食べ比べるために、小さめのパックを幾つか買いました。

前から、気になっていた「ほったらかしの湯」に行って見ようと車を走らせました

思ったよりも遠くて、こんな山の上に、本当に温泉が有るのかと?思いながら、細い山道を走ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

富士をを望み、甲府盆地を一望するこの地に天然の温泉が有るのかと、興味がありました。

海抜700mの地に。

ほったらかしの湯には、面白い名前がついている温泉が、二か所ありました。

「あっちの湯」と「こっちの湯」といかにもほったらかしてあるような名前です。

冬季は「こっちの湯」は、お休みでした。。。

クリックすると元のサイズで表示します

お天気が良くなかったので、とても残念でした。

東の山並みから昇る日の出と、天井が星空という夜景を一度は眺めて見たいと思いました。

売店は冬季はお休みで、温かいものが飲みたかったのに残念でした。

クリックすると元のサイズで表示します

お腹がそろそろ空いてきたので、ランチの場所を探しましたが、無い〜無い〜〜

山を下りてから、フルーツパーク富士屋ホテルが有ったので、ホテルなら食事が出来ると思い、やって来ました。

寒い〜

早く食べたいと思い、レストランを見ると冬季だから?食事処が閉まっているお店があり、軽くカレーでもと思ったら、前日までに予約と書いてあり、がっかり。

クリックすると元のサイズで表示します

テラスに出て、景色と一緒に、写真だけを写しました。

「ほったらかしの湯」から大分下りてきたけれど、景色は良かったけれど、お天気がイマイチでした。

クリックすると元のサイズで表示します

寒いので、誰一人いませんでした。

物好きな私たちだけ。

この付近には、食事する所が、本当に無いんですね。

iPadで検索してみると、「大戸屋ダイニング」がフルーツパークに有る事がわかり、行って見ました。

てっきり大戸屋と同じメニューだと思っていたら、全然別のメニューで、グレードが高く、野菜をふんだんに使ったメニューの様でした。

クリックすると元のサイズで表示します

全国に展開している大戸屋で、ダイニングは山梨県のここだけの様です♪

12種類の野菜がたっぷりのカレーを注文して見ました♪

とてもボリュームがあり、男性でもお腹いっぱいになる量でした。

クリックすると元のサイズで表示します

両隣の方の、お料理も野菜がたっぷりでした。

目の前がガラス張りのドームに成っていて、お天気が良かった素晴らしい景色を見ながらお食事だったと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

このドームの中は、温室と売店とダイニングです。

食事を終えてから、売店によって、恵林寺に転がっているのを見た「かりん」が売っていたので、干し柿一パックと一緒に買いました。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、新日本三大夜景に選ばれたそうです。

もう少し暖かくなってからだと、いろいろ見たり、お花を買ったり出来たのに、ちょっと残念でした。

クリックすると元のサイズで表示します

暗く成らないうちに帰宅したいので、このまま東京に向かいました

クリックすると元のサイズで表示します

日が沈む所を写したかったのに、上手く写せなかった。

退院して初めての遠出だったけれど、無事に帰って来れました。

クリックすると元のサイズで表示します

2013/12/26

朝食からチェックアウト(12/26)  ■国内旅行記(山梨県)

目覚めて、身だしなみを整えようと思い、化粧ポーチを探しても、何処にも見当たらないのです・・・・

え〜嘘でしょう・・・・

仕方が無いので、バックに入れている簡単なコンパクトとリップだけで、化粧をして昨日の個室に向いました。

クリックすると元のサイズで表示します

「離れ」から、出るとロビーから見える池に向って、滝が流れています。

この滝に温泉を流しているから、この凍りつく寒さの中でも、錦鯉が優雅に泳いでいるんですね♪

クリックすると元のサイズで表示します

昨夜は真っ暗て、外の様子が分らなかったけれど、今日は外がこのように成っていたのに驚きました。

仲居さんに聞いて見ると、池に見えるのは、以前は温泉露天風呂として使っていたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

お花が飾ってあった所に、試着室のようにまるくカーテンが下がっていたのは、脱衣場を兼ねていたと言われ納得しました。

クリックすると元のサイズで表示します

山梨と言えば、ほうとううどん。

幅広いピラピラとしたうどんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

関東風の甘い玉子焼きは苦手ですが、此方のは出汁巻き玉子で、美味しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

山梨県の温泉宿には、巨大石が置いてる宿が多いです。

クリックすると元のサイズで表示します

デザートは、ヨーグルト。

クリックすると元のサイズで表示します

「離れ」の左側に滝があります。



クリックすると元のサイズで表示します

館内の一階の廊下は石張りでした。

でもあまり寒くは無かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

チックアウトして、ロビーから、庭園を眺めていました。

クリックすると元のサイズで表示します

サービスのコーヒーを頂きました♪

有料のお宿が多いですが。

クリックすると元のサイズで表示します

「宿を出てからの、予定は何も入っていないので、支配人さんこれからは、何処がお奨めでしょうか?」

クリックすると元のサイズで表示します

「「道の駅」はどうかしら?」と聞いてみたら、「近くの生協の方が、面白いですよ」と言われ、行って見ることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

「お二人で写しましょう」と言われ、ベストポイントで何枚か写して頂きました♪

クリックすると元のサイズで表示します

逆光で眩しくて、場所を変えて写して頂きました♪

クリックすると元のサイズで表示します

広い〜〜庭園には入れないそうで、全体を写す事が出来ませんでした・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

「座忘」とは、座して時を忘れる。

クリックすると元のサイズで表示します

山里の緑に囲まれた温泉宿は、3000坪の庭園に僅か10室。

今回も他のお客さんと、会うことは無くて、とてもゆっくり過す事が出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

此方は、道路ではなくて、旅館の敷地内なのです。

クリックすると元のサイズで表示します

2013/12/25

夕食(12/25)  ■国内旅行記(山梨県)

クリックすると元のサイズで表示します

夕食は、ちょっと遅めに予約したので、離れからお食事する別の個室に移動しました。

クリックすると元のサイズで表示します

食事しながらTVが見られるように置いてあり、冷えるのでひざ掛けも準備されていました♪

クリックすると元のサイズで表示します

・食前酒 

梅酒

・先附 

赤貝 帆立貝 湯葉 分葱 酢味噌

クリックすると元のサイズで表示します

・前菜 

牛タン 鶏百合根包み 甘鯛真丈照焼き 姫さざえ旨煮 唐墨大根 

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂上りなので、リップだけ付けています。

クリックすると元のサイズで表示します

「退院おめでとう♪ 乾杯♪」

クリックすると元のサイズで表示します

お花が活けて有りますが、そこを囲むようにカーテンが有るのが、何故?

あとで聞いてみましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

・吸物 

白菜すり流し 鱈真丈包み 芽葱 柚子

クリックすると元のサイズで表示します

この個室、洗面所もトイレ?も付いているので、不思議なお部屋です。

クリックすると元のサイズで表示します

・造里 

旬魚盛り合わせ

クリックすると元のサイズで表示します

きときとで、どれも美味しかった♪

クリックすると元のサイズで表示します

・焼き物 

甲州牛ヒレ照り焼き 

鯛柚香焼き はじかみ 香り大根漬け

クリックすると元のサイズで表示します

量的に、私には丁度良かったです♪

クリックすると元のサイズで表示します

・煮物

京海老芋含ませ 筍含ませ

高野豆腐 青味 梅人参 木の芽 

クリックすると元のサイズで表示します

・揚げ物

潮際河豚唐揚げ ししとう くずきり 酢立

クリックすると元のサイズで表示します

・酢の物

長芋素麺 津合蟹棒肉 菜の花 蟹酢ジュレ

クリックすると元のサイズで表示します

お献立を見ないで、箸を付けたので、見た目が素麺だったので、てっきり素麺だと思ったら食感が違う

仲居さんに聞いてみたら、何と長芋との事♪

どのようにして切るんでしょね????

クリックすると元のサイズで表示します

・食事

白飯 ちりめんじゃこ 赤出汁 香の物

クリックすると元のサイズで表示します

山梨県産武川米使用との事。

クリックすると元のサイズで表示します

「今日はクリスマスなので、料理長からクリスマスケーキのサービスです」と♪

ケーキも綺麗に頂けました♪

クリックすると元のサイズで表示します

・水菓子  

苺ムース ラ・フランス オレンジ 苺

クリックすると元のサイズで表示します

お料理は今までに無く、どれ一つとして残す事無く、美味しく頂けました。

一人分ずつのコンロを使う料理(好きではない)も無くて、良かったです♪

ご馳走様でした♪

部屋に戻り内風呂の、温泉掛け流し風呂に入って、お布団に入ろうとしたらビックリ

何と!アンカで無くて、「湯たんぽ」ですよ♪

クリックすると元のサイズで表示します

湯たんぽ大好きで、毎日愛用していますし、今日も持って来ているんです♪

こんな心づかいは、初めてでした♪

有り難うございます♪

ゆっくり熟睡できます♪

2013/12/25

お風呂(12/25)  ■国内旅行記(山梨県)

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋の内風呂は、温泉掛け流しなので、一日中何時でも適温で入浴が出来ました♪

クリックすると元のサイズで表示します

ずっと溢れているので、もったいないなぁと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

冷蔵庫の中には、飲み物が入っていました。

急須と湯のみは、一般的な物。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食前に大浴場に入ろうと部屋を出ると、至る所にお花がさり気なく飾って有りました♪

クリックすると元のサイズで表示します

足元には灯りも♪

クリックすると元のサイズで表示します

お花が飾ってあると、嬉しくてパチパチと写しはじめました。

クリックすると元のサイズで表示します

宿の係りの男性に、「至る所にお花が飾ってあり、心が和みますね。」と言うと、「お花の先生に、二日に一度活けに来て頂いているんです。」

クリックすると元のサイズで表示します

「庭に咲いている花をメインに、さり気なく。」

クリックすると元のサイズで表示します

写していたら、あまりにいろんな所に、活けて有るので、写しきれませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな所にも。

クリックすると元のサイズで表示します

↓この上には絵画も飾ってありました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こじんまりとした宿なのに、脱衣所が広い〜

クリックすると元のサイズで表示します

誰も、入っていないので、独り占め♪

クリックすると元のサイズで表示します

大浴場も広い〜

クリックすると元のサイズで表示します

地下960mより毎分377リットル・湧出温度43.4度・PH値9.6.

イオウの香りがする、少しぬめり感のある、お肌つるつるの「美肌の湯」でした

クリックすると元のサイズで表示します

大浴場から露天風呂の湯気が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂が、またまた広い〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

此方から源泉が湧き出しています。

クリックすると元のサイズで表示します

まだ明るい内に、入れてとても気持ちが良かったです♪

クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂から、大浴場を見ると、露天風呂の大きさが分ります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

右が女風呂・左が男風呂。

正面には、笛吹川のほとり地下960mから沸出する温泉水がサービス。

クリックすると元のサイズで表示します

湯上りの休憩室には、大型TVが。

クリックすると元のサイズで表示します

これから少し休憩して、夕食です。


2013/12/25

座忘のお部屋♪(12/25)  ■国内旅行記(山梨県)

今日のお宿は、夫が見つけた笛吹川温泉の座忘と言う、ちょっと変わった名前のお宿で、恵林寺から近いのです。

最近は小さなお宿が好みです。

なんと三千坪の庭園に、わずか10室の小規模なお宿です♪

車を玄関先に停めると、直ぐに黒いスーツの男性と着物姿の仲居さんが迎えてくれました♪

10室なので、此方から名前を言わなくても、「○○からお見えの○○様ですね♪」と迎えて頂きました♪

クリックすると元のサイズで表示します

直ぐにソファーの席に案内されて、お抹茶と上菓子が出て来ました。

ゆっくりと味わってから、此処でチェックインをしました。

クリックすると元のサイズで表示します

座っているガラス越しから、鴨や錦鯉が泳いで居るのが見えたので、「今、恵林寺に寄って来たのですが、池が凍り付いていたのに、此処は凍っていないですね?」と聞いてみたら、「温泉を池にも流しているから、凍らないんですよ」との事でした。

池に流すほどに、湯量が多いのですね。

クリックすると元のサイズで表示します

今日泊るお部屋は離れなので、本館のドアお開けて、一旦外に出て、石段を上って玄関の引き戸を開けて、中に入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

玄関を開けると、4畳半の次の間が有りました。

クリックすると元のサイズで表示します

姿見が置いてあり、身支度に重宝です。

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋は12.5畳の広さで、テーブルの上にバインダーとか広告とか、色々置いてある宿が多いけれど、一切置いてなかったのは、とても嬉しいです。

置いてあった時には、それを片付けて写していました・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

床の間にお花が、さり気なく活けて有りました♪

クリックすると元のサイズで表示します

活けてない所の方が多い〜〜

生花が活けて有るとほっとします♪

たった一輪でも♪

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋に通されてから、最初に目に入ったのは、ピンクの籠にアレンジしてある、お花でした♪

クリックすると元のサイズで表示します

今回の旅は、夫の退院祝いと言う事を、宿に伝えました。

記念日と言うコースだったので。

クリックすると元のサイズで表示します

思ったよりも豪華だったので、ビックリしましたが、とても嬉しかったです♪

クリックすると元のサイズで表示します

お花と一緒に、それぞれが記念撮影しました。

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋の備品は、浴衣・丹前・寝巻き・タビックス・タオル・可愛い巾着がタンスの中に備えてありました。

クリックすると元のサイズで表示します

離れなので、お庭に囲まれて、とても静かです♪

クリックすると元のサイズで表示します


2013/12/25

恵林寺(12/25)  ■国内旅行記(山梨県)

恵林寺に行って見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

以前に行ったかな?行かなかったかな?と言う感じで、来て見ました♪

乾徳山・恵林寺。

戦国武将の武田信玄の菩提寺です。

クリックすると元のサイズで表示します

先日、神楽坂の毘沙門天に行った時に、Kさんが、御朱印を頂いて居たのを思い出して、初めて御朱印帳を頂きました。

何種類かあった中から、紅葉柄の物を頂きました。

これから沢山頂いて行こう思います。

クリックすると元のサイズで表示します

中は、私達二人しか見学をする人が居なくて、静まり返って、寒かった。。。

中から正門を望む。

クリックすると元のサイズで表示します

反対側は、中庭を望みます。

雪が積っている様に見えますが、積っていません。

クリックすると元のサイズで表示します

お庭は美しい白砂空間と、砂紋が印象的な清楚な枯山水でした。

クリックすると元のサイズで表示します

渡り廊下の先には、うぐいす廊下が。

クリックすると元のサイズで表示します

ピカピカに磨き上げられた廊下に一歩足を踏み入れると、綺麗な声で、鶯が啼いているみたいでした。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらのうぐいす廊下が、他に比べて一番美しい音色だと思いました♪

クリックすると元のサイズで表示します

うぐいす廊下を抜けて外に出ると、武田信玄公の墓所があります。

此処に来て、以前にやはり来た事が有ったと、確認出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

53歳で、病死だったのです。

クリックすると元のサイズで表示します

信玄公のお墓の後には、武田家臣の供養塔が約70基並んでいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

恵林寺庭園は、国指定名勝で、本堂の裏側に有りました。

上段には枯山水で、下段には心字池を雄大な規模を誇る名園です。

クリックすると元のサイズで表示します

ここの池が凍っているんです。

それくらい寒かったです。

鯉たちは、身じろぎもしないで居ました。

クリックすると元のサイズで表示します

帰り際、黄色い大きな「かりん」が何個も落ちていました。

クリックすると元のサイズで表示します

車に向かう時に、信玄公宝物館が有ったので、入る事にしました。(私は入りたくなかった・・・)

此処も、誰も見学者は居なくて、寒い〜〜〜

石油ストーブが入口近くに有ったので、私は、一階をさ〜と見て、ストーブの傍に居ました。

それでも寒かった・・・・

夫はゆっくりと二階まで見学していました。

錦絵「川中島合戦図」・扇面図絵・兜・武田軍旗「孫子の旗」・青銅製釈迦尊座像等を展示。

2013/12/25

退院祝い旅行(12/25)  ■国内旅行記(山梨県)

クリックすると元のサイズで表示します

退院して、体調も良くなって来たので、「どこか温泉温泉に行って、ゆっくりしたいね」と夫が言うので、何処か近くで探さなくちゃと思っていたら、夫が見つけてくれました♪

クリックすると元のサイズで表示します

早速ネットで予約するのは、私の役目です。

今回初めてwifi専用のipadを持って行く事にしました。

iphone5sを、購入したので、何処でも繋がるのです♪

クリックすると元のサイズで表示します

朝はゆっくりと起きてかから、準備して朝食を済ませてから出発しました。

クリックすると元のサイズで表示します

途中、談合坂サービスエリアで丁度お昼になったので、何か食べようかと思ったけれど、食べたい物が無く、そのまま目的地の方に車を走らせました。

クリックすると元のサイズで表示します

車中でipadで、食事処を探したけれど、「甲州ほうとう」ばかりがヒットするので。。。。。

ほうとうは、当分食べたくないし。と思って検索していたら、ミスマッチ?の「甲州ほうとう」と「甲州牛の焼肉」を食べさせてくれるお店がヒットして、此方に行く事にしました♪

クリックすると元のサイズで表示します

モダンな建物が又ミスマッチ??

お手頃価格の焼肉♪

クリックすると元のサイズで表示します

お肉柔らかい〜〜

万能焼肉のタレが、美味しいので、タレだけ売っていました。

勿論購入♪

クリックすると元のサイズで表示します

お腹をすかして、ここまで来て、良かった良かった。

クリックすると元のサイズで表示します

お店の入口に、枯露柿が置いてあったので、「この辺で枯露柿を売っている所を、知りませんか?」

「直ぐそこに、吊るしている所が有るから、行って見なさい♪」

クリックすると元のサイズで表示します

「○○○で紹介されたと言うと、おまけして貰えるわよ♪」と。

クリックすると元のサイズで表示します

早速尋ねて、吊るしている所を見る事が出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

枯露柿の里・岩波農園の柿のすだれ
↑実際はこのようでした♪

こちらの方が素晴らしい〜〜

私の写した物は、実際見たものの、足元にも及びませんでした・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

干柿好きの私は、母屋から吊るされた干し柿を見て、奇声をあげどうしでした。

クリックすると元のサイズで表示します

夫に写して写してと言って、背に沢山の干し柿と一緒に写して貰いました♪

クリックすると元のサイズで表示します

母屋の前には、平干して有りました。

「雨が降ってきたら如何するんですか?」と聞いてみたら、一斉に全員で屋内に入れるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

一個が百匁も有る柿なので、百匁柿と言う、大きな渋柿を、一個ずつ手で剥いて、吊るすそうです♪

大きな大きな、柔らかいあんぽ柿を頂きました♪(もっともっと干すと枯露柿に成るそうです。)

クリックすると元のサイズで表示します

贈答品の枯露柿は高級なので、ビニールパックに入っている枯露柿を、5パック頂きました。

こちらの干し柿は全て、ここで売れてしまうそうで、驚きました。

クリックすると元のサイズで表示します

この付近は、枯露柿を作っている所が多いので、いろいろ作っている所を散策できるようです♪

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ