2010/10/18

済州島の食事はどれも美味しかった♪(10/2)  ◆海外旅行記(韓国)

あかすりエステが終わった頃には、お腹がペコペコに成ったので、ランチの場所を探そうと車の中から探していたら、「鮑のお粥」のお店を発見♪

でもヤンさんが紹介してくれるお店に、運転手さんが連れて行ってくれた。
ご夫妻はそこに決めたようでしたが、何となくエステの事もあったので、さっき見つけたお店に、行って見ることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

ご夫婦で遣っているようで、日本語でもOKでした。

「とこぶし焼き」を注文♪
左下のタレを付けて食べました。
貝類大好きで、ムシャムシャこんなに沢山食べられてし・あ・わ・せ♪

クリックすると元のサイズで表示します

鮑のお粥は、肝も一緒に煮込んであるのか?ちょっと茶色がかっています。
とろっとして、コクが有って、鮑が中にも沢山入っていて、満足・満足♪

このお店に決めて良かったわぁ。

クリックすると元のサイズで表示します

徒歩で新羅免税店まで行って、最後のお買い物。

最後に買ったのは、ビトンの財布♪
モノグラムの横長の財布だけれど、中を開けると赤い皮。
ボタンも赤。

円高で国内より一万円強もお得♪(国内で確認♪)

クリックすると元のサイズで表示します

ミイシャの製品に、ビョンホンの写真が♪
BBクリームお買い上げ。

3時半に全員揃って、6時10分の飛行機で帰国なのに、叉、お土産屋さんに連れて行かれる・・・

車から降りたくなかったけれど、さっと見て、直ぐに車に戻る♪
皆さん、やっぱりお買い物。

空港まで15分。
空港で夫の土産にタバコを・・・・
値上がりしたばかりなので、1カートン1500円はお得。

クリックすると元のサイズで表示します

ヤンさんには色々教えて貰いとても楽しい旅が出来ました。

サウナの「チムジルパン」の時に、頭に被っているタオルの、両耳の上を丸くタオルを作る遣り方を教えて貰い、今まで分らなかったのがすっきり♪

「イサン」の血縁関係も分らなかったのが、教えて貰いすっきり。

「アイリス」の最後のホテルが何処かも♪

ハンさん今日のお仕事が此れでお仕舞いなので、ご主人がお迎えに♪
ご主人に写して頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

済州島は女性の方が働き者で、男性はぶらぶら???
夜しか役に立たないのよ・・・と笑っていました。

とても素敵なご主人でした。

クリックすると元のサイズで表示します

一時間以上も前に、ゲートに着きました。

クリックすると元のサイズで表示します

機内食は、韓国海苔巻き、お稲荷さん。
卵に穴子が二切れ入った御飯。
オレンジジュースとお煎餅。

今回の旅行では、アルコールは一滴も飲みませんでした♪

クリックすると元のサイズで表示します

機内でもアルコールは以前の様に、大判振る舞いでは有りませんでした。
言わないと出さない?

思った以上に済州島でのお食事は美味しかったです。
叉行って見たい、近い国です。

2010/10/17

最終日はフリー(11/2)  ◆海外旅行記(韓国)

二泊三日の済州島の旅も、今日が最終日。

今日はゆっくりで良いのに、早くに目覚めて仕舞いました。

クリックすると元のサイズで表示します

向うから大きな太陽が、顔を見せてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

少しずつ太陽が昇っていってます。

朝食は、昨夜帰えって来た時に、ロビーの所のショップで美味しそうなパンが売っていたので、それぞれ好きなパンを買って、私達の部屋でとりました。

コーヒーに紅茶もあるし、持参してきたスープもあるので、部屋でそのままお喋りをしながら、ゆっくりしました。

今日のフリーはオプションがあるのですが、一組のご夫婦はチャングムのロケ地見学と、観光を申し込まれた。

あと一組のご夫婦は垢すりのフルコースを申し込まれた。

ホテルでゆっくり過ごそうと思ったのですが、チェックアウトもあるし、垢すりは韓国に来ると必ずやって居るので、遣りたかったので、そちらの方に参加する事にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

その旨を伝えると、スーツケースは観光の組の、今まで乗っていた車に、乗せてくれて、私達は料金の12000円をヤンさんに支払って、垢すりのお店の人が迎えに来てくれるので、そのまま待ちました。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと時間が有ったので、表に出てホテルの外観を写して見ました。
敷地内に横断歩道もあり、噴水や、花壇がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

正面玄関の右横には、カジノが、外からも入れるように成っておりました。

クリックすると元のサイズで表示します

中からの入口には、大きな手で、カードを握っており、ちょっと中に入ってみると、直ぐに、受付の方から、遣るのかと、問われました。

やはり何となく、日本には無い娯楽?なので、緊張して、直ぐに出てきました。

クリックすると元のサイズで表示します

お店の車が迎えに来てくれたので、お店まで1時間掛かるのに、送迎は無料♪(四人だったら)

お店は新羅免税店近くの、ビルの中にありました。
ビル丸ごと、垢すりエステでした。

ソウルで遣っていたのは、日本人観光客向けの、こじんまりとした所でしたから、あまりの大きな施設でビックリしました。

1.サウナ入場料 +あかすり+アロエパック+どるパック+ 顔マッサージ
+パック
2. よもぎ座浴
3. 全身マッサージ(50分)
₩ 100,000원 -> ₩ 80,000 (¥ 6,700)


↑ネットで予約したらなんと半額ではないですか・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ロッカーで着替えて、女性が四人だったので、二人ずつに分かれて、私は、最初は全身マッサージから始まりました。
たっぷり時間を掛けて、念入りにマッサージをして貰いました。
とても気持ちが良かったです。

次ぎに、お風呂に入りましたが、湯船が幾つか有って、観光客向けではなくて、現地の方の方が多かったです。

その後に、垢すりですが、日本語が堪能な女性が、色々話してくれました。
日本でも働いていたようです。

此処でヤクルトを出して来たので、聞いてみたら、此れでマッサージをするのだそうです。
喉が渇いたから、飲ませてくれるのかと思いました。
乳酸菌がお肌に良いそうです。

胡瓜パックやオイルマッサージ等、至極の時間でした。
次は初体験なのですが、よもぎ蒸しをしました。
ほんわか温かくて、気持ちよかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

そのあと、ハンジュン幕をしましたが、友人はちょっと怖いと言う事でパス。
閉所恐怖症の方は、駄目だと思います。
もしもドアが開かなかったら、どうなるだろうと考えたら怖いです。

短時間で汗がだらだら。
この次が、冷蔵庫のような、パイプが冷気で凍っている部屋に入って、急激に冷やしました。
水風呂よりも気持ちよいですね。

これでフルコースはおしまいです。
売店で売っているゆで卵を買って、食べました。
こちらのお店は食事が付かないんですね。

今までのお店は全て、食事が付いていたんですが・・・(その分お安いのかしら?)
終わってから綺麗に化粧をして、髪も乾かして、今日のあかすりエステはおわりです。

クリックすると元のサイズで表示します

預けた荷物を受け取る時に、料金表が置いてあり、私達は割高の料金だった事が分りました。

クリックすると元のサイズで表示します

ロッテ火釜サウナの前で。

2010/10/16

夕食は海鮮鍋♪(10/1)  ◆海外旅行記(韓国)

ホテルに戻るバスの中で、ハンさんが、今晩の夕食は、このツアーには付いておりません。

美味しい「海鮮鍋」のお店を紹介しますが、どうしますか?と聞かれたので、一食位はホテルで食べても良いと思っていたけれど、「美味しい海鮮鍋」に引かれて、連れて行って貰う事にしました♪

クリックすると元のサイズで表示します

着いて見れば、朝食を食べた同じ建物でした。
朝食は一階で、夕食は地下でした。

クリックすると元のサイズで表示します

海鮮と言う事で、大きな水槽にお魚がうようよしていました。
他にも水槽が沢山有りました。

期待が膨らみます。

クリックすると元のサイズで表示します

ヤンさんが、「海鮮鍋と、ちぢみでセットにします」と言われたので、昨日ちぢみを食べたので、冷麺にして貰いました。

クリックすると元のサイズで表示します

今晩のおかずは五品でした。
処がなんとうどんが出てきました・・・
御飯もあるのに・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

くつくつと鍋が煮えてきました。
画像では分り難いのですが、海老や蟹、帆立貝、とこぶし(ヤンさんは、あわびです。
済州島では、アワビが大きくなる前に採って仕舞うので、大きくなれないんですよ・・・と冗談を言っていますが)ムール貝に似ているもっともっと大きな貝とか、巻貝。

クリックすると元のサイズで表示します

焼肉と同じく、鋏で切り分けて行きます。
貝類は完全に煮えないと、貝から身が離れない。

クリックすると元のサイズで表示します

大きな鍋で、お腹いっぱい頂きました♪
魚介類の良い出汁がでて、スープの美味しい事。

うどんも入れて、三人で綺麗に食べました。が、御飯も食べていたので、冷麺も食べられないわ〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

お隣のご夫妻は、ちぢみが大好きなのでと、ちぢみを頂いてました。
冷麺のスープも美味しかったのですが、半分以上残ってしまいました・・・


三年前に娘と食べた海鮮鍋は、辛い味付けでした。
こちらも、とても美味しかったです。

この時は、ウォンのレートがとても悪く、今回の約倍ほどでした・・・・・



2010/10/15

ロッテホテル(10/1)  ◆海外旅行記(韓国)

今日は、此れで観光はお仕舞いなのですが、皆さんロッテ免税店に行きたいので、「歩いて行けますか?」「タクシーで行けますか?」とハンさんに尋ねたら、ホテルに戻る前に、この車で連れて行ってくれると言う事になり、そのままロッテホテルに向かいました♪

初日にお土産屋さんと、新羅免税店に行っただけで、物足りないので。

クリックすると元のサイズで表示します

ロッテホテルのロビーから望遠で写しました♪

分る人は分る、ビョンホンの「オールイン」の撮影場所です♪
使われていた風車ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

まるでテーマーパークを思わせる庭です。

ユニバーサルスタジオが手掛けたウォータースクリーンが中庭にあり、毎晩ショーが楽しめるそうです。
上の方に見えるホテルが、私達が泊まっている新羅ホテルです♪

クリックすると元のサイズで表示します

駐車場の様に見えるのは、テーブルと椅子です。
奥に見えるのが、一枚目の風車です。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルのロビーです。
此処で和服姿の数人を見かけました♪
着付けの先生?かと思うほどに、完璧な着付けの方でした。

クリックすると元のサイズで表示します

この室内にある噴水を支えているのが、大王四神紀に出てくる、四神だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

ランの花が見事だったので♪

免税店では、買いそびれてしまった、韓国海苔と、小さな巾着を五個買いました。

時間が残っていたので、カジノを見学♪
ドキドキして、体験もして来ました。
キャッシャーの所で、コインに両替をするのかと思ったら、札がそのまま使えると言う事で、スロットマシーンに10000ウォン札を入れて、一度廻してみました。

外れたら、お釣りがコインでジャラジャと出て来て、残りのコインで、遊びましたが、全て外れました・・・・

ルーレットは怖いので、ちょっと眺めてバスに戻りました。

ここのカジノで「オールイン」の撮影をしたそうです♪


2010/10/14

大王四神紀のロケ地(10/1)  ◆海外旅行記(韓国)

「大王四神紀」のロケ地を訪問です♪

済州 パークサザーランドにあります。

済州道妙山峰 (ミョサンボン) 観光地区内にある2万坪の敷地に、130億ウォンの製作費をかけた大規模な撮影場です。

ここは『太王四神記』の主なロケ地です。

夫婦で見ていたのですが、難しくて良く分らない所が多いドラマでした。

韓国では、凄い視聴率だったそうですが、日本では私の様に感じた人が多かったのでは?

クリックすると元のサイズで表示します

現在は観光客向けに、大きな大王四神紀の看板が掛けてありました。
左の出入り口から馬に乗って戦いに行ったりしていました。

よく見てみると石を組んであるように見える所が、発泡スチロールで出来ているところもありました・・・

クリックすると元のサイズで表示します

こちらの通りは、客棧 (お酒と食べ物を売る昔風の食堂) 商店街と市場、一般住宅や、鍛冶屋、舟の中とか、で構成されています。

その中でも、高句麗がどれほど好況を成し遂げたのか垣間見ることができる市場が、見所です。

TVで見た所が、思ったよりも、小さく作られていた。(TVの画面ではもっと広いところかと思っていた)

クリックすると元のサイズで表示します

至る所に、撮影風景が、大きなパネルにして飾ってありました。

クリックすると元のサイズで表示します

高句麗最高の貴族である、ヨン家の邸宅は特に見応えあります。

ヨン家の邸宅(王様の兵士の数よりも、ヨン家の兵士の数の方が多い位に、権力がある)

中ではビデオで説明をしていました。

クリックすると元のサイズで表示します

王宮に入ってくる入口から、王宮に向かっています。
本物かと見紛う程に、立派な建物です。

クリックすると元のサイズで表示します

王座の前です。
此処での場面が良く出て来ていた。
王様と権力者が集まって、議論したり、タムドクを後の王に任命したり。

現在、外部のセットは公開しており、内部のセットは一般公開されておりません。

クリックすると元のサイズで表示します

タムドク(ペ・ヨンジュン氏)が着ていた衣服が、マネキンに着せて展示。
他にも色々と。

クリックすると元のサイズで表示します

日本に帰ってきてから、もう一度DVDを見て見ましたら、難しくて分り難かった所も、二度目なので、良く分り、ロケ地を見て来たので、なお更、良く分り、親しみが沸いてきました♪

クリックすると元のサイズで表示します

国内城大田 (テジョン) は、もう本物の王宮では?と思うほどに、立派に造ってありました。

王様が職務を見る所と寝室等があります。

クリックすると元のサイズで表示します

出口の処に、大きな垂幕で、全体の風景を説明されて居ました。

売店もあり、撮影で使っていたような赤いペンダントが等、色んなアクセサリや小物を売っていました。
店員さんは日本人も人も居ました。
それくらい日本からの観光客が多いのでしょね。
平日だったので、観光客は少なかったです。

2010/10/13

城山日出峰(10/1)  ◆海外旅行記(韓国)

自然と伝統に満ちた島、済州島。
かっては独立国で、本土とは、全く違った文化や風習を持っている。
漢撃山の噴火に寄って形成された、景観美や青い海を存分に堪能できる島です。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の昼食は、石焼ビビンバです。

おかずは四品と、わかめの味噌汁です。

クリックすると元のサイズで表示します

量が少ないと思ったけれど、食べてみたら丁度良かった。
真上から見ると多く見えるけれど。。。

クリックすると元のサイズで表示します

スプーンでしっかりと底からひっくり返すように混ぜる・混ぜる・混ぜる。

側面に張り付ける様にすると、おこげが食べられる。

以前娘とソウルに行った時に、石焼のセラミックの鍋を買って来たので、一人で昼食を食べる時に、冷蔵庫の整理を兼ねて、よく作って食べます。
コチジャンとキムチは必須。

ツァーでの食事は、此処まででお仕舞いです。

クリックすると元のサイズで表示します

これから、日の出の名所になっている城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)に向かっています。

クリックすると元のサイズで表示します

到着したら、ハンさんが「これから20分歩いていただきます♪」と言われ、「え〜〜 20分も」と思いましたが、一人で待っている訳にも行かず、一緒に歩く事にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

目の前を修道女?さんたちも歩いているので、後から一緒に歩きました。

クリックすると元のサイズで表示します

振り返ると海や山が見えて、緩やかな登り坂です。

クリックすると元のサイズで表示します

此処は放牧地にも成っているようです。
広々として、気持ち良いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

緩やかな傾斜だけれど、歩道は石畳で、歩き難くて、両脇の側溝の中を少しずつ歩きました。

クリックすると元のサイズで表示します

此処は済州島の東端にある、海に突き出た寄生火山です。
一見普通の岬のようですが、海中に出来たハルラ山の噴火口から出た溶岩が押し上げられ、そのまま固まった、正真正銘の火山です。

クリックすると元のサイズで表示します

海抜180mの山頂から望む日の出は素晴らしく、昔から景勝地として誉れが高いそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

振り返った海の中に見える道は、「♪海が割れるのよ〜〜♪」の演歌で歌われる所ではないですが、この様に見えるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

周囲は1.5kmあり、頂上へは、階段を登って30分も掛かるので、今回は此処までおしまいです♪
↓後に見えるのが頂上です。

クリックすると元のサイズで表示します

縁が、のこぎりの歯の様にギザギザに切り立っていて、その景観から「城山」名付けられているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでもハンさんの希望で、「バンザーイ!」と叫んでいますが、普段そんなことしないので、思いっきり声を張り上げてみるのも、とても気持ちの良い物でした♪

クリックすると元のサイズで表示します

春になると、この辺は菜の花が一面に咲き乱れて、その時期に訪れる人は、ちょっと得した気分に成れるのでは。

クリックすると元のサイズで表示します

お天気に恵まれて、本当に良い、ハイキングになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

帰りは、手すりに伝って降りてゆきます。

クリックすると元のサイズで表示します

下に見える建物まで、下りて行った人もいましたが、のぼりが大変で、見るだけにしました。
新鮮な魚介類を食べさせてくれる所のようです?

クリックすると元のサイズで表示します

ゆっくり景色を堪能しながら、写真を写して降りて行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

歩きたくなかったけれど、歩いて行って、美しい海と景色を見る事が出来て、行ってよかったと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

碑まで下りて来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

後は、バス停まで戻るのですが、麓にはお土産やさんが、沢山有ったので、民族村で買わなかった、「五味茶」を買いました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します←トルハルバンの容器に入った、五味茶

感じは蜂蜜のように見えるが、舐めてみると甘い・酸っぱい・辛い・しょっぱい・苦いの五つの味を持っている事から名づけられお茶です。

2010/10/12

城邑民俗村(10/1)  ◆海外旅行記(韓国)

済州島東部は、漢撃山の噴火に寄って、出来た景勝地です。
済州島の昔ながらの生活を伝える二つの民族村が、主な見所です。

海岸沿いには美しいビーチが点在しており、映画やドラマのロケ地にも成っています。

最近のドラマの「アイリス」のホテルは、此処です。
ビョンホンが最後に撃たれる所も、此処のビーチだと思います。

此処は二つ有る民族村の一つで「城邑民俗村」(ソンウブ・ミンソクチョン)と言います。
韓国の民俗資料保護区域に指定されている村です。

此処からは、此処に住んでいる方(外から嫁に来た方)が、柿渋の上下を来て、面白可笑しく説明をしていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

伝統的な家屋に、今も村人達が実際に生活しています。
一部の家が観光用に公開しています。
民家や道具、などを見る事が出来ます。

家の入口には、3本の丸太が上下に横に渡してあり、1本だけ外れていたら、ちょっと留守にしています。
二本が外れていたら、2.3時間留守にします。
三本はずれていたら一日中留守にしますという合図だそうです

「そんな事をしたら、泥棒さんに留守だと教えている物ではないの?」と尋ねたら、「済州島は三無島と言って、盗人・乞食・家の門が無いだそうです。」と言われました。

クリックすると元のサイズで表示します

この萱葺きの中から、冬虫夏草が採れるそうです。

穀物を脱穀する石臼は、真ん中の穴に1本の棒が渡されて、その棒の両端に雄雌の馬を繋いで、牡馬は牝馬を追いかけて、ずっとぐるぐる回る仕掛けだそうです。

水を得るための、藁を太く三つ編にして出来た取水装置が、樹木に取り付けてあって、瓶に水を貯めています。
昔の人の知恵には感心しました。

クリックすると元のサイズで表示します

此れは何だと思いますか??
昔は此処がトイレだったそうです。
下の長い灰色のぶつぶつの石と、向うのねずみ色の固そうな石を跨いで、用をたすそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

下には黒豚を飼っていて、人の排泄物を好んで食べていたそうです。
現代は使っていないそうですが、お嫁に来た時は、出るものも出なかったそうです・・・

クリックすると元のサイズで表示します

立掛けてある棒は、黒豚が間違って人間を食べるといけないので、黒豚を避けるために棒を使うそうです。

その様子を想像しただけで、笑えちゃいますが、排泄物を豚が食べて、その豚を人間が食べて、とグルグル廻っているのです。

クリックすると元のサイズで表示します

今は観光客に見せるために、残しているトイレです。
黒豚君はとても愛嬌のある顔をしていました♪

クリックすると元のサイズで表示します

此処にもありましたトルハルバン

微笑を誘う島の守護神は「石のおじさん」
島内を廻っていると、所々にユーモラスな顔をした石像が立っています。

ぶつぶつと穴の開いた火山石で作られています。
疫病神から身を守り、子宝を授ける力があるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

何時頃、何の為に作られたかは分らないそうです。
昔から有る物は少なくて、文化財クラスは全島でも45基と言う事です。

2010/10/11

正房瀑布(10/1)  ◆海外旅行記(韓国)

済州島の南に位置する、西帰浦(ソギホ)はリゾートタウンです。
夜には、沖合いにでるイカ釣りの漁船の集魚灯が、旅の風情を醸し出します。

ホテルのテラスからも良く見えました。

観光施設は市街地にあり、南部の此処は、観光の拠点に成っています。

最近は映画やドラマのロケ地など、新名所も増えています。

クリックすると元のサイズで表示します

展望台の所から、下に下にと降りてゆくと、ゴーと凄い唸りが聞こえてくる。

遠くに瀑布が見えてきました。
下のほうには、虹が出来ていました♪

クリックすると元のサイズで表示します

海女さん達が、テントの下で、休憩している処が、見られました。
済州島の海女さん達は、一番若い人が55歳と聞いて驚きました。
一番年長者は80歳代だとか

クリックすると元のサイズで表示します

正房瀑布(チョンバンポッポ)は、海へ向かって落ちる珍しい滝です。

西帰浦の海岸沿いにある、漢撃山からの清流が、高さ23mの断崖絶壁から海に向かって直接流れ落ちる。

一番下まで降りてゆくと、水しぶきが当たるほどの勢いです。

クリックすると元のサイズで表示します

少し離れた所で、三人で写していただきました♪

クリックすると元のサイズで表示します

目の前はこのような海です。

クリックすると元のサイズで表示します

海が滝壺に成っている訳で、このような滝は、世界でも珍しいそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

凄い音を立てて凄まじい水しぶきを上げながら、三筋に分かれて、落ちる滝の様子は、崖の上からは勿論、海からも眺める事が出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

この付近では、海女さんが、漁をしており、海辺にある食堂では、採れた手のサザエやアワビを食べる事が出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

一人で写していただいて、もう一度降りてきた所から上に上に登って帰ります。

展望台で、ちょっと一休みです。

これから叉登ります。

クリックすると元のサイズで表示します

2010/10/10

朝食から薬泉寺(10/1)  ◆海外旅行記(韓国)

四方を海に囲まれた済州島は、魚介類が美味しい〜〜♪
カルッチ(太刀魚)やオットム(甘鯛)は、焼いても刺身にしても美味しい。

クリックすると元のサイズで表示します

今朝行ったレストランは、ホテルから車で10分ほどの所です。

早かったので、お客さんはまばらでした。

クリックすると元のサイズで表示します

おかずは四品(お替り自由)

お店に寄っておかずは違うけれど、キムチは何処のお店でも出ます。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食は「うにわかめスープ定食」です。

とれたてのわかめに、生うにがたっぷりと、浅利が入っていました。

サッパリとしているのに、雲丹が濃厚で、とても磯の香りたっぷりで美味しい。

韓国は、御飯と汁物をスプーンで、おかずを銀のお箸で頂きます。

スプーンの御飯を、スープに浸して、食べるとこれまた食べ易くて美味しいのです。

クリックすると元のサイズで表示します

お腹いっぱいに成ったら、これから一日の観光の始まりです。

昨日、お土産やさんと、免税店に行ったので、今日は買い物はしません。
昨日買って置いてよかった。

最初に向かったのは、薬泉寺(ヤクチョンサ)

正面に車を止めると、沢山の階段を登ってこないと成らないので、横の上の方に駐車して、横から楽に、お寺の前に来ました♪

済州島の新しい観光名所として、最近注目を浴びている薬泉寺です。

クリックすると元のサイズで表示します

李朝初期の仏教建築様式で建てられた大寂光殿(テジョックァンジョン)は、高さ30m(8〜10階建てのビルの高さ)単一寺院としては東洋一と言われています。

法堂(ポッタン)には、仏像1万8千躯が、奉られています。
黄金に輝いて、目も眩むようでした。
私達もお願いすれば祀って頂けるとか言われました?

法堂の正面には、国内最大の高さ5mの大仏様が、4mの台座の上に安置されており、あまりの大きさに、驚きました。

クリックすると元のサイズで表示します

大寂光殿の前は、広くて両方に、この太鼓?鏡?が設えておりました。

クリックすると元のサイズで表示します

至る所に、小さな白い象が、置かれていました。

韓国の宮殿や寺院の色鮮やかな事。
きちっと塗り替えられているんでしょね。

クリックすると元のサイズで表示します

韓国の宮殿や寺院は、全部、青、赤、黄、白、黒の五つの色を使った模様で、装飾されているそうです。

それぞれの色には意味があると聞いたのですが・・・海とか太陽とか・・・

クリックすると元のサイズで表示します

これから生房瀑布に向かいます♪

2010/10/9

新羅ホテル内外散策♪(10/1  ◆海外旅行記(韓国)

早朝、部屋から、日の出を見る♪

クリックすると元のサイズで表示します

朝早く起きて、こんなに美しい朝日を見る事が出来て、良かった。

クリックすると元のサイズで表示します

テラスから見える、綺麗に手入れされた庭園。

クリックすると元のサイズで表示します

テラスから真っ青な空と、海も見えます♪

クリックすると元のサイズで表示します

エレベーターで降りてきた所の、ロビー近くの絵画の前で。

今朝は八時にホテル前に集合なので、その前に、庭園散策をします。

クリックすると元のサイズで表示します

三人揃ってハイポーズ♪

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと休める、室内とは思えないラウンジ。

クリックすると元のサイズで表示します

回転ドアから、ちょっと外に。

長身のイケメンのベルボーイさんにを頼む。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテル内に戻って、庭を望む。

まるで南国のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

豪華なデンファレ。

クリックすると元のサイズで表示します

大庭園に出て散策。

クリックすると元のサイズで表示します

真っ青な空に椰子の、木が南国ムード満載。

クリックすると元のサイズで表示します

川が流れていて、なんと鯉が泳いでいます。
吊橋の上から。
小便小僧に鯉???

クリックすると元のサイズで表示します

まるでゴルフ場の様に、手入れされた芝?

クリックすると元のサイズで表示します

羊像が両脇にある、小道。

クリックすると元のサイズで表示します

さっき出てきた、ホテル。

クリックすると元のサイズで表示します

記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなにホテルから離れても、此処はホテルの庭園です。

クリックすると元のサイズで表示します

目の前は海・海・海です。

クリックすると元のサイズで表示します

湾に太陽があたって眩しい〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

海を眺める見晴らしの場所です。

クリックすると元のサイズで表示します

そろそろ、集合時間が近づいて来たので、急いで今歩いて来た所を戻ります。
まだまだ庭園は広かった。

2010/10/8

新羅ホテルに宿泊♪(9/30)  ◆海外旅行記(韓国)

済州島の宿泊施設は、済州と西帰浦に集中しています。

済州は新市街地の新済州にさまざまなランクのホテルがあり、旧市街地には伝統ある老舗ホテルや旅館が多い。

西帰浦は、市街地に観光ホテル、郊外には高級ホテルが点在します。

中文観光団地は滞在型の高級リゾートホテルが多い。

クリックすると元のサイズで表示します

私達が宿泊したのは、中文観光団地にある、済州新羅。

客室はフランス製のインテリアで統一され、明るい雰囲気です♪

クリックすると元のサイズで表示します

ベットの上にあるのは、ウエルカムのお菓子。

済州島名産のみかんの輪切りを、乾燥させたもの。
フリーズドライなので、まるで、そのままに見える。
とても美味しかった。

余りに珍しくて美味しかったので、その後色々探したのですが、売っていなかった。
新羅ホテルオリジナル見たいでした。

クリックすると元のサイズで表示します

鏡の前のテーブルは、画像よりももう少し大きい。
最後の日の朝食は、此処で頂きました♪

TVはBSで日本の放送が、ずっと流れていました。

クリックすると元のサイズで表示します

洗面所は、たっぷりとしたバスタブ。

クリックすると元のサイズで表示します

初めて韓国に来た10数年前から、歯ブラシは有料でした。

ウォシュレット付きのトイレ。(日本では普通ですが・・・)

クリックすると元のサイズで表示します

シャワールーム付き。
バスローブも付いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

洗面所に置かれているのが、アヴェダ(AVEDA)のシャンプー&リンス+ボディケア用品です。

クリックすると元のサイズで表示します

世界中に持つ契約農場で栽培されたオーガニックフラワー・オーガニックプラントの成分をふんだんに使用して作られる、肌にも環境にも優しいアヴェダ/AVEDAのシャンプー。HPより

使ってみたら、髪がさらさらのつるつるに成りました♪
勿論残りはお持ち帰りしました♪

クリックすると元のサイズで表示します


部屋のテラスから庭を写す。
フラッシュを焚いたら、赤く見える石は、ハルラサンで見たのと同じ物。

クリックすると元のサイズで表示します

フラッシュ無しだと、遠くの明かりが美しく見えます。

明日は早起きして、お散歩をしましょう。


実は、お土産さんで買った、パックがソックリ部屋に無い・・・
若しかしてバスの中に忘れてきたのかも?
でも、降り掛けに、ヤンさんが、「サングラスの忘れ物は誰のですか?」と聞いていたから、やはりお店に忘れて来たのかもと?心配になり、携帯に掛けて見た。

直ぐに出てくれて、「バスの中に置き忘れてありました」とのこと♪
電話して見て良かった♪
遅くにお騒がせしてしまった・・・


2010/10/7

夕食は常春で焼肉♪(9/30)  ◆海外旅行記(韓国)

ハンさんが、「今日の夕食は、済州島で一番美味しくて、一番有名なお店にお連れします♪」

「ヨン様も食べに来たお店ですよ〜〜」との事。

駐車場には、沢山のバスや車が並んでいました。

なんと1000人も、収容出来るマンモスレストランだそうです

クリックすると元のサイズで表示します

店構えは立派です。

天井からブラブラと下がっているのは、上下する換気扇です。

クリックすると元のサイズで表示します

私達のテーブルには、もう三人分のおかずが、沢山の種類、並べてありました。

クリックすると元のサイズで表示します

この生カルビの量!
ビックリ♪
ツァーの夕食でこんなに豪華とは♪

以前ミョンドンで焼屋さんを選んでいた時に、余りに高くて、ブルコギと半々で注文した事を思って、この骨付カルビの量にはビックリです。

クリックすると元のサイズで表示します

ヤンさんが食べ方を説明してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

係りの人が、テキパキと肉を焼いてくれます。
焼き具合を何度も見に来てくれて、鋏で食べやすい大きさに切ってくれます。

鋏で切っている所を写そうとカメラを構えるが、動作が速くて、写せませんでした。
骨についているお肉の部分が、美味しいのです。

クリックすると元のサイズで表示します

さ〜食べ頃に焼けてきました♪
サンチュにお肉を取って、好きなおかずも乗せて、巻いて食べます。

クリックすると元のサイズで表示します

美味しくて、サンチュのお替りを何度もしてしまいました。
キムチもお替り♪

クリックすると元のサイズで表示します

「お一つ、如何〜」

ちぢみを、別に注文しましたが、お肉でお腹がいっぱいになり、ちじみを完食できませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

私の衝立の横の団体さんの席には、ステーキ?の肉が用意されて居ました。

済州島は、食事にお水やお茶が出るので、殆んど飲み物を注文しなくて済みました。

今回初めての食事だったので、ウーロン茶を注文してしまいましたが。。。

クリックすると元のサイズで表示します

入口のカウンターの処に、見た事のある人の写真が。

なんとぺ・ヨンジュン氏と店主?が♪
シンガポールの要人・マレーシアの要人も♪

クリックすると元のサイズで表示します

食べ終わって、外に出ると、もう外はこんなに暮れていました。

長い1日でした♪

クリックすると元のサイズで表示します

これから、ホテルに向かいます。

ヤンさんは、皆に名刺を渡して、「何か分らない事が有った真夜中でも良いですから、携帯に電話してください♪」と言われ、「え〜ホテルに一緒に泊まらないのですか?」と聞いたら、「こんなに高いホテルには泊まれませんので、家に帰ります」と・・・・

「朝には迎えに来ますから心配ないですよ♪」と

「お庭が綺麗なので、早起きしてお庭の散策をして下さい」と言われました。

2010/10/6

トッケピ(お化け)道路(9/20)  ◆海外旅行記(韓国)

済州島は、温暖な気候で、自然に恵まれた韓国最大のの島。

独自の伝説、独特の民族風習がある。

人々は穏やかで、食べ物も美味しく、旅行者にも親しみやすい島です。

夕食の前に訪れたのは、トッケピ(お化け)道路(トッケピドロ)です。

クリックすると元のサイズで表示します

ギアをニュートラルにすると、車が上り坂を登って行くように見える不思議な道路です。

この車登っているように見えませんか??

クリックすると元のサイズで表示します

向うの車もニュートラルで登ってきています♪

クリックすると元のサイズで表示します

ハンさんが、ボトルを倒して置くと、どんどん上に転がってゆくのです

クリックすると元のサイズで表示します

旅行客が、後ろ向きで歩いています。
登っているなら、歩き辛いのに、とても歩きやすいのです徒歩

と言う事で、実は登り坂に見えるけれど、下り坂に成っているのです。

クリックすると元のサイズで表示します

傾斜が緩やかな坂で、目の錯覚で、下り坂が登り坂に見えると言う訳です。

何だか目で見る物が、確かとは言えないですね。

クリックすると元のサイズで表示します

皆さん坂道で記念撮影をしていました♪


売店で、ソフトクリームではなくて、トウモロコシを買いました。
不味かった〜〜〜〜

固い餅の様な食感で、ぬたぬたしている。
日本のとうもろこしの方が数倍美味しいです。

クリックすると元のサイズで表示します

慣例のお土産屋さんに連れて来られました。。。
此処では買わないと、ずっと我慢していました。

カードを渡されて、ところが、皆さんどんどん買っています。
韓国海苔は、巨大な袋にいっぱい。軽いけれど。

私はコラーゲン入りのパックとBBクリームを、友人に頼まれて居たのです。
ソウルならば、格安の場所も分かるのですが、済州島で見つけられるか心配になって来た。

ずっと買わずに居たのですが、結局パックだけ買っちゃいました・・・・まとめて。

クリックすると元のサイズで表示します

そこから、徒歩でも行ける所に、新羅免税店が有り、此処でもカードを貰い、解散♪

頼まれたBBクリームは此処で売っており、ホッとしました。
パックも此処で売っていました。
さっきのお店で買わなければ良かった・・・・

2010/10/5

1日目の観光は漢撃山♪(9/30)  ◆海外旅行記(韓国)

島の表玄関になる、済州市は、島の歴史・文化・経済の中心地。
市街地は海沿いの旧市街、済州と新興都市の新済州。
空港からは車で10分の距離です。
とても便利です。

卵を横にした、真ん中の一番上から右側の部分です。
龍頭岩の東門市場も此処にあります。

これから島の中心部にある「漢撃山(ハルラサン)」に向かいます。

韓国ドラマを見ている人には直ぐに分る所です♪

あの有名な「私の名前はキムサムスンの12話から13話」に出てくる暴風雨の時に二人で昇ったあの山です♪

添乗員のヤンさんが、「今日のお天気はどうでしょうか?」と聞いてきたので、皆は「晴れです♪」と答えたら「今日は曇りです。」
(画像よりも実際の方がお天気良かった)

「漢撃山の頂上が、見えないときには曇りです。」との事でした。

クリックすると元のサイズで表示します

島の中央部にそびえる漢撃山は標高1950m。
韓国の最高峰で、三大霊山の一つです。

広大な裾野を持つ、楯状火山で、海岸線から山頂までの間に、温帯から寒帯まで、の動物が約700種と、植物が息ついています。

クリックすると元のサイズで表示します

私達が居るところは、高地休憩所です。
建物の中には生息している動物の剥製とか、植物などが展示してあります。
上の画像は、天井で、漢撃山の四季の移り変りが、一目で分るようになっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

赤茶色の土は火山岩だと思います。

休憩所の回りには赤茶色の石が山の様に、積み上げられていました。

クリックすると元のサイズで表示します

三人で記念撮影を頼んだら、「ばんざ〜い♪」と両手を挙げて下さいと言われ、素直に三人揃って、「ばんざ〜い」と叫んで写っちゃいました♪

とても気持ち良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

ヤンさんはとても日本語が上手で、お話も面白い。
バスの中で、「済州島は男尊女卑で、市場でも働いているのは女性ばかりでしょう」と。

そして「お姑さんが、とても威張っている」と。
「私はこの仕事が大好きなんですよ。」
「なぜかと言うと、家に居なくても良いからと♪」
と言って居ると携帯が鳴り出した。。。「姑さんからだわ」と言いながら携帯で話していました。
「会社からでした」には一同ホッとしました。

クリックすると元のサイズで表示します

2010/10/4

1日目の観光・東門市場(9/30)  ◆海外旅行記(韓国)

済州島の気候は、暖流の影響に寄って、一年を通して、寒暖の差が少なくて、内陸部に比べて、冬が短い。
韓国では最も、温和な気候です。

海抜0mから約2000mもの高度さを持つために、多様な気候が存在して、世育する動物も多様に変化している。

二ヶ所目は、東門市場(トンムン・シジャン)


クリックすると元のサイズで表示します

市民の台所的な存在です。
島内最大の市場。

クリックすると元のサイズで表示します

一歩足を踏み入れたら、魚介類の多さにビックリしました。
それも生きている物の多さにも。

クリックすると元のサイズで表示します

鮑です♪
こんなに沢山の鮑を見たのも初めてです。
済州島は鮑が有名です。

絶対に食べたいと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します

大きな水槽に、水族館かと思うほどに色々な魚が泳いでいました。

クリックすると元のサイズで表示します

烏賊ってこんなに透明だったのですね。
透けすけで、綺麗でした。

クリックすると元のサイズで表示します

小さな鯛のよな形の魚で、名前は忘れました・・・
おばさんは、塩辛を作っています。

クリックすると元のサイズで表示します

キスのような形の魚です。
円くぐるぐると泳いでいました。

クリックすると元のサイズで表示します

太刀魚が、沢山のお店に並んでいて、銀色の光を放っています。
刀のようでした。

一皿にあんなに沢山盛ってあって、食べられない〜〜と思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

お肉のコーナーに行って、一番目を引いたのは、豚の頭です。
可哀想だけど、良い気持ちで寝ているようにも見えました?

豚足もごろごろしていました。

クリックすると元のサイズで表示します

野菜売り場の方に向かっています。
韓国ではキムチに白菜は不可欠なのに、今手に入り難いと・・・
だから「キムチ」の事を「金チ」と言って居るそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

果物も豊富でした。

私達が行った時間は一番閑散としている時間で、朝と夕方は、人で人で、肩がぶつかって歩けないくらいの混みようだと言われました。

クリックすると元のサイズで表示します

済州島はみかんが豊富で、何処に行ってもみかんが売っていました。
Sさんが、まとめてみかんを買ってくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

手前の叔母さんがいちじくを売っていたので、食べたいと思い、値段を聞いたら、日本よりも高いか?同じくらい?なので、「もう少し安く成らない?」と値切ったら・・・
買わなくて良いとのそぶりをされてしまいました。

栗が見たことの無いくらい大きくて良質だったので、買っちゃいました。
お店を写して来ればよかった・・・
重い〜〜日本に持ち帰り、茹でたり、渋皮煮を作る予定です♪

二人は、日用品に興味が有って、役場で袖が汚れないように使う、ゴムの入った物や、カエルの石鹸置きのスポンジ・モンペ他色々お買い上げしていました。

空港で一万円を両替したら、沢山のウォンにホクホクです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ