2017/6/10

片貝木綿一枚に帯3本  ●木綿一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

越後片貝木綿の着物です。(紺屋仁助)

持って居なかった片貝木綿を購入して、自分で水通しをして、仕立てて 貰らいました。

水通しをした時に随分色が出たのは、藍染めと書いて有ったからだったのですね。

仕立て屋さんも縫っている時に、指に色が付いたと言っておられました。

だから雨が降ったらどうしょうと、心配な着物です。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は、08年10月10日に、何時もの仲間と銀座の評判のレストランで食事をしました。(二年ほど寝かせて初下し)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

藍染で、雨が降ったらどうしょうと、心配な着物です。

なのに雨がぽつぽつを落ちてきたのでドキドキしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します1 クリックすると元のサイズで表示します

帯は、母からの頂き物の、金茶色地に格子柄の博多織の名古屋帯です。

余り締めていなかったけれど、割りと何でも合うので、此れからは出番を多くしょうと思います。

★2は、14年5月24日に何時もの仲間と、渋谷の文化村に行きました。(なんと5年7ヵ月振りの着用です)


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯は、生地やさんで麻の反物を購入して、自分で二部式に仕立てたものです♪

とても締めやすいです。

クリックすると元のサイズで表示します

●羽織

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

黒の絽の袖無し羽織です。

背守に楊枝を軸に、絽の生地で団扇を作って付けて居ます。

セール会場で、何人もの方から、褒められ、「真似て見ます」と言われました♪

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

★3は、17年6月9日に着物仲間と浅草散策した時に着用しました。(何と3年振りの着用です。)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

●帯

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

コットンの二部式名古屋帯です。

二部式と言うだけで、気持ちが楽になります。

●羽織

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

・絽の羽織の袖を外して、肩下がりを付けました。

肩下がりを付けないと陣羽織の様に見えるから。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2016/6/25

●保多織り着物1枚に帯11本  ●木綿一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

着物は香川県の保多織り(岩部さんの所1軒でしか織られていない)反物で仕立てた木綿の着物です。

お仕立ても一緒にお願いしましたら、肩当と居敷き当ては、白の保多織でした。

たまたま選んだ物が新作と言う事でした。

柔らかくて着易い着物です。

木綿なので雨仕様のお出かけにも便利ですね。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

7クリックすると元のサイズで表示します8クリックすると元のサイズで表示します9クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します11クリックすると元のサイズで表示します12クリックすると元のサイズで表示します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は、05年10月24日に中高の友人三人と、大丸・丸ビルで会った時に着用しました♪

Nさんとは何十年ぶり?高校卒業して始めてかも?

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

●帯

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

帯は、嫁入りの時の、木綿の全通の名古屋帯です。(木綿に木綿)
 

★2は、05年10月25日に家で着ていました♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

●帯

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

帯は、母から貰った、博多織りの全通の名古屋帯です。

★3は、06年4月8日に、新宿で韓流に嵌っている、NさんとMさんの三人で、銀座に行かないで一日過ごした時に着用しました。(6ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

帯は、USAコットンで出来た、浮世絵柄の三部式帯を角出しに締めています。 

★4は、06年5月17日に、日本橋高島屋の伝統工芸展に行った時に着用しました。(1ヵ月振りに着用)

あらららら長襦袢がちらりと袖口から見えます〜

木綿はいっぱいいっぱい裄を出しても、此れくらいしか出ないのです・・・


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

保多織のコーナーです。

今回はワッフル織でサッパリと肌さわりの良いシーツと、赤い格子のシャツを購入しました♪

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します 

●帯

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

帯は、USAコットンで出来た、楽器柄の二部式帯を角出しに締めています。

★5は、06年5月19日に、池袋東武隣接の伝統工芸品センターに行った時に、着用しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この時に、喜如嘉の芭蕉布で作られた、箱型バックを購入しました。

●帯

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します

帯は、ざっくりとした織りの、濃紺に白でぐるぐるの柄の八寸名古屋帯です。

★6は、07年3月12日に家で着ていた装いです。(10ヵ月振りの着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します

帯は、金茶色の半巾を蝶結びにしています。

●羽織

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

羽織は、桃色の絞りで中位の丈の物です。

★7は、07年5月11日に玉川高島屋の催事に行った時に着用しました。(2ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この時に、弓はま絣の座布団5枚と、縁起の良い柄が織り出されている手下げを購入しました♪

クリックすると元のサイズで表示します 

●帯

クリックすると元のサイズで表示します7クリックすると元のサイズで表示します

帯4は、薄ピンクかかった薄紫地に、藤の花が描かれている塩瀬の名古屋帯です。

6と7を比べたら、歴然の差!

お出掛けに着て行くのと、自宅で着ているのとでは、同じ着物なのに着姿が全然違います。

帯も半巾だし・・・

髪も伸びているし、意気込みですかね。

★8は、08年5月25日に日本橋高島屋の「日本伝統工芸展」に出掛けたときの装いです♪(1年振りの装い)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

木綿の着物でも、伝統工芸展に着ていきます♪ 

クリックすると元のサイズで表示します

保多織りの岩部さんと一緒に。

●帯

クリックすると元のサイズで表示します8クリックすると元のサイズで表示します

帯は、生成り色の塩瀬名古屋帯で薄紫色と白の牡丹柄です。

どんな着物にも合いそうです。

帯締めも薄紫色の冠組。

帯留めは、ガラス作家さんの物に、帯留め金具を付けて作ったもの。

●ストール

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ストールはアジアの物で、透けるので涼しそうです。

★9は、10年9月24日に品川駅で、何時もの仲間と、お喋りしていた時に、着用しました♪(2年4ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します9クリックすると元のサイズで表示します

帯は、USAコットン地に、浮世絵が描かれている、三部式の帯です。

手先部分が分かれているので、角出し風にも結べます。

★10は、12年5月22日に、愛犬仲間と、ランチにお茶で、お喋りしていました♪(1年8ヵ月振りの着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します10クリックすると元のサイズで表示します

帯は、USAコットンの紺地に白で、唐草と花のプリント柄の、木綿の半巾です。

クリックすると元のサイズで表示します

●コート

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

コートは4、龍郷柄の道行きを「おたすけくらぶ」さんで、雨コートに仕立て直ししたものです

龍郷柄で良く見かけるのは、赤や青や黄色が入っている物が多いですが、この柄は入っていないのもお気に入りです♪

初下ろしの時から、身体に馴染んで、とても着易いです。

キモパラの知り合いの方が着ていて、素敵だったので、購入しましたが、その方の物は、いろんな色が入って居る縞の物でしたが、自分で選んだのは殆んど無地感覚。

逆に帯を選ばないので、最初の一枚としては、良かったと思っています。

★11は、14年5月16日に玉川高島屋の「一郷一品すぐれもの市」に行った時に着用しました。(なんと二年ぶりの着用でした。)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

弓はま絣のごとう絣店の女将さんと♪

あこがれの一枚を頂きました♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します11クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

帯は、手描きの薔薇柄の塩瀬の名古屋帯です。

帯芯が、柔らかいので、締めずらいです。

★12は、2016年6月23日に、着物仲間と雨の予報だったので、駅ナカで食べてお喋りしていました♪(2年1ヶ月振りの着用でした。)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

半幅帯ですが、片面が白地に紺色の濃淡の傘が、沢山織られています。

もう片面は、紺色の無地です。

蝶結びにして、二回絡げて結んでいます。

だったので、選びました。
  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2016/5/23

●弓はま絣単衣に帯4本  ●木綿一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●着物

クリックすると元のサイズで表示します

鳥取県のお目出度い絵絣の「弓はま絣」をついに手に入れました♪

山陰の三絵絣と言われています。(倉吉絣・広瀬絣)

ずっと着て見たかった、憧れの浜絣。

洗っては着て、洗っては着てと、馴染むまでどれくらい掛るかしら?

出来ればもう少し、早く買い求めたかった。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します
4クリックすると元のサイズで表示します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は、15年4月18日に、着物仲間と何時もの銀座で、ランチしました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

帯は、織り方に特徴のある卵色の浦野の縦筋紬です。

わりとなんにでも合う無地の帯で、締めやすくて、お気に入りの帯です。

クリックすると元のサイズで表示します

●ショール

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Sさんから頂いた物で、美しいレース。

●道中着

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

道中着は、水色がかったシルバーグレー地の杢目絞りで、軽くて暖かいです。

薄茶色の部分もあるので、二度染めでしょう?

★2は、15年5月20日に、日本橋高島屋の「日本の伝統展」に行きました。(1ヵ月振りの着用です)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

帯は、妹から譲って貰った、紬の着物から仕立てた、二部式名古屋帯です。

二部式と言うだけで、着て出掛ける時が楽です♪

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

帯の幅が、ほんの少し広いので、お太鼓が大きく見えます・・・

長年迷って買ったので、着て着て、洗って、着るくらい回数着れるかしら?

着なくちゃ。

★3は、16年4月20日に、東京都立現代美術館にピクサー展を観に行った時に、着て行きました。(11ヵ月振りの着用です。)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

生成り色の塩瀬名古屋帯です。

柄は、桃色の大きな花で、垂れ先まで一枚の絵に描かれています。

●上っ張り

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

着物とお揃いの弓はま浜絣の、上っ張りです。

蝶々の絣柄が、前後に有り、右前にポケットが付いていて、とても重宝です。

衿と裾には、着物よりも細かい絣柄。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

★4は、16年5月22日に日本橋高島屋に「日本の伝統展」の「弓はま絣」をSさんと一緒に、見学に行きました。(1ヵ月振りの着用です)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

柔らかめの半幅帯ですが、幅も丈も長めで、両面使えます。

友人とお揃いで三人同じ帯を買いました♪

使って居ますか??

クリックすると元のサイズで表示します

半幅用の、さざめと言う帯枕です。

基本的な結び方。

長めなので、羽根の部分を長くして、タレをゆったりと垂らしました。

羽根を変化させて、整えました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2015/5/11

●竺仙の綿縮みに帯3本♪  ●木綿一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

着物は、「真楽のバザー」で譲って頂いた、竺仙の綿縮みです。(Kさんから購入)

保多織りと、色柄は勿論の事、手触りもとてもよく似ていました。

サイズはピッタリで気軽に着れる着物です。

譲っていただいて感謝です♪

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は06年10月27日に、夫が珍しく夕飯が要らなかったので、娘と美登利鮨に行って来ました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

今日の装いは「KIMONO真楽」のバザーで購入した物でまとめてみました

●帯

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

帯は、勾玉柄の更紗風「付け帯」を締めて見ましたら、お太鼓がどうしても大き過ぎたので、留めてある糸を外して、「二部式帯」として締めて見ました。

丁度お太鼓の真ん中に折り線が出てしまいました・・・

帰宅後折り線がお太鼓の下線と重なるように、クリップの位置をギリギリまでに変更。

(お友達が作られた物を、未使用で、Kさんから購入)

最後まで迷っていて、購入しました♪

★2は、07年11月15日に愛犬仲間とランチを楽しみました。(1年1ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

帯は、今日が初下ろしのミンサーの半巾です。

半巾は、余り締めないのですが、このミンサーを締めてみて驚きました。

なんと締めやすい事か♪

きゅーっと締めるとそこで止ってくれるのです。

折り畳ためば、キチットと折った所で、とどまってくれます♪

折り紙を折ったような仕上がりに成ってしまったが、緩まない。

クリックすると元のサイズで表示します 

八重山ミンサー

●ショール

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

羽織っているショールは総絞り(杢目縫い絞り)です。

何かと言えば、男物の総絞りの兵児帯です♪

立派な兵児帯ですが、使わないので、真っ二つに切って、使っています。

今洋服で首に巻いていますが、洋服でも違和感ないですね♪

クリックすると元のサイズで表示します

ほとんどこの様にして、気軽に自転車で移動しています。

皆さん裾が絡まるのではないかと、ご心配されますが、裾巾の広いスラックスの方が絡まりやすいですね。
着物で裾が絡まった事は、私は一度も無いです♪

帯とバックの色味を合わせて見ました♪

★3は、15年5月9日に、Sさんと着物屋さんに、行った時に着用しました。(何と、7年6ヵ月振りの着用です)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

アメリカンコットンで、楽器の柄の、二部式名古屋帯です。

2014/5/22

●自作の会津木綿に帯12本  ●木綿一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

妹に頼んで選んで買ってきてもらった、会津木綿の紺とグレーの縞の反物です。(原山織物)

学生の頃の和裁の時間に、着物を仕立てたことが有り、嫁入り前にも和裁を習っていましたが、あれから何十年!も縫っていないのです!

何となく単衣なので、縫えるのではないか?と思い、最近の「着物の仕立て方」の本を買ってきて、首っ引きで縫い始めました。

まず最初に反物を、一晩水に浸けて、生乾きの時に、アイロンで地の目を整えました。

私の身長は、一反では到底足りないので、袖分だけ余分に購入しました。

寸法を測って、ハサミを入れる時は、とても緊張しました。

何度も何度も確認したにもかかわらず、オクミ下がり寸法を間違えてしまいました。

それでも何とか本とにらめっこして、6日ほど掛かって、仕上げた着物はとても愛着が有ります。

肩滑りと、居敷き当ては使用済みの胴裏のリサイクルです。

生成り色で逆に良い感じに仕上がりました♪

普段着なので勿論バチ衿仕立てです。

バチ衿なので、着るのは楽だが、掛け合わせが少ないです。

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します9クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します14クリックすると元のサイズで表示します15クリックすると元のサイズで表示します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は、02年12月7日にやっと会津木綿が出来あがったので、嬉しくて着て見ました♪

●帯

1クリックすると元のサイズで表示します 

帯は、表が白地に傘柄で、裏が紺色の麻の葉の半巾です。

★2は、02年12月25日に、明日のお出掛けの為の予行演習の為に着て見ました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します

帯は、着物から帯に仕立て直した、紬の二部式帯を、妹から貰いました。

★3は、02年12月26日に、豆千代さんに行った時に着用しました。

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します 

●帯

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します←前夜仮に着てみた。

帯は2と同じで、とても締めやすく、色んな着物に合うから、出番が多いです♪

●羽織

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

羽織は、母から貰った、紺色の墨流しのような柄の一越縮緬で、丈はそのままなので短いです。

★4は、03年4月20日に銀座(みちば懐食で食事)に妹と出掛けた時に着用しました。(4ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

帯は、表が更紗柄で、裏が鶯色の無地の昼夜帯を角出しに結びました。

★5は、03年4月25日に近くの悉皆やさんに行く時に着用しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します

帯は、アイボリー地に鳥と桜と牡丹柄で、自分で洗ったので、少し刺繍糸で 柄を足した9寸名古屋帯で、豆千代さんで購入。

 
★6は、03年11月7日に友人宅を訪問(徒歩園内)の時に着用しました。(7ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します

帯は、赤の絞りの9寸名古屋帯で、半襟も帯に合わせて、赤い物を選びました。 

★7は、04年4月4日に大雨の中、妹と川越に行った時に着用しました。(5ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します7クリックすると元のサイズで表示します

帯は、表が更紗柄で裏が鶯色の無地の昼夜帯を角出しに結ぶ。

3と同じ帯を小物を変えて締めています。 

●雨コート

クリックすると元のサイズで表示します

雨コートは、アップルコートで傘は金沢和傘です。

★8は、04年5月2日で家で着用していた。(1ヵ月振りに着用しました)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します8クリックすると元のサイズで表示します

帯は、木綿の献上柄の半巾を蝶結びにして、垂れをたらせて、ちょっと大人っぽくして、帯揚げをしています。

★9は、04年10月31日に家で着用していました。(5ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します9クリックすると元のサイズで表示します

帯は、1と同じ半幅を、お太鼓風に結んで見ました。

★10は、05年2月17日に家で着用していました。(4ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します10クリックすると元のサイズで表示します

帯は、半巾の琉球柄の博多帯で、自己流の結び方♪

半巾は締めていて、解けなければ、どんな結び方でも良いと思う。

★11は、06年1月27日に家で着用しました。(11ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します11クリックすると元のサイズで表示します

帯は、赤い博多の小袋帯を蝶結びに可愛く結んで見ました。

●羽織

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

羽織は、黄色の総絞りです。

こうして見ると、この着物はとても着まわしが出来ると思います。

★12は、06年10月3日に動物病院に行く時に着用しました。(9ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します12クリックすると元のサイズで表示します

帯は、浮世絵柄のUSAコットンの二部式帯で角だし風に結んでいます。

★13は、07年3月11日に着物着てガソリンを入れました。(5ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

半襟は卵色の縮緬。
帯締めと合わせました。

●帯

クリックすると元のサイズで表示します13クリックすると元のサイズで表示します

帯は、バザーでKさんから譲っていただいた、広めの半巾帯です。

(Kさんからバザーで譲っていただいた物は、全てアップしました♪)

柄行が袋帯の様に手先とお太鼓部分の六通なので、締める時にちょっと柄を出すのが難しいです。

画像では見難いが、蝶結び(広げたお文庫)にタレの部分を上から掛けたもの。

★14は、07年5月20日に愛犬仲間とランチしながらお喋りしたときに着用しました♪(2ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します14クリックすると元のサイズで表示します

帯も木綿の帯で、二部式です。

普段に締めるには、二部式は簡単で便利ですね。

★15は、14年5月14日に、愛犬仲間とランチした時に着用しました。 (何と何と6年10ヵ月振りの着用です。)


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します  

バチ衿仕立てなので、普段よりも掛け合わせが少ないです。

●帯

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯は木綿の二部式名古屋帯です。


珍しい15回着ている着物♪

最多着用かも知れない♪

自作の着物はやはり愛着が有るのかしら?

2013/4/26

●洋服生地の着物に帯10本  ●木綿一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

色は左側の色です。

この着物は富山県に遊びに行った時に、城端町の「きよべ呉服店」の店主が、木綿の洋服生地で着物を仕立てて着ていらしたのを、真似て仕立てて頂きました♪

出来て着た時に、包装を開いて驚いてしまいました!

まるで「どてら」みたいに厚ぼったくて、果たして着てどうなるのか心配しました。

肩当てに木綿の八掛け(木綿無地薄手)が前後に付いて、居敷き当てが表地でたっぷり付いているので、暖かいけれど、何となく太って見えるのは仕方が無いかも。

袖口と振り、おくみ、裾の方に八掛け(木綿無地薄手)が付いています。
両方とも充分に縮ませてもらったので、お洗濯もOK。

頭を柔らかくして、反物で仕立てるのが着物と思わなくても良いんですね。

木綿でも暖かいです〜♪
冬にも着れる木綿の着物です。


居敷き当てをポリにすれば、もう少し滑りが良くて、すっきり見えるけど、暖かさは落ちると思う。
家で着るなら暖かさをとって良かったかも?

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します 
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

9枚違う帯を締めていました♪

10クリックすると元のサイズで表示します11クリックすると元のサイズで表示します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は、04年12月9日に初下ろし♪家で着ていました。
白足袋を、自宅で緑に染めて履いています。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

帯は博多織りの小袋帯で琉球柄。
柄が3:1で出ているので、今日は茶色の方を上に締めています。
蝶結びにして、最後の垂を上から垂らしています。

★2は、04年12月29日に家で着ています。

この年の、この日に初雪が降りました。
帯の色に合わせて、小豆色の別珍の足袋を履いています。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

帯は単の名古屋帯を二枚に切っただけの2部式帯です。
紐も付けていません。

ちょっと角出し風に見せてみました。

★3は、05年1月15日に体調不良も何とか、回復しつつ、しゃきっとするために着物に着替えて見ました。(1ヵ月振りに着用)

家庭着でうろうろしていると、いつまで経っても病人見たいなので、気分転換に着物は良いと思いました。

家で家事をする時に、桃色のシルクウールの反物を半分で仕立てた、「もじり」(うわっぱり)。
自作♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

帯は桃色の塩瀬の二部式名古屋帯です。
なんか浮いている〜感じがします。

★4は、05年2月19日家で着ました。(1ヵ月振りに着用) 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

一段落して着物に着替えましたが、着物は暖かいです♪

着物は、数えて見ると、前は裾よけ2枚、長襦袢2枚、着物2枚、前掛け1枚。

それに今は腰がすっぽり隠れる「もじり」(うわっぱり)を着ているので、腰廻りは合計前が9枚で後が3枚で覆われていると言う事になります。

胴はそれに帯が加わるので、+2枚で11枚で覆われている。

数えて見てビックリ。
腰痛にも着物が良いと言うのも、うなずけますね。
腰がシャンとするし冷えない。

上半身は長袖の遠赤外線シャツを着ているので、万全。

●帯

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

帯は木綿の献上柄の半巾を、蝶結びにしました。
すっぴんだけど、覚書なので・・・

★5は、06年1月16日に家で着用していました。(11ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 
●帯

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します

帯は木綿の両面使いの半幅帯を、片流れに結んで見ました。

★6は、06年4月5日に家で着用していました。(3ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します

帯は木綿の半巾を文庫にして、最後を上から垂らしています。

こうして見るとこの着物は、家庭着で殆ど家から出ていないのでは?

私としては電車に乗れるか?で着物を選んで出かけます。

乗客がビックルするような格好にはならない様に、気をつけているつもりです。

★7は07年1月8日に愛犬仲間の友人とランチする為に、近所のお店に♪(9ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

●帯

クリックすると元のサイズで表示します7クリックすると元のサイズで表示します

帯はバザーで購入の木綿の二部式帯です。
 
●コート

クリックすると元のサイズで表示します

コートはベルベットのロングコート。
アクセントにアンティークのブローチを留めています。

家で着ていたので、殆んどすっぴんで着物を着ています。
恥ずかしい〜〜〜

★8は07年3月21日に愛犬仲間とお喋りした後に、買い物して図書館に寄りました。(2ヵ月振りの着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します8クリックすると元のサイズで表示します

帯は半巾をやの字に結んでいます。
半巾は余り締めないので、苦手です。

●羽織

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

羽織は母のお下がりで、裄と丈を目いっぱい長くお直しして貰いました。 

半襟と帯締めと、タビックスの色を同じくして見ました♪

★9は08年1月17日に愛犬仲間のTさんから、久し振りのお誘いで、パスタやさんで、お茶にする。(10ヵ月振りの着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯は開き仕立ての、八寸名古屋帯の二部式帯です。
二部式だと思うだけで、楽〜〜

●総絞りの羽織。

首にはシルバーホックスのマフラーをしました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

最初に出来上がって見て驚いたほど、太っては見えていない様に感じますが、とても暖かい家庭着です。

7.8.9と同じ着物で同じ人に会っていた・・・・
他の着物着れば良かったのに。


★10は、12年4月 日に、Eさん宅に、兜を見せて貰いに行った時に着用しました♪(4年3ヵ月振りの着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します10クリックすると元のサイズで表示します

帯は真楽のバザーで購入の二部式名古屋帯です。
あららら、お太鼓に折り皺が・・・

★11は、13年4月3日に家で着ていました。(1年振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

自宅で、着ていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

最近木綿?の歳相応の帯を見つけたので、初めて締めてみました。
私は、右巻きなので、前柄が下の方に少ししか出ません。

クリックすると元のサイズで表示します

●割烹着(その代わりに)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

着物を着だした頃に、必要だと思い買い求めました。
前の大きな二つのポケットが便利。
ポリエステル素材で、さらっとしていて、着易いですが、何故か?袖が長い〜〜〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

手首でも長いのに、指の先まであるんです・・・・何故かしら?
袖口にゴムが入っているので、短くして洗物が出来ますが。
殆ど全身を覆う位なので、安心して家事が出来るのは、とても便利です。






2012/10/29

●青と赤の細い縞会津木綿に帯7本  ●木綿一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

会津木綿の着物は滑りが悪いので、私は「着付けるときに、裾を長めにしたつもりでも、着丈が短くなって仕舞います。

この着物は肩滑りと居敷当てを共布にしたので、なお更滑りが悪いので、裾の所に使い古した半襟を縫い付けて見ました。

少しは滑りが良いかも?
ちょっと厚ぼったいけれど、その分暖かい〜です。

もう一枚の紺色の会津木綿は肩滑りと居敷当てを、使い古した胴裏を使ったので、まだ滑りがよいのですが。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は05年12月8日に、家で着用していました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯は白地に色紙柄の二部式名古屋帯。
帯の柄の中から、一色を選んで帯締めを決めました。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

★2は06年2月1日に家でチャーリとPC三昧。(2ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯は紫色に童子柄の2部式名古屋帯です。

半襟と帯揚げと帯締めを黄色系でまとめて見ました。

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

○羽織は桃色の長めの総絞り。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

★3は06年2月6日に、家で着用する時に、ビックリ。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

雪が降っています。

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は半巾の木綿で、裏が無地の黒で、表が黒地に水色の牡丹柄。

オリジナル帯結びで結んで見る。
帯の柄の中の水色を、半襟に持ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

★4は06年11月18日に韓国ドラマ「頑張れ!クムスン」を貸すために三人でお喋り。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯はKさんからバザーで購入の多色織りの開き仕立ての名古屋帯。

(長さが3,6mで全通なので、袋帯との違いは長さだけ)

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

★5は07年3月18日に、錠前さんにチャーリと一緒に行ったときに着用しました。(4ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します  

●帯は木綿のプリントの二部式帯を、角出しに結びました。

帯の膨らみの為に、お太鼓の下の方に共布の袋に入れた帯枕を入れています。

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します

○羽織は着物に嵌った時に、自分の羽織は短いので、長羽織が欲しくて、「壱の蔵」でアンティークに飛びついて購入した物。

なのに今まで一度も袖を通さずに、箪笥の肥やし。

普段着に上に羽織る羽織りは無いかと、ごそごそ探していたら、目に入ったので、出して羽織ってみたら、「良いんじゃない?」と初めて羽織りました♪
(裄を出して、袖丈を事前に直して貰っていた事を忘れていました♪)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

自宅で着ている時には、化粧もしなくて、簡単な二部式名古屋帯を結んでいることが、殆んどです。

★6は08年1月22日に、近所の悉皆やさんに、訪問着の洗い張りを頼みに行きました。(10ヵ月振りの着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯は赤の博多献上の細帯を、変わり蝶結びに結んでみました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

○羽織は白地に青紺の縞柄です。

縞に縞って?と思いましたが、違和感は有りませんでした。

兎のロングマフラーを帯にはさんで見ました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

★7は12年10月17日に友人宅に西南フランスの旅行の話を聞く為に訪れた時に着用しました。(何と言うことでしょうか、4年9ヵ月振りの着用でした。)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

着て行ったのは、原山織物の会津木綿です。

裾さばきを良くする為に、使い古しの半襟を裾に縫い付けてあります♪

●帯は、USAコットンの紺地に白で、唐草と花のプリント柄の、木綿の半巾です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

蝶結びにして、余った部分を上から垂らしています。

2012/6/25

白縞柄の川越唐桟に帯2本  ●木綿一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

着物は04年に川越に行った時に、「呉服 かんだ」で購入した川越唐桟の着物です。

ずっと着そびれてしまった川越唐桟の、白地に青の細い縞模様です。

お袖分、別で買い足して、仕立てて頂きました♪

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は、05年6月19日にde銀座の仲間と「田中翼昔着物」を見学に行きました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯は白い鉄線柄の、絽綴れの八寸名古屋帯です。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

★2は、05年10月2日にKさんに誘われて、「久米島・紅型展」を見に、銀座に行きました。(4ヵ月振りの着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

<●帯は紺地の絽綴れで、白い鉄線の柄です。

帯幅が気持ち狭いのか?私にはお太鼓幅が狭く感じます・・・

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


続けて同じ帯の着用と成っていた。
この帯は大好きな鉄線柄なのに、今年は締めていない〜

同じ着物に同じ帯なのに、小物はまるっきり逆だった。

1は帯揚げ赤茶→2は白黒の格子

1は帯締め小豆色→2は白黒の横縞

★3は12年5月  日に銀座で友人と天麩羅を食べに行った時に着用しました。(何と6年7ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯はこの時期にピッタリの生紬の紫陽花が描かれている名古屋帯です。

季節物を購入するのは贅沢と良く聞きますが、そんな事は無いと思います。

この帯はとても出番が多いから。

クリックすると元のサイズで表示します  

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

道中着は、くすんだ緑色のレース地のもの物です。

帯の保護・着物の汚れ防止に、一役かっています。


2012/4/25

●藍染めの木綿に帯8本  ●木綿一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 
クリックすると元のサイズで表示します 

「時代布・池田」で鼻緒を作るために、帯地を探している時に、たまたま近くの棚に木綿の絣の着物が畳んで積んで有りました。

その中から一枚の絣の着物を取り出して羽織って見ました♪

「良いじゃない♪ 」

ネイヤさんになっていないと思いました。(木綿の絣を着るとネイヤさんに見えて仕方が無い)

でも身丈が4尺なんて到底無いし・・・裄も短い・袖丈も短い・身幅も短い!

と言う事は全部小さいと言う事です。


接客して頂いた方が、全部の木綿の絣の着物を持って来て下さったので、全てを羽織って見ました。(久留米絣・伊予絣等)

たっぷりした物も有ったのだけれど、どう見ても似合わない!

これも駄目!あれも駄目!と返して行くと、最初に自分が選んだ小さな着物が一番シックリと来ました♪

小さいけれど殆ど着ていなくて、ギリギリ縫い代を出せば、袖丈けは1尺2寸8分に成る。

裄も耳の縦の絣の柄が出ない様に、縫えは1尺8寸近くには成る事を確認して、購入を決めました。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します 
クリックすると元のサイズで表示します8クリックすると元のサイズで表示します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は05年10月16日に家で着用してみました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯は金茶色の二部式の博多献上帯です。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

★2は05年10月20日に、一人で京都展に行った時に着用しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

●帯は水色地の紬着物から仕立てた2部式を、妹から貰った物です。

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

★3は06年6月16日に青土さんの麻地で仕立てた帯が、出来上がったので、試着して、近所に買い物に行った時の物です。(6ヵ月振りに着用)

籠は友人のSさんに作って貰った、太い紙紐で作られたもの。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

●帯は自作の、青土さんの麻の二部式の帯です。

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

★4は06年10月31日に家で着用していました。(4ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します 

●帯は真楽のバザーで手元に遣ってきた名古屋帯です。

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

この着物は、最近から着ているので、歳相応の帯を選んでいる様に思われます。

★5は07年3月7日に久し振りに着物着て見ました。(5ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

●帯は二部式の名古屋帯ですが、折り線がお太鼓に出てしまった・・・

お太鼓の部分に紐が付いているのを、無視をして、三角にしてクリップで、留めたので、その分お太鼓柄が上に来て、折り線が出てしまった。

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します
 
羽織は母が随分気に入って、羽織っていた物を、衿の縫い代部分だけ、丈を伸ばしてもらった物です。

若しかして着物の反物で作ったのか?裏も全部柄が入っているので、衿を継げは、丈をもう少し長く出来たはず・・・だった。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 
絣の着物は、まだまだごわっとしているので、普段にもっと着て、柔らかくしたいと思います。

まだまだ着たり無いわね。

★6は07年5月16日に日本橋高島屋の伝統展に着用。(2ヵ月振りの着用)

弓はま絣のコーナーで、絵絣の事を色々教えて貰う。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します 

●帯は単の白の博多献上帯を初下ろし。
 
クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します 

日常に着物を着るには、木綿の着物は気軽に着れて、とても好きです。

木綿の着物に、からころと下駄を履いて、買い物籠下げてお買い物。

まだまだもんぺ履いて、お掃除までは行きませんが・・・

もんぺは大雪の日のコートの下に、重宝しました。

★7が08年1月27日に家で着ていました♪ (8ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は小豆色の博多献上帯で、これも二部式帯です。

短いので三角が作れないので、両左右の角にdダーツを取って糸で留めて有ります。

ギリギリ帯枕で固定して、結んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します7クリックすると元のサイズで表示します

○羽織はお召しの白と紺の縞柄です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

4と6以外はどれも二部式(作り帯ではない)→二枚に分かれていて、自分でお太鼓を作るもの。

いつも家で着ていましたが、一度だけデパートに着て行きました。

絣の話を聞きに行くために。

★8は12年4月18日に、家で着ていました。(何と4年3ヵ月振りの着用です。)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯は木綿の三部式名古屋帯です。

クリックすると元のサイズで表示します8クリックすると元のサイズで表示します

2010/7/29

有松絞りの浴衣に帯7本  ●木綿一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

母が良く着ていた有松絞りの浴衣♪
何度も水を通っているので、柔らかくて着易いが、全体に小さくなっている・・・
腰紐を幾ら下に締めても、お端折りが出ない。
だからと言って対丈程短い訳ではない。

そこで考えました(-_-;)
そうだ♪
子供の揚げの様にすれば良いじゃないの。
と言う事で、ざくざく揚げをしました。(お端折りに見える様に)
対丈の浴衣ですが、おはしょりが有ります。
着易い〜〜旅館の浴衣みたいに。
上前襟先を安全ピンで止めてます。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
7クリックすると元のサイズで表示します8クリックすると元のサイズで表示します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は02年7月20日に「月島にもんじゃを食べに行こうオフ会」に行った時に着用しまた。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

浅草で待ち合わせて、浅草を散策。
雷門下で♪

クリックすると元のサイズで表示します

暑い時に熱い熱いもんじゃを食べようと、言う事で集まった。
凄い量で、ビックリ仰天でした。
明太子なんて、大きなのが2腹、鮭なんて、大きな切り身が一切れですもの。

クリックすると元のサイズで表示します

お店の前でお腹満腹で一休み♪

●帯は表が赤と白の格子柄で、裏は赤の無地の半巾。
裏の無地を表にして締めて、垂を格子の表を垂らしています。
20代の時の物。

浴衣で電車に乗るのが気が引けたので、半襟を付けて着ています。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

★2は03年7月10日に浅草の「ほおずき市」に行った時に着用しました。(1年ぶりに着用する)

クリックすると元のサイズで表示します

着付け教室の友人3人で浴衣で行くはずだったのに、待ち合わせ場所で、私一人が浴衣でした!
小雨で断念したそうです。
最初にセールの箱長さんに。
裁縫箱用にと3段の小引きだしを購入。

仲見世をぶらついて、今日お参りすると、四万六千日お参りした事になるそうな。
去年もお参りしたので、私は、すごい事に成るのかしら?
今の時期だけ雷除けのお札が売っていました。

ほおずき市は、浅草寺の上から見ると、何100軒のお店が出ているのかしら?
鉢植えの大きさもいろいろお店によって違っているし。
大きな鉢のお店でおつかい物と、母に遅くなったけれど、誕生日の贈り物にと、ガラスの花火柄の風鈴と一緒に贈る。

クリックすると元のサイズで表示します

ランチは「もんじゃ」の「おすぎ」で初めて食べる「おせんべい」の食べ方で。

友人と別れて、KW化した、ブラシ屋さんと、ウィッグ屋さんに寄って、帰る頃には浴衣の人を多く見かけたが、お昼頃は、浴衣は私だけだった。

●帯は小豆色の博多の2本独鈷の二部式帯。
買ったウイッグを付けて見ました、簪も。。
(これっきりただの一度も付けたことが無い〜。
やはりショートが好きです。)

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

★3は03年8月13日に家で着ていました。(実は誕生日なんです)(1ヶ月振りに着用)

今日から夫の長い夏休み。
ゆっくり寝ていたら、目が覚めたら娘はもう仕事に出かけていた。
「今日は何の日?」と聞いてみたら、夫は知らなかった。
カレンダーに前から書いてあるのに!

PCを開けてみると、お嫁さんからカードが届いていた。
妹からはメールでおめでとうと。
とても嬉しい。

普段と何ら変わらない休みを過ごす。
昨日の続きのチクチクを仕上げる。
娘が仕事から帰ってきた。
花束なんぞを期待して、「お帰り〜♪」と娘を見ると手ぶら.....
すると「お母さん今週居る?」と聞くので、「何処かに行くの?」
と聞くと、「お花が届くの50本」「えっ!」
「嬉しい!!!!!有難う」

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

土用に鰻を食べなかったので、鰻、茶碗蒸しを頼んで頂く。
とても柔らかく美味しかった。

●帯はウールの半巾で20代の時の物。(今は虫が食って処分しました)
紫の細い丸の帯締めと、スカーフリングでちょっと遊んでみた。

3クリックすると元のサイズで表示します

残念ながらこの画像しか残っていませんでした・・・
でも残っていて良かったわ♪

★4は04年6月17日に近所の悉皆やさんに行った時に着用しました。(10ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

だいぶ前にお願いしてあった、お直しが出来あがったと電話が有ったので、絞りの浴衣を着て、カランコロンと受け取りに行く。

父方の亡叔母の形見の「儀延作の江戸小紋」と「牛首紬の色無地紋付」は裄を目いっぱい出してもらった。

嫁に持ってきた付け下げ紋付(1月16日着用)はお袖を短くして、柄が切れないように、袖山をずらして(袖を新たに縫い直し)、黄ばんだ胴裏も新しく取り替えてもらった。

(普通に仕立てるよりも高く付いたけれど、洗い張り分が掛からなかったので、仕立て直すよりも割安だった。)

★帯は頂き物で、名古屋帯をわざわざ細帯に仕立てた物。
柄が途切れていて、半巾よりも長いので、柄を出して変わり結びをするのは、ちょっと難しいかったです。

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

★5は04年8月6日に家で着ていました。(2ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します

久し振りに手っ取り早く、絞りの浴衣を着て夕涼み。
あしべ織り汗取りとステテコで、帯板も伊達締めも無しで。
短くなってしまったので、腰揚げもしてあるので、超簡単に着付けられる。

家に居るだけだったら素肌に着るんだけれど、DVDを返しに行くから、一応風が吹いても大丈夫な様に下着着用で。

●帯は1で締めている博多織の半巾を裏側(本来こちらが表)で締めている。

5クリックすると元のサイズで表示します

★6は05年7月21日に着用しました。(11ヵ月振りに着用)

無料弁護士相談の為に区役所に車で行く。
10時45分から30分の相談。
時計を机に置いて色々聞いてもらったり、質問したり。
弁護士さんって言っても、当たり前だけど、普通の気が良い叔父さんだった♪
2分ほどオーバーして、急いで家に。
直ぐに絞りの浴衣に着替えて、TさんとSさんと待ち合わせ場所に12時きっかりに。(私のほうが早かった♪)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

ランチを食べながら、楽しいお喋り♪
色々喋る事があるなぁ〜と思いながらお喋り。
途中で目がしょぼしょぼとして来た。 可笑しい?
隣でタバコを吸っているから・・・・
こんな事初めて。
数えて見ると、15本も灰皿に!!!
(人の迷惑かえりみず)

東急で「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」を見つけて友人にも勧めてお買い上げ♪
台湾産マンゴーも。
食べるのが楽しみ〜

●帯は縞の博多の半幅。
薄いので、クタッとしている・・・
若しかして8寸の単帯を折って、半巾にしてのかも?

クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します

★7は05年8月20日に多摩川の花火を見に行く時に着ました。(1ヵ月振りに着用)

庭仕事のあとお風呂に入り、24時間風呂の掃除。
たまには浴衣でもと思い、超簡単な、縫い上げしてあって、旅館の浴衣の様に着れる絞りの浴衣に、付け帯。

クリックすると元のサイズで表示します

夕方にはそよそよと庭から風が入ってくる〜
そうだ、今日は多摩川の花火♪
チャーリも連れて、車で出かける。
尾山台駅をつき抜けて、土手へ。
凄い人と、車で、止める所が無くて、車の中からほんの少し眺めて、家に逆戻り。。。。

家の2階からは音だけが聞こえる。
今日のお月様はまん丸で大きく美しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は嫁入りの時の、赤の付け帯です。 。

クリックすると元のサイズで表示します7クリックすると元のサイズで表示します

★8は06年7月20日に家で着用しました。(11ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は木綿の半幅帯です。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

動物と写す時には、赤目防止にしないと可哀想。

お下がりの浴衣ですが、4年間に8回着用して、まだまだ着るつもりです。
浴衣は一年でおしまいなんて勿体無くて出来ません。
(昔は、今のTシャツ感覚で毎日着ていてから、毎年新調していでしょうね)


4年間着ていないわ〜〜

2010/7/24

紺地の綿紅梅の絞り柄の浴衣に帯二本  ●木綿一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

浴衣は一昨年の「着物日和」で、輪投げをした景品にいただいた浴衣です。
青紺系で絞り柄なので、色々有った中でこの浴衣を選びました。

生地は綿紅梅なのですが、何故かぺらぺらな気がしたら、何と掛け衿が見せかけ。
おまけに、オクミと前身ごろが衿線に合わせて断ち切られているんです。
だから衿がぺらぺらなので、頼りないです。
逆に襟元が薄くて、涼しい♪

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

★1は、06年7月10日に浅草のほおずき市に、NさんとSさんの三人で出かけた時に着て行きました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は綿の献上柄の半巾です。
文庫結びにしてから、垂れを二回緩めに巻きました。
電車に乗るので、帯締め帯留めをしました。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

★2は、07年7月31日に涼しくなった夕方から、浴衣を着ました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

チャーリーをダッコして♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は青土さんの麻の帯を三部式にした半巾です。
三部式なので帯締めをしました。
一枚は胴に巻く。
二枚目は垂れとして垂らす。
三枚目は結び折り。
それぞれを重ねて帯揚げ・帯締めをする。

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

青系が好きで顔映りも良いと思う。
茶系は殆んど着ないなぁあ〜


2010/7/23

雪花絞りの浴衣一枚に帯一本  ●木綿一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この時期ブログの検索で多くが雪花絞りで、見に来てくださっているので、「着物一枚に帯○本」でアップし忘れていたので、此処に載せました。

雪花絞りは、板締め絞りの代表的な模様です。
布を三角形や四角形に折り畳み、それぞれの「角や辺」を染料に浸し染める物です。

独特の幾何学的な模様が染め出されますが、一枚として同じ柄には染められません。

染めた柄が、雪の結晶と同じよう見えます。

私の子供時代には、雪花絞りは、オムツとして使われている事が多かったです

とても柔らかくて肌ざわりが良い木綿です♪
「おむつ」だったのを知っている人には、不評でした・・・

1クリックすると元のサイズで表示します

07年7月14日に自分で仕立てて、自宅で着てみました♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

●帯は半巾で、裏が青紺色で、麻の葉がらで、表は傘の柄です。

蝶結びの変形で、屏風畳みをした所に、帯幅をそのまま使って、二度絡げて、余った部分を逆にして、帯締めで留めました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


2010/6/27

格子の阿波しじら織り一枚に帯三本  ●木綿一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

着物は阿波しじら織の単衣です。
サッカー生地のようで、肌に部分的にしか当たらなくて、お洗濯も出来るので、便利な着物です。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は06年6月26日に友人のNさんと浅草に行ったときに着用しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は去年アジアのお店で購入して作った、自作の麻の二部式名古屋帯です。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

★2は06年6月30日に家で着ていたものです。
家なのでスッピンで、浴衣の様に襟なし、足袋無しで着ています。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯はこれも自作の青土さんの麻の帯で、名古屋帯を作った残り布で半幅を作って、名古屋帯と半幅帯を楽しんでおります。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

タレの出し方に寄って、色々アレンジできます。

★3は06年9月24日に愛犬仲間と「頑張れクムスン」を夢中で話した時に着用しました。(3ヵ月振りの着用)
紋紗の長襦袢の衿が被ってくるので、衿が抜けずに気に入らない着付けに成っています。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

●帯は着物を解いて作った二部式の帯を頂いた物です。
お太鼓も、前帯も少し広いので気持ちバランスが悪いです。
直さないと・・・

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

お太鼓部分を見ていると、どれも暗い〜〜
写し方にも寄るようですが、もう少し違う帯を締めてみよう。

四年も着ていない着物です・・・

2010/6/24

●川越唐桟双子織りの青い縞単衣一枚に帯四本  ●木綿一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この着物を着た画像をアップした時に、直ぐに友人から、今まで私の着ている着物を見ているけれど、この着物が一番私に似合うと言われました♪

自信を持って、この着物は私のお気に入りと成りました♪

それにしてはまだ7回しか着ていないと言う事は、勿体無いです。

真楽のミニオフ会で川越で寄った時に、じっくりとあれこれ選んでいる暇はなく、4人の内で私だけが購入して仕立ててもらった物。

双子織りは数も少なく、私のように裄が1尺8寸5分もあれば、男物で無いと裄が出ないと言われたので、選ぶ反物はぐっと少なくなってしまいました。

その中から直ぐに選んだのがこの反物です♪

着ていると絹にも負けない、柔かさと艶があります。
そして何よりも薄くて目が詰んでいるのです。

素朴なざっくりとした木綿の着物を想像していたら、全然別物と思ってしまいます。

それは細い綿の糸を使って織るからです。

水通しをすると、縮むのでお袖分だけ、余分に買って仕立てて貰ったものです♪

最近知ったのですが、この川越唐桟はもう織られる事が無いそうです・・・

機械も古く、織る人が居なくなったからだそうです・・・

機械に途中まで織られた反物が・・・そのままになってストップしている写真を見ると、とても残念な事ですね。

大事に大事にしていこうと思います。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は04年5月14日に奈良に行く時に、直ぐに選んだのがこの川越唐桟です♪

まさにこの時期にぴったりの、生紬に紫陽花が描かれている名古屋帯を締めて、京都まで真楽のIさんとご対面しに出かけました。

画像は祇園の「ない藤」さん。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します
 
先日京都展で買い求めた装履を履いて、是非一番に訪れたかったお店です。

この日におんぼらーと」の店主と会いました。

何故かこの着物って同級生と縁が有る?

只時期が同じだっただけ?

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの玄関ホールの絵画が素晴らしかったので、記念に。

お部屋の床の間に飾ってあった、額の言葉が私も「Kさん」なので、このような人に成れたら良いなァと思いました♪

《Kさん おてんとうさまの ひかりを いっぱい吸った あったかい 座ぶとんの ような人》

★2は04年6月13日に義父の誕生パーティーが雅叙園で行なわれたので、京都の装いと同じで、帯締めだけを、薄紫色の冠組みに変えて着て出かけました。

装いの中で、ない藤の装履が一番高価でした。(苦笑)(1ヵ月振りで着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

●帯は前回と同じ、生紬の紫陽花柄の帯です。

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

★3は05年5月24日に川越唐桟を見に、かんだやさんに友人を連れて行った時に着用しました。(11ヵ月振り着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

今回は川唐購入がメインだったので、じっくり時間を掛けて、お二人とも選んで、二枚お買い上げされました。

気に入った様に、出来あがっていると良いのですが。

私は綿紅梅の長襦袢のお仕立てを頼みました。

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は「浦野さん」の縦にシボが特徴の経筋紬の薄紫色の9寸名古屋帯です。

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

○絽の男物の長羽織を着ています。

男物と分らないように、袖付けに振りを付けて、女性物の袖付けに直しました♪

後が寂しいので、縮緬細工の薔薇と蝶を背守に付けて見ました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

この後大雨に降られて大変でしたが、羽織のおかげ川越唐桟は大丈夫でしたが、履物が悲惨な目にあいました・・・

★4は06年5月21日に中学校の同級会で、銀座に着て行きました♪(1年振りの着用です)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

会場はやはり郷里出身の「大志満」でしよう。
「叉しましょうね♪」と言っていたのに、あれから、遣っていませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

●帯はやはりこの時期に締めたくなる、紫陽花柄の生紬の帯です。

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

★5は06年10月14日に銀座で着物仲間とお喋り♪(5ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

Yさんお久し振りです♪

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は月とススキと鈴虫柄のすくい織りの名古屋帯。

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します 

木綿の着物は何枚か持っていますが、川越唐桟が一番お出掛けに着ていける様に思いました。

余り着物に詳しくない方には、木綿と言わなければ分からないと思うのですが・・・?

私は身丈が4尺3寸で裄が1尺8寸5分なので、袖分を別に買いました。

木綿は水通しをすると驚く程縮むので。

縮ませてから仕立てるので、家で洗える様になるんですね。

★6は07年06年6日に「近江上布・夏の装い展」に行った時に着用。(8ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 
●帯は1.2.4と同じ生紬の紫陽花柄の名古屋帯です。

クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します

★7は08年5月1日に何時ものメンバーと銀座に着て行きました。(11ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

随分痩せちゃったわ〜

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は麻地に紅型で、鳥柄の二部名古屋帯です。 

クリックすると元のサイズで表示します7クリックすると元のサイズで表示します

○塵除けは緑色のレースの道中着です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

もう一枚川越唐桟があるけれど、白地なので、殆んど着る機会が無くて、今年こそ着れるかしら?


2008/10/28

●グレー地の綿紬に帯2本  ●木綿一枚に帯○本

グレー地に白で秋草?柄の綿紅梅。
長襦袢を着てしか着た事がない着物。
洋服では余りグレーは着ないけれど、着物だったら似合う様な気がする。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します
4クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します


★1は02年7月1日にKさんとAさんとPさんの4人で目黒の駅ビルで会った時に着用しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 
ランチは外苑西通りのイタリアンで。
レストランから出たら雨が・・・
アップルコートを着た所。

Kさんのお仕事が大学の講師なので、Kさん一人が大学に戻って講義をしに行きました。
残った3人で池田に行き、いろいろ見る。
講義を終えて又合流して、駅ビルでお茶にする。

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は白地に墨で花が描かれている名古屋帯です。
角出しに結んでみました。

クリックすると元のサイズで表示します

★2は02年7月2日に、一人で原宿でお茶をして、壱の蔵に来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

いつ来ても、ここにはため息の出るお着物が多く飾ってある。
自分は昔着物はあまり着ないけれども、見てるだけで、どんな人が、作らせて、どんな方が着ていたのかと、想像するだけでも、楽しい。
なので、又来たくなる♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は1と同じ。

クリックすると元のサイズで表示します

★3は02年7月4日に目黒のアンティークギャラリーに来ました。(現在は閉店)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ここは古くから有るらしいが、リニューアルしたので、綺麗だった。
アンティークのお店がいっぱい入っている。
小さなお店がいっぱい入っていて、店主が居なくても、お勘定場があるので、便利。

「楽」と言うお店の前で。

●帯は1.2と同じ帯です。

3クリックすると元のサイズで表示します

★4は02年7月7日で今日は娘の中高の親友の○日である。

クリックすると元のサイズで表示します

皆で集まって、お○にお○りして、イタリアン(目の前で、大きな大きなチーズをガリガリとけづって、ダイナミック)でお食事。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

食べるのが大好きだった、Kさん。
居ないのが不思議な感じ。
娘達と一緒にイタリア旅行に3回も行ったし、成人式には新日本髪を結って、1番元気だったのに・・・・
もう4年もたってしまった。

その後で、皆で、カラオケ。
ご両親とは同じ世代、歌う歌は、皆知っている。
今の若い子(娘も含めて)皆さん歌がお上手でした。

●帯は紺地に波柄の、固めの絽名古屋帯を、締め難いので二本に切り離して二部式に直した帯です。

4クリックすると元のサイズで表示します

★03年7月19日に丁度娘が車で新橋を通るので、乗せてもらって、二回目の着付け講習会を新橋で行なった時に着用しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

連休のせいか、参加者は6名で、前回と違って、「着物の着付け」、「簡単帯結びのお太鼓柄のだし方」、「角出しと銀座結びと引き抜き結びの違い」、「半巾」等を丁寧に遣れた。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

主催者のNさん、風邪を押し切って参加してくれたMさん、
真楽のTさん、Bさん、モデルに成ってくれたOさん、皆様お疲れ様でした。
ランチを今回はワンテーブルでパスタを頂き、和気藹々と、楽しい時間を過ごしました。

みんなでKWになっている、歌舞伎400年展を見学に行着ました。
丁度今日は勘太郎、七之助のトークがあるので、凄い人です。
チラッと顔を見て、「日本の傳色」と手ぬぐいを買って、Tさん、Bさんと辻和の夏物セールの最終日に行来ました。

私は極力ある物で組み合わせで、着るつもりなので、SとHの浴衣を買っました。
皆さんは素敵物をお買い上げになり、とても喜んでいらした。

●帯は1.2.3と同じ帯です。

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します

着始めた頃は、着姿を丁寧に写していなかったので、お太鼓の画像が有りませんでした・・・
それにしても同じ帯を4回も締めているのに、ビックリしました。

5年間も着そびれています・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ