2010/8/3

胴接ぎ その3  胴接ぎ仕立て♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この着物は奈良に旅行している時に、見つけた着物です。
一度は袖を通したいと思った、宮古上布♪
新しい反物では到底手に入らないので、最初から古い物を探していました。

デパートではとてもお高くて、手が出ません。
(買った値段では着られないのです。
洗い張りして仕立て直しの料金も考えると、やっぱり考えてしまいます)

幸いに奈良のお店の店主は、とても親切で、信頼がおけたので、旅先でしたが、購入する事にしました。

持ちかえり、早速「きものおたすけくらぶ」さんに胴接ぎで仕立て直しをお願いしました。
薄くて軽くて、涼しくて、真楽の松本旅行にも着て行くほどのお気に入りに成りました。

仕立て直して、本当に良かったと思いました。
接ぎは此れまでの物よりは、一番長く入っています。

★後身頃と前身ごろだけに入っていました。

前の持ち主は小さかったと言うか、昔は夏物は対丈で着ていたのでしょね。
繰り越しもありませんでしたから。

クリックすると元のサイズで表示します

良くみたら下前の襟先10数センチにも接ぎの別布が付いていました。
身長が低かったら、襟も短いはずですよね。

クリックすると元のサイズで表示します

画像に写して見て、こんなに透けるとは思いませんでした。
薄くて、蝋引きしたようなテカリが有って、涼しげです。
上布とはこんなに透けるのですね。

2008/9/18

琉球絣と縞紬の胴接ぎ♪  胴接ぎ仕立て♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

この着物は、亡き父が奄美大島で母に買ってきた、琉球絣です。
これを母は好んで着ていたらしく、袖口も裾も擦り着れて、所々にシミ、汚れが目立つていました。

母からいっぱい貰った中でも、一番悲惨な着物でした。
母は「捨てられ〜」と言いました。

八掛けが橙色で、気にいっていたし、まだまだ着られそうだと思ったので、貰って仕立てなおす事にしました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

★この着物は随分短かったのだと思います。
繰越を解いて、前身頃と後身頃に接ぎが入っています。

亡父の着物の裏地(紺)を貰って、これを胴裏にしょうと、近所の悉皆屋さんに頼みました。
出来あがりを見て、涙が出そうに成りました。(呆然として・・・)
何と!気にいっていた八掛けが、父の紺を胴裏にしてくださいと言った生地になっていました。

どう見ても80歳のおばあちゃんの着物に仕上がっていました。(涙)
直ぐに取り替えてくれる事になったのでしが、橙色の八掛けはこの着物には合わないと、ご夫婦が揃って言われるので、渋々小豆色にしました。

出来あがりを見て、心が踊らなかった・・・

なので、ずーっと箪笥に入ったままに成っていました。
昨日箪笥を開けて、この着物を見つけました。
着てあげようと。

色々帯を合わせてみるが、どうしても合う帯が無い。
奥の方に、20代の時に自分で買ったが締めた事が無い、朱色のふくれ織のコハク風? の帯がぴったりだと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり八掛けは橙色にしておけば良かったと後悔しています。

人の意見は程ほどに、最後に決めるのは自分!
あれからまだ一度も袖を通していない事に気が付きました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この着物は殆ど着ていなかった物を、母から貰いました。
随分(何十年も)箪笥の中で冬眠していたようで、胴裏は黄ばんでいました。

表地はバリバリしていて、とても着難かったです。
それでも3回ほど着たでしょうか?
直す前の着用写真(02年)を見てください。
なんか貧相に見えると思いませんか?
つんつるてんの着物を着ている状態です。

この画像を見て、やっぱりこのままで着るのは無理と思って、今年「おたすけくらぶさん」で仕立て直して頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

洗い張りをして、バリバリ感も取れて、やわらかく着易くなりました。
裄も身幅も丈もたっぷりです。

やっと自分の着物になったと思います。
今までは借り物でした。

身幅も狭いし、身丈も裄も短かったです。

仕立て直し前 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

仕立て直し後 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

★銅接ぎの画像を見ると、接いだ部分が少ない様に見えますが、実際は「繰り越し部分」も伸ばしてあるので、実際には随分長くなっています。
この着物は前身頃と、後身頃に接ぎが入っています。

2008/9/12

龍郷柄の着物と雨コート  胴接ぎ仕立て♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

おたすけくらぶさんから前に頼んであった、青系の龍郷の着物の仕立て直しが届きました♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

光を通したら、透けて見えるくらいに薄い薄い龍郷大島紬です。
共布で接いであるので、ちょっと見には下前のオクミに10cm程接いであるだけの様に見えますが、透かせて見ると、細かく接いであるのが良く分かると思います。

クリックすると元のサイズで表示します 

何処から共布を持って来たかと言えば、お袖がちょっと長かったのと、共襟の下から持ってきてありました。
もうパッチワーク状態です

でもこうして手を掛けると、もう一度自分のサイズの着物として着る事が出来るのです。

この着物は私の代でもうお終いです。
これ以上仕立て直しをすることは無いです!

八掛けもそのまま洗い張りをして、上下を逆にして使ったので、凄く短くなっていました。

画像を見てください。
こんなに八掛けが短いんですよ。
薄いブルーグレイの八掛け。

クリックすると元のサイズで表示します その分胴裏が長くなっていますが、着ていて判る筈もありません。

胴裏が長く取ってあったので良かったです。
もしも短かったら胴裏も接がないと行けなかったのです。
ここまでして良く着るわね〜と思う。

親の物でもなく、祖母の物でもないのに・・・
今では手に入らない、珍しい青系の龍郷柄だったからです。

着物を着る様になってから有る人の龍郷柄の雨コートを見て、どうしても自分も着てみたいと思って、探していたからです。

それを「大和の骨董市」で見付けたんです。

「大和の骨董市」をクリックして見てください。
嬉しかった〜♪

それも道行とのアンサンブルで見つけてしまったので、随分迷いましたが、離れ離れにするのが可愛そうで、両方持ち帰って来ました♪

実は雨コートだけが欲しかったのに、成り行きで、こんなに素敵な着物まで出来てしまいました。
わざわざ遠いおたすけさんの所まで持っていって、いろいろ相談して、電話の遣り取りもして、長かったけれど、やっと手元に2枚が揃って目出度し目出度し、シャンシャンシャンです。


道行きから雨コートは→こちらをクリックしてご覧下さい。

2008/9/3

胴接ぎ仕立て(母からの着物)  胴接ぎ仕立て♪

着物に嵌った時に、母から沢山の着物を貰ってきました♪
私よりも小柄で、裄も短い母の着物です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

この大島は誰が見ても本マルキ(9マルキ)で貴重な物と分かる?ので、仕立て直しをして着る事にしました♪

近所の悉皆やさんに持って行くと、「凄いですよ。こんなに薄くて細かいのは、○○万するから大事にした方が良いですよ」と嬉しいお言葉が♪

クリックすると元のサイズで表示します

祖母が着ていたもので、母が貰って、私の所に遣ってきた泥大島です。
身丈がどうしても足りないので、胴に鋏を入れて、別布(別の大島)を接いでもらう事にしました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

出来て来て、広げて見ました。
一応和裁の仕組みは分かって居るのですが、胴に接ぎの入った場所がどうしても分からないのです。

入っているのは、画像でも分かる通りに、後身頃とオクミだけ。
前身ごろには入っていないのです。
色々考えて見て、襟肩明きを前にずらしたのではないかと言う事です。
(衿肩開きをも一度後ろに鋏を入れた)

何となく納得しました。
後身頃とオクミは違う布が入っていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

こちらの塩沢御召しは、私の好みの柄では無かったのですが、母が良い物だからと言う物ですから、それなら仕立て直して着て上げようかと思いました。

ところが母が気に入って着ていた様で、襟には筋になって汚れが付いていたのです。

無謀にも私は掛け襟は剥がして洗う為に付いていると思って、剥がして、洗ったのです。

塩沢御召しを!
勿論縮みましたとも。

もっと凄い事をしてしまったのです。
ハイターで漂白してしまったのです。
勿論綺麗に色が変わりました。
鮮明にハッキリした色柄になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

画像では分かり難いでしょうが、右の所が襟先です。
オクミよりは柄がハッキリしていませんか。
緑色も鮮明で、柄もくっきりと出ています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

近所の悉皆やさんでは、「塩沢御召しは単の方が良いです♪」とアドバイスを頂いたので、袷を単に仕立てて頂きました。
胴裏も黄ばんでいたことですし・・・

縮んで色が変わった掛け襟も持参で。
出来あがるのがとても楽しみでした。

今回は後身頃と前身頃に別布が入っていました。
オクミには入っていませんでした。
これはオクミの剣先に縫い込みが、多く入って入たからだと思います。

色変りして縮んだ掛け襟は、下前の襟にして生き返っていました。
着ると全然分からないのですね。

着物って色んな知恵を働かせると、なんとか成るものなのですね。

見えない所(下前、掛け襟の下の襟)等は別布でも良ければ、着物として着れるんですね。


人前で着たりぬいたりする着付け教室では、ちょっと着れませんが、それ以外では全然分りませんね♪

2008/5/8

絽の着物の胴接ぎ  胴接ぎ仕立て♪

去年、小さすぎて着物としては着れないけれど、暖簾に良いかも?と思って購入した着物です♪

そのまま解いてしまうのは勿体無いので、家で簡単に着て見て、画像に残しました。

過去の日記から抜粋

9日に購入した、平絽の着物を洗ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

青い水になりましたが、さっぱりと洗い上がったので、身幅と裄を直して、着物として着てみる事にします。(叉チクチクしないと・・・)

クリックすると元のサイズで表示します←チャーリー

透けすけです。
下着をしっかりとつけないと、大変なことになります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

結局自分でチクチク出来なくて、お仕立てを頼んでしまいました。

今さっき「ピンポン♪」と届いたばかりです。
早速出してみました♪

見た瞬間「失敗?」と思ってしまいました。

後身頃の足し布が長すぎると思ったのです。
今までのよりも、やはり長いです。

画像では分り難いですが、前身ごろには長かったお袖から取った布で、同じ分量を足してありました♪

身丈をもう少し短くても良かったかしら?と思ったりしました。

クリックすると元のサイズで表示します

アップの画像ですが、ちょっと分かり難いですが、身丈が長くなった分、襟の分量が足りなくなっています。
下前の見えない襟先の部分にも、足し布をしてあります。

衣敷き当ては背縫いをはさんで、一巾だけ付いていました。
軽くて薄くて、盛夏には気軽に着れると思います♪

クリックすると元のサイズで表示します

試着してみたら、前身頃は共布なので、もしもおはしょりから見えても目立たない。

問題は後身頃の紺色の足し布ですが、試着すると少し見えるようですが、きちっと着ていないので、良く分りませんが、もしも出ても、お太鼓だったら、垂で隠れるので、大丈夫かと思いますが、脇から見えるかしら???


正絹だけど、水を通して、縮ませてあるので、糸は正絹では無く、ポリでとお願いしました。
勿論衣敷き当ても、縮まないポリで♪

此れで、汗掻いても、自宅で簡単に洗えます♪

2007/9/5

椿柄の単大島の胴接ぎ  胴接ぎ仕立て♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

去年着ていたこの椿柄の単の大島が傷んで来ていたので、自分で解いてみました。
思ったよりも痛みが進んでいたので、ネットに入れて洗濯機で洗ってアイロンを掛けて置いてありました。

実は単だし、リサイクルの着物だったので、駄目元で自分で縫おうと思っていたのです。
が、縫い目のところが薄くなっていて、仕立てても駄目だろうと、そのままにして有りました。

丁度お直しの縞の絽があったので、電話して聞いてみたら、「薄くなっているところを避けて縫えば大丈夫ですよ」と言われ、「それじゃお願いします」と、一緒に送ったのです。


クリックすると元のサイズで表示します→フラッシュを焚いて写した。

クリックすると元のサイズで表示します→フラッシュを焚かないで写した。

見えるでしょうか?
前身頃だけに足し布がしてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

仕立てをお願いしたMさんが、大島の端切れを足して下さいました。

クリックすると元のサイズで表示します

お袖もほんの少し短かった物を、長くして貰いました。

これで叉長くこの単を着る事が出来て、良かった♪
洋服ではこんな事出来ませんね。

後身頃に足し布が無いのは、繰越部分を解いて、肩山をずらせたからだと思います。
幸いオクミに縫込みが有ったので、オクミにも接ぎが有りません♪

2007/8/22

胴接ぎ出来ました♪  胴接ぎ仕立て♪

やっと出来上がりました♪
フラッシュを焚いて写したら、接いだ所が分りません・・・

クリックすると元のサイズで表示します

焚かないで写したら、分ります。

クリックすると元のサイズで表示します

胴接ぎはもう遣りたくないですね。
一応出来たので、着て見たいのですが、今日の温度は37度。
エアコンつけても部屋の温度は33度からさがりません。

外はサウナ状態です。
明日は雨とか♪
ホット一息は人間も植物もです。

身丈が短かったので、衿下寸法も短く、着ていてバランスが悪かったのも、解消されて、良かった♪

2007/8/21

途中経過その2  胴接ぎ仕立て♪

上前胴接ぎが出来ました♪

クリックすると元のサイズで表示します

全部解いて縫っている訳では無いけれど、印付けもその都度遣りながら、手間が掛かります。

本音を言えば遣りたく無いちくちくです。

あと下前が残っています。
私は同じ事をするのがとても苦手です。
手袋とか、靴下とか、・・・
同じ事をもう一度やら無くては着られないです・・・
頑張らなくちゃ♪

2007/8/21

途中経過その1  胴接ぎ仕立て♪

上前の前身頃の胴接ぎが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

上前だけですが出来たので、脇を縫って、始末して、袖を付けました。
以前付いていた袖の力布?(袖付け止り)があまりに大きかったので、1/4に切って付けました。
(若しかしてこれは教材としてお稽古に縫われて、着ていなかった物では?) 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

今からオクミに胴接ぎを入れて、衿を付けたら、半身が出来上がりです

クリックすると元のサイズで表示します 

下前は前身頃の胴接ぎが出来ているだけです・・・

2007/8/21

ドキドキ  胴接ぎ仕立て♪

昨日脇を縫い直して(脇の縫い代が同じになるように)、裾から衿付け止まりまで縫い終わった♪

今日はいよいよ前身頃とオクミにハサミを入れます。
事前に持っている塩沢の胴接ぎ寸法を確認して、裾から1尺4寸5分の所に印を付けた。

クリックすると元のサイズで表示します

ドキドキしてハサミを入れました。 

クリックすると元のサイズで表示します 

切り始めたらあっと言う間です。
真っ二つに胴が切れました。

クリックすると元のサイズで表示します

これから此処に接ぎを入れます。
上手く行くかなぁ〜〜

2007/8/20

可笑しい〜?  胴接ぎ仕立て♪

なるべく、解かなくて良い所はそのままにして、縫い直そうと、袖と背縫いとオクミと衿はそのままにして、寸法を取りながら脇を縫い始めた。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

可笑しい???
脇の縫い代が揃わない。揃うはず!
後身頃は背縫いから8寸測って印をつけて、前身頃はオクミから6寸5分測って縫いだした。

クリックすると元のサイズで表示します

と言う事はねじれている?
道理で着難かったと思った。
身幅は有るのに身幅が足りないように着にくかった。
衿も上手く抜けなかったし・・・・

もう一度脇を解いて、オクミも解かないと・・・と言う事は衿も解かないと・・・
簡単な手直しで着れる様に成るかと思ったら、大工事になってしまいました。
でも全て解いてサラから縫うよりは、良いと思わなければ。

2007/8/20

初挑戦♪  胴接ぎ仕立て♪

8月17日に着ていた麻の着物の身丈が短い(3尺9寸)ので、全部解いて仕立て直そうか?それとも胴に接ぎを入れてお直し(衿はほんの少し解くだけで、付けたまま出来るので)にしょうか迷いつつ、まず最初に繰り越し部分を解きました。

次に袖付けを解いて、脇縫いを解きました。

クリックすると元のサイズで表示します

果たしで自分で胴に接ぎを入れて、着れる着物に仕上げるか?駄目元で、この暑いのに遣り始めて仕舞いました・・・・ドキドキ

居敷き当てが共布だったので、それを使います。
まあ来年までに遣れば良いのですが。。。

2005/6/21

近所の悉皆やさんで胴接ぎ  胴接ぎ仕立て♪

母の着物を貰ってから着物を着始めたので、自分サイズに直すために、近所の悉皆やさんに洗い張りとお仕立てをお願いした。
持っていったのは袷の白地に小花柄の塩沢お召し(私の趣味ではないが、良い物だと言うので)それと

クリックすると元のサイズで表示します

6月18日の日記に画像有り。
泥大島の9マルキ(本マルキ)のとても薄くて柔らかくなっている大島紬の2枚を持っていって頼んだ。

クリックすると元のサイズで表示します

4月12日の日記に画像有り。

胴接ぎを入れないと、私の身丈には成らないと言われた。
どれくらい掛かる(料金と期間)のかも予備知識無しで。

二枚が仕上げって来たのですが、胴接ぎの足し布の入れ方が違うのに、身丈はキチット4尺3寸に仕上がっているのが不思議でした♪

接ぎの画像は後で入れます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ