2006/11/15

草履  整理整頓

嫁入りの時の物を、まだ大事に履いています。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

嫁入りの時の天が小豆色のエナメルで、台が革のローケツ染めです。
共色の鼻緒を、台のローケツに似ているものに挿げ替えました♪

クリックすると元のサイズで表示します

成人式に履いた佐賀錦の物で、佐賀錦の鼻緒がきつくなったので、鼻緒を台と同色の太い革の物に挿げ替えました。
前坪がピンクパールがかった物で、台の佐賀錦と違和感が無いので、気に入っています。
30年以上経っているのですが、底が手縫いなので>(最近の物はボンドで貼っている)まだまだ健在です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

紅葉の綸子小紋の残り生地で、作ってもらった草履で鼻緒は黒のエナメル。
以前は共布で誂えてあったが、黒のエナメルにに挿げかえました。

クリックすると元のサイズで表示します

薄い黄色のエナメルの台で、最初は共の鼻緒だったのを、黄色の刺繍半襟の鼻緒に挿げかえました

クリックすると元のサイズで表示します

台が赤のトカゲで天が黒のエナメルの草履で、鼻緒もトカゲだったのを、赤の印伝で挿げ替えました。
前坪は黒です。

クリックすると元のサイズで表示します

台が艶消しの生成り色の革で天がパナマ?で鼻緒もパナマだったのを台と同じ色のエナメルに挿げ替えました。
夏用なので、細めの鼻緒を選びました。

クリックすると元のサイズで表示します

切りビロードの道行きの残り切れで誂えた草履で、共布の鼻緒を、同色のエナメルの鼻緒に挿げかけました。

ずーっと箱に仕舞いっ放しだったので、どれも鼻緒がきつく、固く成っていたので、全部一度に持っていって、全ての鼻緒を挿げかえました。


着物の残り布で誂えた鼻緒を挿げて、着物とお揃いで履くことが多い下駄。

クリックすると元のサイズで表示します

黒の塗りの角丸の高右近で裏が朱塗り。
鼻緒は縞縮緬の着物とお揃いの、細い縞の部分で作ってもらった物。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

白塗りの角丸高右近下駄に、着物の染め大島の端切れで仕立てた鼻緒で、裏は小豆色の本天に前坪は黒。
着物を着る様になって、初めて探し回って買った下駄。 
木綿の鼻緒が付いていたのを、痛んできたので、挿げ替えて大事に履いています♪
染め大島を着た時にお揃いで履くことが多いです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

鎌倉彫りの右近下駄に、鼻緒は染め大島の着物の残り布で作って貰った。

着物とお揃いって何となく嬉しい♪
殆んどその着物を着た時には、履くようになった。



下駄

クリックすると元のサイズで表示します

職人展で購入した日田の下駄。
鼻緒が踵から外付けで幅広いので、履き易い。
前坪にはビニールのパイプでカバーされている。
台は立体的にカーブしていて足に馴染む。
洋服でもOK。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

黒塗りで、裏が赤の、のめりで前が角丸。
鼻緒はベージュの太い本天で、前坪は紅。
慣れないときには、歩くとカクンカクンとするので、慣れるまで歩くたびに疲れた。

クリックすると元のサイズで表示します 

焼き杉台右近に、白地の麻の葉柄の印伝で、通し前坪。
何を間違ったのか、LL版で作ってしまった物。
下駄は小さめの方が良いのに・・・
履く機会が少ない。

クリックすると元のサイズで表示します

黒の高右近型で螺鈿。
鼻緒は板絞りの既製品。
ちょっと重たい。

下駄は草履に比べて硬いので、疲れる。
脱いで家に上がると、ホッとする。



草履

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ピンクシルバーの小判型台に、小豆色の鹿の子絞りの誂え鼻緒。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

初めて長谷川で作った草履の鼻緒が気に入らなかったので、紫系の総絞りの誂え鼻緒に挿げ直して貰う。
上の草履の台とは色違い。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ホワイトパールの台に、天がパナマ。
白のエナメルの鼻緒に挿げ替え。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

履物は阿波屋さんの細身のシルバーグレイの台に同じ花緒。

クリックすると元のサイズで表示します

黒のエナメルの台に、白と黒と金の組紐の鼻緒。
前坪は黒。
バックとお揃いの物をを購入したので、正式に履ける草履です。

クリックすると元のサイズで表示します

黒のエナメル台にシルバーグレーの鼻緒に小豆色の前坪。

クリックすると元のサイズで表示します

唯一のウレタンソールの黒い台で黒に白の印伝鼻緒。

クリックすると元のサイズで表示します

祇園のない籐さんの白い装履、白の蝋引きの台で、花緒は通し前つぼで紅。

雨下駄

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

祇園のない籐さんの雨下駄。
爪皮は本皮で、白革の花緒がつぼ通しで無かったので、つぼ通し花緒に取り替えて頂いた物。

クリックすると元のサイズで表示します

黒塗りの二枚歯で天に竹柄。
赤の鼻緒を白赤に挿げ替える。
爪皮(最近物)はビニールの傘柄。(嫁入りの物)

クリックすると元のサイズで表示します

黒塗りの二枚歯で白黒の鼻緒に挿げ替える。
爪皮は本革の赤。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ