2006/5/26

●5月24日の装い  ▲今日の装い/単衣

紺地で、斜めに格子の様に菱形の絣で柄が出ている、単仕立の大島紬。
薄くて軽くて、皺になりにくくて、とても着易いし、色んな帯とも合わせ易い着物。
2年振りに袖を通しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

半襦袢は正絹を、仕立てる前に洗ってから仕立てた物。
半襟は薄い薄緑の絽縮緬。

●帯は昼夜帯で裏が草色の無地で表が更紗柄です。
前を少し斜めに折って締めてみました。

クリックすると元のサイズで表示します7クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは帯の中の一色で煉瓦色の無地縮緬。
帯締めも煉瓦色の細めの物。
帯留めは翡翠
根付け紐は小豆色のトウモロコシの上に兎。
腰飾りは頂き物の手作り匂い袋。

クリックすると元のサイズで表示します←扇子は若草色なのです。

久しぶりに使用した木綿のパッワークの袋。(赤色緑色が上手くパッチワークされている)

クリックすると元のサイズで表示します

角丸の高右近で裏が朱塗りで、鼻緒は縞縮緬の単のハギレで作ってもらった物。

クリックすると元のサイズで表示します

何となく緑系赤系のコーディネートにして楽しんで見ました♪
雨に濡れたけれど、乾いてからは異常は見られなかった。
帯も少し濡れたけれど大丈夫でした。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ