2006/5/21

四年振りの同級会♪  ◎同級会

クリックすると元のサイズで表示します

中学校の同級会を、四年振りに銀座の「大志満」で遣る事に成って、誰が参加するか楽しみに早めに家を出る
コアビルの前でMさん(四年振り)とばったり会ったので、一緒に着物関係のお店を見て歩く。

時間に会場に着くと、もうみんなが個室に集まっていて、懐かしい顔ぶれで和気藹々♪

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

1は左からNさん・T君・O君・T君・私・Sさん。2は左からSさん・私・I君・K君。

3クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

3は左からM君・Mさん・Nさん。4は左から私・Sさん・I君。

私達の年代は団塊の世代で、1クラス43〜44名で男子196名女子152名の総勢348名の卒業。その内関東に出て来ている人数が四年前で35名。
なんと1割の人が上京している♪
今年現在は30名。

今回の参加者で、小学校がそれぞれ別々だった人(4人)や高校が別の人(4人)も居て、長い人生の内のたった3年しか一緒で無かった人(1人)も居るのに、あっという間に中学時代に戻れて、懐かしかった〜
小中高が同じ人はなんと3人だけ!
中高が同じ人は7人♪

持って行った「卒業アルバム」や「卒業式授与の名簿日誌」を見ながら、気持ちはもう中学生に戻っている。
懐かしそうに見たり、旧友の名前と顔を確認したりと、時間はあっという間に過ぎて行く。

クリックすると元のサイズで表示します

何故かこちらの生活が長いので、方言が余り出なかったのは残念だった。
今度は方言丸出しで話したい物ですね。

つるつるいっぱい・かんかんに詰める・○○○○ぜ〜・○○しねまぁ〜・あそこだけやね〜〜・あんやと〜・よしかかる・りくつな〜・肥えとる〜・いいんない♪

(方言思い出したらコメント欄に書いてね)

38年豪雪で体育館が潰れて、心労で校長先生が亡くなられて、卒業式を小学校で行なった事。

「大道無門」あの石碑は今何処に有るのでしょう?
母校の中学校も小学校も跡形も無くなってしまった。
ダムの底に沈んでしまった母校の小学校の人も居る。

頂いたお料理は
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

先付 ほたる烏賊と蓮芋と食前酒
吸物 みどり碗(海老のつみれ・じゅん菜)
造り 旬の造り

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

煮物 治部碗
焼物 太刀魚のニ身焼 丸茄子 じゃが芋
合肴 飛魚の梅じそ揚げ 餅湯葉

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

酢物 帆立貝と蛸の焼霜 
飯  焚き込みご飯 汁 香の物
お食事後 酒の香

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回の参加者10名でT君は初参加♪→四年前で17名(他府県に越して行った方も居た)

I君とT君とは、ここでお別れして、2次会に地下の「ライオン」でビールで乾杯♪
初参加のT君の話題でアルバム大人気♪
覚えて置きます4人の事は(笑)
ココでNさん退席。

還暦には是非故郷に帰って合流する話や、次回は11月に一人でも多くの人を誘い合わせて、催す事に決定♪

所沢市・上尾市・町田市・成田市・松戸市・茅ヶ崎市・君津市・泉区あとは都内から皆さん参加してくださって、素敵な時間を過ごせました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

女子3人は3次会?で「銀座 立田野」で甘味
食育について色々興味ある話しを聞かせてもらう♪

クリックすると元のサイズで表示します

銀座四丁目の夜は深けて来る。
名残惜しくて、地下道入り口でも話しは止まず、近いうちに会えたら良いねとMさんと別れる。

飲みたいねと、何時も良く行くお店を案内しながら、コーヒーブレーク。
早速再会予定を入れて、銀座線と日比谷線で別れる♪

何故か、急いで居るように見えるけれど、残り人生をエンジョイしなくちゃね。
子育て終わって、これからは自分達の為に、時間もマネーも遣いましょう。
それには安全な物を食べて、健康で居る事が一番ですよね♪
 



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ