2006/4/20

酒田の旅行(二日目)  ■国内旅行記(山形県・酒田)

やっぱり今日は雨だった。
5人とも朝食は庄内米の和食を選んで美味しく頂く♪
ウエルカムコーヒを飲みに降りて行くと、もうT子先生が迎えに来て下さっていた。

クリックすると元のサイズで表示します
 
Tちゃんのお店か歩いて行ける、「相馬楼」
昨日行こうとしたら休館日だったので、再度訪れた江戸時代から酒田を代表する料亭の「相馬楼」
2階の大広間は演舞場として舞妓踊りが楽しめる。
畳みは縁なしの紅花染めの桃色の畳だった。
ゆっくり全館を見学して土蔵のお雛様や美術品(今日は竹下夢二の掛け軸)も見る。

クリックすると元のサイズで表示します←撮影禁止って書いて無いから写した所、写してから気が付きました。
隅のほうに書いてありました・・・ごめんなさい。

歩いてTちゃんのお店に戻って、一休み。
薄着をしていたので、上着を借りたり、童謡でお歌の練習をしたりして過ごす。
荷物はお店に置いたままで、友人が運んでくれると言われた。

お昼はTちゃん御用達の武蔵で、いくら丼を頂く♪
普通の御飯(寿司飯ではなく)のいくら丼♪
凄い〜いくらの量♪
ピカピカ輝いている。
アップでも。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

たらの芽・こごみ・うどの天麩羅。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

地物の白身の握り寿司。
一貫だけつまむ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

巻き寿司は、珍しい山芋といかを野沢菜で巻いてあるもの。
あっさりして美味しい。
2個つまむ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

お腹イッパイになったので、先日T子さんが受賞した「土門 拳賞」の「土門拳美術館」で催されている二人展を観に行く。
外は凄い雨だけれど、沢山の方が見えられていた。
お二人の作品の対比(何処に目を向けて写したか)を優しく解説して頂いて、素人でもとてもよく分かった。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

外はしとしと雨が降り止まない。
気温は1度・・・・寒い〜

今日はKちゃんの運転で酒田よりも南下して、「湯の瀬温泉」に行く。
何か修学旅行気分の様で、ウキウキしてくる。
丁度8人乗りの車で、ずんずん携帯の電波の繋がらない山の奥に入って行く。
ガードレールもない所を、カーブしながら、落ちたら「痛いよう〜」と言いながら、「スピード出さないで」といいながら。
「湯の瀬温泉」に一軒しかない「湯の瀬旅館」に本日は宿泊する事になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

女性はみな同室で7人が宿泊。
本当に修学旅行を思い出す。
夕飯前に皆で温泉に浸かりに行く。
とても熱いので露天風呂に移動。
とても大きくて、プールのように深い。
別に温泉プールもあり、凄い温泉の量。
浴衣に着替えて、お部屋で夕食。

夕食から参加のTピーさんやSちゃんのお知り合いのSさんも参加されて、和気藹々と食事の宴が始まる。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

自己紹介から始まって、宴たけなわ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

お味噌汁の御椀の大きな事。
中の筍も半端じゃ有りませんでした。

Kコさんはバタンキューで一人爆睡。
2次会は持ちこみOK♪で氷とグラスを借りで、深夜まで話はつきません。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ