2006/4/14

4月14日の装い  ▲今日の装い/袷

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

今日の龍郷柄の大島は、着物と道行きだった物を解いて、着物と雨コートに仕立て直した物です。

見えない所には接ぎを入れています。

何度も水を潜っているのか?とても柔らかく、着ごこちが良いです。

●帯

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

半襟は、雲の地紋の生成り色。

帯は、青地に真赤な、どかんと大きな花柄の総綴れ名古屋帯です。

昨日帯箪笥を整理していて見付けた帯ですが、嫁に持って来て一度たりとも締めた事が無いと言うか、こんな帯良く買った物だと呆れていました。

呉服屋の口車に乗って買ったとしか思えない帯!

お太鼓の柄から垂れ先までが長くて締め難い〜

●小物

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは、山葵色の無地縮緬。

帯締めは五分紐で白黒の横縞。

帯留めはガラスの青い花。

扇子は文扇堂。

根付は頂きもの。

●道中着

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

長道中着は、薄紫色の桜がら。

●バック

バックは、Hの黒のアカプルコ。

●履物

クリックすると元のサイズで表示します

履物は、艶消しのローズがかったグレーの革の台に、ローズの鹿の子絞りの半襟で誂えた鼻緒です。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ