2008/3/31

母の青緑の絣の着物に帯6本  ●袷(胴抜き含む)一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

着物は母から貰った青緑の絣柄の着物。(本当に緑が好きですね♪)
貰って直ぐに着て見た1は裄がつんつるてん、恥ずかしい〜くらいでした。
これはまだ仕立て直さないで、着用しています。
色柄ともに気に入っているのに、どうしてかしら?

2からは、裄だけをギリギリまで出して、着用しています♪

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は02年11月17日にKさんと、落語初体験を末広亭で。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

今日はKさんと初めてお会いする事になった。
伊勢丹の呉服売り場で待ち合わせる。
早目に着いたら、紫織庵の催事をやっていたので見て見ると、昔の物を再現した切りビロードのグレーの、芭蕉の葉のコートを羽織るだけ羽織らせてもらった。
うっとり・・・・でも高額で買える金額ではなかった。

早めに食事をして、末広亭に入るが、中は昔のままらしい。
履物を持って中に入ると、下駄箱が手すりの下にありました。
両側は畳で高くなっていましたが、真中に向かって、畳が斜めに下がっているので、座っていると、段々中心の方に滑っていってしまう。

入れ替えなしなので、途中から入るが、テレビでは余り見ない人ばかりでした。
着物着用の人がいらっしゃるのかと思ったけれど、殆ど居なくて、がっかりでした。
もっといらっしゃるのかと思った。

●帯は紫地で童子の柄の作り帯。
お太鼓を折り上げた部分が、綴じてあるので、変な皺が。
今回も帯揚げと、帯締めを辛子色で揃えました。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

★2は02年11月30日に浅草に行った時に着用しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

浅草の雷門で待っていたら、目の前を、人力車に乗った花嫁さんと花婿さんに、御付きの人。
とっさにシャッターを切りました。

クリックすると元のサイズで表示します

今日はNさんがズーッと通っている、履物メーカーのバーゲンにご一緒させて頂ました。
ここでBさんと初めてお会いしました。
色々見ていると、趣味が似ているようで、欲しい物がかち合ってしまう。ぅぅぅ〜。

ランチは名古屋名物の「櫃まぶし」皆でわいわい頂くと、あっという間に大きなお櫃の中が空っぽ!
呉服屋さんに行く人と、お茶の人とに別れて、私達は文扇堂さんに寄ってからお茶をする。

●帯は最初は着物だったものを解いて、二本の帯に直した物を妹から貰った。
とても締めやすくて、角だしにして結んで見た♪
帯揚げと帯締めを同系色に揃えました。

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

○コートは明るい青緑の切りビロードで、漆で雪輪の柄。
とても丈が長いので、重宝しています。

クリックすると元のサイズで表示します

★3は04年1月31日に人形町までNさんと体験染めに出掛けた時に、着用しました。(1年と2ヵ月振りに着用しました。)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

Nさんを誘って、ころもやさんの「江戸小紋を体験しましょう!」友禅染めの第一人者の伝統工芸士・田島輝久先生による、江戸小紋のお話と伝統技法の実演、さらに染色体験まで!させて頂きました。

お店はとてもモダンな感じで、白木で、ゆったりとディスプレイされて、とても見やすかったです。
時間になったら、続々と皆さんがお店に集まって来られて、Sさんもいらしていました。

最初はお二階で、東京染め小紋のお話から、型紙、反物の実物を見せて
いただきながら、次から次と目の前にするするする〜と色ん柄の反物を
広げて見せて頂く事が出来ました。

次に板場に降りて来て、江戸小紋の染めを実演をして下さいました。
型紙を置きかえる時に、ミス無く置く事がいかに難しい事か・・・
次は皆で好きな色のランチョンマットを選んで、型紙も好きな物を選びました。

私は「狢菊」を選びました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

まず最初に糊の付いた台に、生地を伸せて、選んだ型紙を置いて、金色の
染料をへら?で均一に伸せていきます。
型紙をはがす時が、なんとも云えません。
皆さん色んな色のマットで、色んな柄で、それぞれ素敵な自分だけの物が出来ました♪

今このランチョンマットは、プリンターの上で塵除けにしております。

●帯の写真を写すのを忘れていました。
帯は紫色の半巾帯で、琉球柄が織られています。
帯留に赤い椿の縮緬細工のブローチを付けています。

クリックすると元のサイズで表示します

○羽織は総絞りの中羽織。

クリックすると元のサイズで表示します

この着物は1年以上着ていない。
自分サイズに成っていないから、着ようと思わないのかも知れない。
好きな着物なのに・・・
裄が短いが、反物自体が短いから直しても仕方が無いと思って、そのままになっている・・・

★4は05年11月14日に、浅草に行った時に着用しました。(1年10ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は、薄い卵色の浦野帯です。(経糸にネップが入っている独特の経筋紬の帯)
無地は、余り好みではなかったのですが、締めて見ると合わせ易い事を発見する♪

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

○コートは青紫色のベルベットに、織柄が入っている、ロング道行コートです。

クリックすると元のサイズで表示します

★5は06年1月19日にKさんとTさんとで、平塚・大磯に出掛けた時に着用しました。(2ヵ月振りに着用しました)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

●帯は母から貰った、ぼやけた花の柄の名古屋帯。

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します

○コートは4と同じもの。
寒かったので、シルバーフォックスのストールを持参。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

★6は08年3月26日にEさんと恵比寿に、お得なふかひれコースを頂に行く。(2年と2ヵ月振りに着用)
最近着ていない着物をこのコーナーから選んで、着物を着用。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は薄〜いピンクがかった薄紫地の塩瀬名古屋帯。
紫色と白の桜草の柄。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

○コートは辛子色に黒の紬の道中着。
殆んど無地に見える。
和風ブローチを胸に付けてみました♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ