2002/3/20

(緑ケ丘)着付け教室5回目 礼装、袋帯  着付け教室

今日は礼装なので、またまた母から貰った、ふるーい地紋の入っている、肌茶色地の色無地で。

じゃりっとした生地?に、母の叔母?(いいものらしい)単の袋帯?

(袋に成って無いからなんと言うのかしら?)

濃い桃色の伊達襟をして、桃色の帯締め、刺繍半襟で着てみました。

出来た所で先生と一緒に「はい、パチリ」

クリックすると元のサイズで表示します

裄が短いから、手を縮めているのが分かるかしら?

こちらの先生にも聞いてみたら、鈴乃屋だそうです。

この先生は鎌倉から来られています。

良い所の奥様と言う感じで、おっとりしていらっしゃる。

自由が丘の先生とは正反対である。

母の古い着物で練習をしていると、余り気に入らないような、 感じに見受けます。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ