2016/1/14

始皇帝と大兵馬俑展(1/14)  ◎洋服でお出掛け(上野・浅草・人形町)

クリックすると元のサイズで表示します

前日に、Kさんから「急ですが、明日午後上野に兵馬俑を見に行こうと思いますが、如何?」と言われたので、「空いています♪」と即答。

クリックすると元のサイズで表示します

皆さんは、観終って帰る頃に、私達は、上野で待ち合わせ。

クリックすると元のサイズで表示します

日はこんなに影って、長い影に成って仕舞いました・・・

クリックすると元のサイズで表示します

平成館をバックに写して貰いました。

クリックすると元のサイズで表示します

この時間から鑑賞する人はまばら・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

すんなりと入れたのですが、「カメラ禁止」と言われ、バックに仕舞う。

夫婦で、最初に中国に行ったのは、94年6月。

上海・北京。

何故紫禁城が、あんなに埃っぽいのかその当時は分からなかった・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

最初の皇帝「始皇帝」はみずから巨大な陵墓を造らせて、近くに約8千体の陶製の軍団「兵馬俑」を埋めさせた。

1974年に発見され、今もなお続く兵馬俑の発掘。

クリックすると元のサイズで表示します

20世紀の考古学で、最大の発見。

始皇帝が地下を含む陵墓一帯に空前の規模で築き上げた「永遠なる世界」の実像。

一段高い所から、全体を一堂に見る事が出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

下りて、近くで見ると、将軍俑・騎兵俑・御者俑・馬丁俑・立射俑・歩兵俑・雑技俑等バラエティ豊かな兵馬俑が勢ぞろいして、いました。

発掘現場「兵馬俑抗」が再現されていました。

撮影が出来たので、順番に写して貰いました。

銅車馬は、1/2の複製ですが、素晴らしかった。

クリックすると元のサイズで表示します

そろそろ観終ろうとした時に、「あと5分で閉館」とアナウンスが流れ、慌てました。

一人一人は、大人よりも大きくて、見上げる程でした。

クリックすると元のサイズで表示します

現地では、小さな発掘された物は、見ましたが、最大の発見を日本で見る事が出来て、良かったです。

5時に成って仕舞ったけれど、しっかりお茶はします。

クリックすると元のサイズで表示します

Kさんは、お土産に、チョコの兵馬俑のセットをお買い上げ。

クリックすると元のサイズで表示します

何処から食べるのか、気に成りました。

頭から?足から?

クリックすると元のサイズで表示します




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ