2010/7/29

有松絞りの浴衣に帯7本  ●木綿一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

母が良く着ていた有松絞りの浴衣♪
何度も水を通っているので、柔らかくて着易いが、全体に小さくなっている・・・
腰紐を幾ら下に締めても、お端折りが出ない。
だからと言って対丈程短い訳ではない。

そこで考えました(-_-;)
そうだ♪
子供の揚げの様にすれば良いじゃないの。
と言う事で、ざくざく揚げをしました。(お端折りに見える様に)
対丈の浴衣ですが、おはしょりが有ります。
着易い〜〜旅館の浴衣みたいに。
上前襟先を安全ピンで止めてます。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
7クリックすると元のサイズで表示します8クリックすると元のサイズで表示します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は02年7月20日に「月島にもんじゃを食べに行こうオフ会」に行った時に着用しまた。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

浅草で待ち合わせて、浅草を散策。
雷門下で♪

クリックすると元のサイズで表示します

暑い時に熱い熱いもんじゃを食べようと、言う事で集まった。
凄い量で、ビックリ仰天でした。
明太子なんて、大きなのが2腹、鮭なんて、大きな切り身が一切れですもの。

クリックすると元のサイズで表示します

お店の前でお腹満腹で一休み♪

●帯は表が赤と白の格子柄で、裏は赤の無地の半巾。
裏の無地を表にして締めて、垂を格子の表を垂らしています。
20代の時の物。

浴衣で電車に乗るのが気が引けたので、半襟を付けて着ています。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

★2は03年7月10日に浅草の「ほおずき市」に行った時に着用しました。(1年ぶりに着用する)

クリックすると元のサイズで表示します

着付け教室の友人3人で浴衣で行くはずだったのに、待ち合わせ場所で、私一人が浴衣でした!
小雨で断念したそうです。
最初にセールの箱長さんに。
裁縫箱用にと3段の小引きだしを購入。

仲見世をぶらついて、今日お参りすると、四万六千日お参りした事になるそうな。
去年もお参りしたので、私は、すごい事に成るのかしら?
今の時期だけ雷除けのお札が売っていました。

ほおずき市は、浅草寺の上から見ると、何100軒のお店が出ているのかしら?
鉢植えの大きさもいろいろお店によって違っているし。
大きな鉢のお店でおつかい物と、母に遅くなったけれど、誕生日の贈り物にと、ガラスの花火柄の風鈴と一緒に贈る。

クリックすると元のサイズで表示します

ランチは「もんじゃ」の「おすぎ」で初めて食べる「おせんべい」の食べ方で。

友人と別れて、KW化した、ブラシ屋さんと、ウィッグ屋さんに寄って、帰る頃には浴衣の人を多く見かけたが、お昼頃は、浴衣は私だけだった。

●帯は小豆色の博多の2本独鈷の二部式帯。
買ったウイッグを付けて見ました、簪も。。
(これっきりただの一度も付けたことが無い〜。
やはりショートが好きです。)

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

★3は03年8月13日に家で着ていました。(実は誕生日なんです)(1ヶ月振りに着用)

今日から夫の長い夏休み。
ゆっくり寝ていたら、目が覚めたら娘はもう仕事に出かけていた。
「今日は何の日?」と聞いてみたら、夫は知らなかった。
カレンダーに前から書いてあるのに!

PCを開けてみると、お嫁さんからカードが届いていた。
妹からはメールでおめでとうと。
とても嬉しい。

普段と何ら変わらない休みを過ごす。
昨日の続きのチクチクを仕上げる。
娘が仕事から帰ってきた。
花束なんぞを期待して、「お帰り〜♪」と娘を見ると手ぶら.....
すると「お母さん今週居る?」と聞くので、「何処かに行くの?」
と聞くと、「お花が届くの50本」「えっ!」
「嬉しい!!!!!有難う」

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

土用に鰻を食べなかったので、鰻、茶碗蒸しを頼んで頂く。
とても柔らかく美味しかった。

●帯はウールの半巾で20代の時の物。(今は虫が食って処分しました)
紫の細い丸の帯締めと、スカーフリングでちょっと遊んでみた。

3クリックすると元のサイズで表示します

残念ながらこの画像しか残っていませんでした・・・
でも残っていて良かったわ♪

★4は04年6月17日に近所の悉皆やさんに行った時に着用しました。(10ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

だいぶ前にお願いしてあった、お直しが出来あがったと電話が有ったので、絞りの浴衣を着て、カランコロンと受け取りに行く。

父方の亡叔母の形見の「儀延作の江戸小紋」と「牛首紬の色無地紋付」は裄を目いっぱい出してもらった。

嫁に持ってきた付け下げ紋付(1月16日着用)はお袖を短くして、柄が切れないように、袖山をずらして(袖を新たに縫い直し)、黄ばんだ胴裏も新しく取り替えてもらった。

(普通に仕立てるよりも高く付いたけれど、洗い張り分が掛からなかったので、仕立て直すよりも割安だった。)

★帯は頂き物で、名古屋帯をわざわざ細帯に仕立てた物。
柄が途切れていて、半巾よりも長いので、柄を出して変わり結びをするのは、ちょっと難しいかったです。

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

★5は04年8月6日に家で着ていました。(2ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します

久し振りに手っ取り早く、絞りの浴衣を着て夕涼み。
あしべ織り汗取りとステテコで、帯板も伊達締めも無しで。
短くなってしまったので、腰揚げもしてあるので、超簡単に着付けられる。

家に居るだけだったら素肌に着るんだけれど、DVDを返しに行くから、一応風が吹いても大丈夫な様に下着着用で。

●帯は1で締めている博多織の半巾を裏側(本来こちらが表)で締めている。

5クリックすると元のサイズで表示します

★6は05年7月21日に着用しました。(11ヵ月振りに着用)

無料弁護士相談の為に区役所に車で行く。
10時45分から30分の相談。
時計を机に置いて色々聞いてもらったり、質問したり。
弁護士さんって言っても、当たり前だけど、普通の気が良い叔父さんだった♪
2分ほどオーバーして、急いで家に。
直ぐに絞りの浴衣に着替えて、TさんとSさんと待ち合わせ場所に12時きっかりに。(私のほうが早かった♪)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

ランチを食べながら、楽しいお喋り♪
色々喋る事があるなぁ〜と思いながらお喋り。
途中で目がしょぼしょぼとして来た。 可笑しい?
隣でタバコを吸っているから・・・・
こんな事初めて。
数えて見ると、15本も灰皿に!!!
(人の迷惑かえりみず)

東急で「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」を見つけて友人にも勧めてお買い上げ♪
台湾産マンゴーも。
食べるのが楽しみ〜

●帯は縞の博多の半幅。
薄いので、クタッとしている・・・
若しかして8寸の単帯を折って、半巾にしてのかも?

クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します

★7は05年8月20日に多摩川の花火を見に行く時に着ました。(1ヵ月振りに着用)

庭仕事のあとお風呂に入り、24時間風呂の掃除。
たまには浴衣でもと思い、超簡単な、縫い上げしてあって、旅館の浴衣の様に着れる絞りの浴衣に、付け帯。

クリックすると元のサイズで表示します

夕方にはそよそよと庭から風が入ってくる〜
そうだ、今日は多摩川の花火♪
チャーリも連れて、車で出かける。
尾山台駅をつき抜けて、土手へ。
凄い人と、車で、止める所が無くて、車の中からほんの少し眺めて、家に逆戻り。。。。

家の2階からは音だけが聞こえる。
今日のお月様はまん丸で大きく美しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は嫁入りの時の、赤の付け帯です。 。

クリックすると元のサイズで表示します7クリックすると元のサイズで表示します

★8は06年7月20日に家で着用しました。(11ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は木綿の半幅帯です。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

動物と写す時には、赤目防止にしないと可哀想。

お下がりの浴衣ですが、4年間に8回着用して、まだまだ着るつもりです。
浴衣は一年でおしまいなんて勿体無くて出来ません。
(昔は、今のTシャツ感覚で毎日着ていてから、毎年新調していでしょうね)


4年間着ていないわ〜〜



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ