2016/5/21

●大島紬の斜め菱形単衣に帯10本  ●大島紬単衣一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


紺地で、斜め格子の様に菱形の絣に柄が織り出されている、単衣仕立の大島紬。

薄くて軽くて、皺になりにくくて、とても着易いし、色んな帯とも合わせ易い着物です。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

4クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します

7クリックすると元のサイズで表示します8クリックすると元のサイズで表示します9クリックすると元のサイズで表示します

10クリックすると元のサイズで表示します11クリックすると元のサイズで表示します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は、02年6月4日に、自由が丘の無料着付け教室(日本和装)で着用しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

最近は何故だか余り出番が無いけれど、最初は良く締めていた昼夜帯です。

裏が朱色で、表が紺色の更紗柄の帯を、少し折り返して、角出し風に締めています。

朱色の花が、サイコロの五の目の様に出ているので、今度は朱色の花を横に2個出して締めてみようかしら?

ちょっと派手になるだろうなァ〜

垂れの朱色が効いています。

★2は、02年6月10日に、大井町と目黒に出掛けた時に着用しました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大井町の呉服屋さんに伺って色々アドバイスを受けました♪

目黒の「時代布 池田」に寄って、先日購入した帯を締めて、見てもらいました♪

●帯

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

帯は白地の絽で、墨で花が描かれているものです。

垂れがずるっと滑って下がっている・・・・

わぁ〜ポリは、だから嫌なのです。

帯留はアンティークの大きめなブローチを帯留金具を使って帯留めに

★3は、02年9月21日に、暑い中、浅草の「駒形どぜう」に行った時に、OちゃんとNさんと一緒に食べた時に着用しました。(3ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ガラガラと戸を開けると、中は畳み敷きに座布団が並んでいました。

地べたで、持ち運んでくれた炭火のコンロで頂きます。

暑い時には熱い物を、ふぅふぅして、食べるのはこれまた、美味しい物です。

クリックすると元のサイズで表示します

着物に嵌った頃で、大きなプラダのトートに、エルメスのレモンのキーホルダーを付けて、買う気満々でした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この後、浅草橋に行きました。

●帯

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

帯は、白地に紺色の紅型の縮緬9寸名古屋帯です。

★4は、03年6月9日に、Nさんと浅草に、これで3度目のどぜうを食べに行く時に着用しました。(9ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

柔らかくて、全然土臭くなくて、美味しい!

どぜう鍋、鯉の洗い、くじらの立田揚げ、茶碗蒸しにちょっと日本酒なんか、頂いて、下町気分を味わいました。

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

帯は、箪笥の中でじーっと30数年間、今日の出番を待っていた、木綿の8寸名古屋帯です。

★5は、03年6月10日に、前日に引き続いて、浅草に出かけた時に着用しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

着付けの友人を浅草に案内しました。

長谷川さん・文扇堂さん、仲見世通りを。

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します

帯は、紗献上帯で、白地に紺の柄です。

しゃきっとしていて、気持ちが良いが、締めにくい・・・・です。

★6は、04年6月5日に、伝統工芸師の松原染織工房見学に、真楽の皆さんと工場見学に出かけた時に着用しました。(1年振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

夕食の「升本」(画像はそこのお座敷で)で亀戸大根とアサリ鍋を頂きました。

●帯

クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します

帯は、2と同じ帯です。

ずるっと締めにくいので、簡単帯結びではなくて、普通の結び方で結んで出かけました。

★7は、05年5月19日に、高島屋の「日本の伝統展」で、私の持っている奄美大島紬に幾つかの穴を発見!

この穴の事を質問に、着物を持って伺いました。(11ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

織った時に出来る穴との事でした。

大島紬は虫に食われないそうです

●帯

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します7クリックすると元のサイズで表示します

帯は、紬の着物から仕立てた、二部式帯を角出しに結びました。

顔がふっくらとしているわぁ〜太っていたんだわね・・・

★8は、06年5月24日に、細見華岳展と中華街に行った時に着用しました。(1年11ヵ月振りに着用)

帰りは雷雨に遭ってびしょぬれになってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します8クリックすると元のサイズで表示します

帯は、昼夜帯で、裏が草色の無地で表が更紗柄です。

前を少し斜めに折って締めてみました。

短いので、締め難いです。

★9は07年10月6日に、爆裂トークオフ会に参加した時に着用♪(1年5ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します9クリックすると元のサイズで表示します

帯は、母から譲り受けた、れんこんの輪切りのような柄の、織りの名古屋帯です。

光が強すぎて顔も帯も、白く成ってしまった・・・

この大島紬は、濡れても何とも無かったので、単衣なので、自分で洗えるかも知れないですね。

成るべく畳んで皺がつかないように気をつければ、大丈夫かも?

それにしても3.4.5と同じ着物を着て浅草に行っていたのには、驚きました

★10は09年6月19日に、何時もの仲間と銀座に行った時に着用しました。(1年8ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

下着は本麻の上下に、長襦袢も本麻です。

それほど暑くは、感じませんでした。

●帯

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯は、白地の絽綴れで、三角に見える柄がすくい織りです。

軽くて、薄くて、夏には重宝します。

★11は、12年5月30日に着物仲間と、浅草から人形町までを散策した時に着用しました♪(3年ぶりの着用です)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します 

●帯

クリックすると元のサイズで表示します11クリックすると元のサイズで表示します

帯は、生紬の二部式で、うっすらと紫陽花が描かれている物です。





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ