2013/7/16

中原淳一展(7/6)  ◎洋服でお出掛け(横浜方面)

キチット チケットを確認して、出掛けてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

先にランチをとりました。

レストラン街をグルグル回って見て、此方を選びました。

クリックすると元のサイズで表示します

無農薬・減農薬の野菜を中心とした旬の安心食材や旬の魚を使った自然食レストラン。

クリックすると元のサイズで表示します

追加料金で、飲み物と、ケーキが出ました。

何時もの様に、お喋りしていて、見る時間が無くなっては大変と、急いで会場に。

クリックすると元のサイズで表示します

13歳年上の叔母の部屋に行くと、いつも「それいゆ」の雑誌が置いてあり、子供ながらとても印象に残っていました♪

音声ガイドを借りて、時間を掛けてゆっくりと見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は生誕100周年を記念する展示で、初公開の「ひまわり」表紙原画3点を初めとする、雑誌の表紙原画・スタイル画・人形・雑誌の付録など400点もの展覧する大回顧展でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ここに飾ってあるブラウスは、原画を元にして再現された物です。

クリックすると元のサイズで表示します

撮影OKの場所だったので、係りの方にシャッターをお願いして写して頂きました♪

この中の4点は、そごうデパートで、お誂えが出来ると言う事で、4点をアップしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

赤のウイングカラーのブラウスは、七分袖で前開きで、襟元に少しギャザーが入って、女性らしいデザインと成っていました。

ボタンは包みボタン。

クリックすると元のサイズで表示します

太目に筋の入った生地で、ノースリーブでウイングカラー。

前開きの、襟開き止まりに、共布のリボンが付いているデザイン。

クリックすると元のサイズで表示します

大きく開いた襟に、半袖で少しすぼまっている。

前中心と、袖山にギャザーをたっぷりと入れたリボンを、何本も縫い付けて有りました。

クリックすると元のサイズで表示します

淡いピンクの地に、赤のストラップ地で、のど元のリボンが印象的。

ちょっと見ると、短いボレロを羽織っているようなデザイン。

どのブラウスも、今の時代に着ても、ちっとも古いと思わない素敵なブラウスでした。

自分の気に入ったデザインのブラウスを、オーダーするのって、良いですね。

たまたま今日着ているのは、大好きなデザインを、ベトナムで色違い・柄違いで何枚もオーダーした一枚です。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも撮影OKの場所です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「少女の部屋」

中原が提案した三畳間を再現して有りました。

真っ白な部屋に、住みやすい工夫がいっぱいの可愛いお部屋です。

クリックすると元のサイズで表示します

シンデレラのドレスの再現です。

クリックすると元のサイズで表示します

見ていた時には、全然似ていない〜〜と思っていたのですが、赤いドレスじゃなくて、右の白いドレスを再現したのですね。

クリックすると元のサイズで表示します

出口の所には、中原さんに、影響を受けた沢山の著名人方の色紙が飾ってありました。

クリックすると元のサイズで表示します

出口には、此処で写すベストポイントを足跡足跡で記してありました。

クリックすると元のサイズで表示します

作品の多くに書かれていた足跡ポーズで写してみました♪

クリックすると元のサイズで表示します

戦前から戦後に掛けて、ファツションやインテリア、ライフスタイルに至るま美しさを追求し、女性から圧倒的な支持をされた作品をたっぷり時間を掛けて、堪能できてとても良かったです♪

クリックすると元のサイズで表示します

4年2月にも、「中原 淳一展」に行っているんです。

クリックすると元のサイズで表示します

今回記念に買った物。

クリックすると元のサイズで表示します






この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ