2010/12/12

シンクの水管(12/9)  修理・手入れ

台所のリフォームは平成7年だから15年も前。(もうそんなに経っているなんてビックリ)

一ケ月前から水管がぐらついて、何となく落ち着かない・・・

クリックすると元のサイズで表示します

水道局に電話して、水道屋さんを紹介して貰った。
来て下さったのは、以前一度だけ庭の水道で来て貰った事のあるO水道屋さん(TOTO)でした。

見て貰ったけれど、どうしても道具が違って修理出来ないと言われ、INAXに頼んでくださいと行って、帰られたのが昨日。

直ぐにINAXメンテナンスに連絡したら、折り返し電話を貰い、今日の午後三時過ぎに成るといわれ、携帯電話番号を伝え、訪問前に連絡を頼む。

クリックすると元のサイズで表示します

Tさんとお喋りしている最中に連絡があり、急いで帰宅。

簡単な水周りの修理は、自分で遣れるので、締めれば解決かと思ったら、そんなに簡単ではなかった。

ステンレスの下に、木を挟んで、締めてある。

その木が、長年の為、少しずつ水分を含んで、ぼろっと割れて、水管がぐらついたと説明を受けた。

↓ジャバラの出ている、側面とシンクの間の狭い所の上を締め付けるのは、至難の技です。

クリックすると元のサイズで表示します

おまけに後付けしたデスポーザーが作業の邪魔をして、作業が出来るのか、心配に成った。

来て下さった人が、大きくて腕が太い・・・・

普通の5mm位の厚みの木を5cm位の正方形に切って、それを噛まして締め付けるらしい。

(画像は木を取りに行って居る間に、パチパチと写しました。)

クリックすると元のサイズで表示します

寝ながら真上を向いての作業は、目にゴミが入り、遣り難いと言っていた。

何とか完成しました。

水管はビクともしなく、シャワー部分を左右に動かしても大丈夫♪

嬉しい♪

有難うございました。

半永久ではないので、木の部分がまた長年で、同じ事が起きるそうですが、その時は自分は何歳??

クリックすると元のサイズで表示します

修理代金は出張料2500円・技術料金7000円・消費税425円・合計9925円でした。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ