2018/4/18


クリックすると元のサイズで表示します

ホテルに戻って来て、夕食の場所に行くのにも、広すぎて高低差があり、一度では行けず・・・

行ったり戻ったり・・・・

着いたのは8時少し前・・・

クリックすると元のサイズで表示します

レストラン内の照明は落して有り、テーブルだけに照明が当たっている様です。

席に着くとテーブルは黒で、真っ赤なプレートが置いて有りました。

クリックすると元のサイズで表示します

先ずはお疲れ様でしたと乾杯ですカクテル

私はお茶で。

クリックすると元のサイズで表示します

・鮑の冷製と中国伝統の冷菜をすこしずつ

クリックすると元のサイズで表示します

小さな香りを少しずつ それぞれに異なる味わいを施した中国オードブル

クリックすると元のサイズで表示します

・フカヒレの上海風姿煮込み ハーフポーション

クリックすると元のサイズで表示します

・蟹の旨みの上海スープ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

・高温の油で仕上げた釜焼きの北京ダック

濃厚な味噌と薄皮の蒸しパンで包んで

クリックすると元のサイズで表示します

・車海老とアオリ烏賊の唐辛子炒め

クリックすると元のサイズで表示します

・黒毛和牛のロースト 香港風ステーキ

黒毛和牛30gをじっくりとロースとし、旨みを引き出したスモールステーキ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

・帆立貝柱の強火蒸し

葱と軽いガーリックの香り

クリックすると元のサイズで表示します

・しらすと大葉の炒飯

クリックすると元のサイズで表示します

・チャイニーズデザートプレート

料理長「松岡 良孝」

クリックすると元のサイズで表示します

私達が最後のお客だったかも?

クリックすると元のサイズで表示します

Sさんが選んでくれた高級なお料理大変美味しかったです。

日本料理の会席料理の様に、少しずつ少しずつ運ばれて来て、器も盛り付けも楽しみながら頂きました♪

クリックすると元のサイズで表示します

今日は一万歩歩いたので、お疲れです。

天然温泉が有るのに、入りませんでした・・・迷っちゃうので。

2018/4/18

くずきり(4/18)  ■国内旅行記(関西方面)

クリックすると元のサイズで表示します

初めて鍵善良房でくずきりを食べたのは、何と!12年も前でした。

AさんもSさんも、食べた事が無いと言われたので、是非一緒に食べようと、お店に向かいました♪

クリックすると元のサイズで表示します

店内は行列が出来ていました・・・

四条本店と、高台寺店でしか食べられない「注文が入ってから、吉野葛で作るくずきり」です。

クリックすると元のサイズで表示します

三人とも黒蜜で注文しました。

お庭には蔵が見えます。

お店の名前はここからなのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

もう五時を回って居ます。

良く歩きました

クリックすると元のサイズで表示します

出来立てのくずきりがテーブルに♪

容器は二段に分かれており、上には黒蜜が、下には出来立ての冷たくてプルプルの葛きりが入って居ます。

クリックすると元のサイズで表示します

歩き疲れた身体に、ツルツルとのど越し良く、入って行きました♪

クリックすると元のサイズで表示します

以前京都の高級草履屋さんで、誂えた草履がちょうと不都合があり、直して貰った時に、一緒に入って居た和菓子がこちらのお店の物でした♪

美味しく頂きました♪

クリックすると元のサイズで表示します

ウィンドウの牡丹が綺麗だった♪

Aさんが靴擦れに成り、スニーカーを買う為に、鴨川を渡って高島屋まで歩き、気に入った靴が見つかって、ホッとしました♪

クリックすると元のサイズで表示します

地下鉄とバスでホテルに戻ります。

2018/4/18

八坂神社(4/18)  ■国内旅行記(関西方面)

クリックすると元のサイズで表示します

長楽館で美味しいケーキを食べる心算だったのに・・・・もう〜〜ガッカリ

二年前食べた時

クリックすると元のサイズで表示します

4時を過ぎているので、市内最古の円山公園でウロウロしいると、一服したくてここで休憩です。

クリックすると元のサイズで表示します

たこ焼きを注文しましたが、う〜ん あまり・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

八坂神社

本殿は重要文化財。

クリックすると元のサイズで表示します

舞殿(ぶでん)は、奉納行事のほか結婚式も行われる舞台。

クリックすると元のサイズで表示します

花街の置屋や料亭から奉納された祇園情緒あふれる提灯には、毎夜明かりが灯されるだけでなく、この提灯と星の明かりでナイトウェディングが執り行われる事も有るそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

楼門は、高さ約14m、銅板葺の二層の門。

本殿の南に位置し、正門に当たる。

クリックすると元のサイズで表示します

祇園祭で、三基の神輿は必ず此処を通るそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2018/4/18

知恩院(4/18)  ■国内旅行記(関西方面)

クリックすると元のサイズで表示します

「総本山知恩院」と書かれた看板の黒門から登りはじめました。

クリックすると元のサイズで表示します

右折して、黙々と歩き始めました。

クリックすると元のサイズで表示します

えっ!

まだ御影堂(国宝)は再建中でした。

二年前も工事中だった。

クリックすると元のサイズで表示します

知恩院は、浄土宗七大本山の一つ。

善阿上人が念仏を百万回唱えて疫病を退散させ、後醍醐天皇から「百萬遍」の号を賜った。

クリックすると元のサイズで表示します

すごい急な階段を上りました。

手摺が無いので、腰がまだまだ痛いので、一歩一歩気を付けて上りました。

怖かった。

クリックすると元のサイズで表示します

三葉葵がお寺のシンボルマークですが、ボケて良く見えないですね・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

沢山のお坊さんが居られましたが、それぞれ袈裟が違うので、お聞きしました。

大学に通って居るお坊さんのタマゴさんと言われました。

一緒にお参りして、写させて頂きました♪

クリックすると元のサイズで表示します

三門は高さ24m・間口50mで、木造としては世界最大級。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

二年前に訪れた時の知恩院

2018/4/18


平安神宮から、知恩院に向かう途中で、お店の前の看板?デスプレィ?に魅せられて、此処でランチをとる事にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

店内の中には、こちらで使って居る材料を求められるように並べて有ります。

クリックすると元のサイズで表示します

見て見て見て!

お寿司屋さんの湯呑をひっくり返したような高さの白魚のかき揚げです。

クリックすると元のサイズで表示します

サクサクでカリカリとして、どの様にして挙げてあるのか見て見たいです。

クリックすると元のサイズで表示します

私の隣には白人の夫妻が、箸を使って美味しそうに食べて居ました。

食べ終わってからは、ブラブラと途中にあるお店、帽子やさんや手作りのアクセサリー屋さんを見て歩きました♪

クリックすると元のサイズで表示します

2年前に訪れた青蓮院懐かしく思い出しました。

青蓮院門跡の石碑を見つけました。

2018/4/18

平安神宮(4/18)  ■国内旅行記(関西方面)

クリックすると元のサイズで表示します

青い空にピンク色の沢山の花を咲かせている木は、何だろう?

クリックすると元のサイズで表示します

アップで撮って見ました。

辛夷の花かしら?

クリックすると元のサイズで表示します

応天門(神門)

表参道で有る神宮道の突き当りに建つ。

五間三戸の二重門。

クリックすると元のサイズで表示します

応天門を含む六棟の社殿は重文に指定。

クリックすると元のサイズで表示します

緑と朱塗りの柱のコントラストが美しい社殿。

平安京正丁の朝堂院を8分の5の大きさで再現しています。

クリックすると元のサイズで表示します

平安京の宮城を再現した壮麗な社殿。

時代装束をまとった行列が都大路を進む10月22日の時代祭りは、平安神宮の祭礼です。

クリックすると元のサイズで表示します

観光客が多いです。

クリックすると元のサイズで表示します

昭和4年に建てられた平安神宮の大鳥居。

クリックすると元のサイズで表示します

高さ24.4mの鉄筋コンクリート造りで、岡崎のランドマーク的存在。

人が小さく見えます。


2018/4/18

南禅寺(4/18)  ■国内旅行記(関西方面)

クリックすると元のサイズで表示します

部屋のテラスから山々を望む。

タクシーを呼んで貰って、南禅寺まで。

クリックすると元のサイズで表示します

南禅寺と言えば、2008年キャンペーンの「そうだ 京都に行こう」で有名。

クリックすると元のサイズで表示します

臨済宗南禅寺派大本山の寺院ある。

クリックすると元のサイズで表示します

室町時代には、京都五山の上に列せられた。

クリックすると元のサイズで表示します

南禅寺の境内でひときわ目立つレンガ造りの水路閣。

クリックすると元のサイズで表示します

上を琵琶湖流水分線が流れる明治時代の水路橋で、連続するアーチデザインが美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

法堂は法式行事や公式の法要が行われる場所であり、南禅寺の中心となる建物です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

三門は高さ約22mの入母屋造り・本瓦葺きの豪壮な二重門。

歌舞伎で石川五右衛門が、「絶景かな」と見栄を切る場面の舞台として知られ、急な階段を上った所からは境内が一望できます。

クリックすると元のサイズで表示します

本坊は白壁を鮮やかに区切る黒々とした用材、すっきりとした屋根の稜線が美しく、一歩敷居をまたいで上を見ると吹き抜け造りに成って居ます。

本坊は常住とも呼び衆僧生活の場であると共に、臨済宗南禅寺派の宗務を取り扱う寺務所と成って居ます。

クリックすると元のサイズで表示します

2018/4/18


クリックすると元のサイズで表示します

朝食は8時半の予約なので、昨日は暗くて見えなかった景色を眺めながら、ブラブラと。

クリックすると元のサイズで表示します

棟と棟を繋ぐ下が川の陸橋を渡ります。

クリックすると元のサイズで表示します

地面が濡れているので、雨が降ったようです。

雨が降って居たらバスで送って貰えるようです。

周りは山また山です。

クリックすると元のサイズで表示します

外を歩るく人の為に赤い傘傘が置いて有りました。

クリックすると元のサイズで表示します

扉を開けて中に入ると、豪華なアレンジメントが。

クリックすると元のサイズで表示します

竹林を見ながら案内して貰った所は、個室でした。

クリックすると元のサイズで表示します

湯豆腐を頂きながらの、朝食でした♪

壁一面がガラス張りのお部屋から「草の庭」が一望できました。

クリックすると元のサイズで表示します

お料理を持って来られた、係の人に写して貰いました。

クリックすると元のサイズで表示します

薬味の数々。

澤井醤油。

湯豆腐。

木綿とソフト木綿。

クリックすると元のサイズで表示します

本膳 上段

クリックすると元のサイズで表示します

本膳 中段

クリックすると元のサイズで表示します

本膳 下段

鮭の西京味噌焼き

九条ねぎ入り出汁巻き

じゃこの染め卸し

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ