2015/5/11

●竺仙の綿縮みに帯3本♪  ●木綿一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

着物は、「真楽のバザー」で譲って頂いた、竺仙の綿縮みです。(Kさんから購入)

保多織りと、色柄は勿論の事、手触りもとてもよく似ていました。

サイズはピッタリで気軽に着れる着物です。

譲っていただいて感謝です♪

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は06年10月27日に、夫が珍しく夕飯が要らなかったので、娘と美登利鮨に行って来ました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

今日の装いは「KIMONO真楽」のバザーで購入した物でまとめてみました

●帯

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

帯は、勾玉柄の更紗風「付け帯」を締めて見ましたら、お太鼓がどうしても大き過ぎたので、留めてある糸を外して、「二部式帯」として締めて見ました。

丁度お太鼓の真ん中に折り線が出てしまいました・・・

帰宅後折り線がお太鼓の下線と重なるように、クリップの位置をギリギリまでに変更。

(お友達が作られた物を、未使用で、Kさんから購入)

最後まで迷っていて、購入しました♪

★2は、07年11月15日に愛犬仲間とランチを楽しみました。(1年1ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

帯は、今日が初下ろしのミンサーの半巾です。

半巾は、余り締めないのですが、このミンサーを締めてみて驚きました。

なんと締めやすい事か♪

きゅーっと締めるとそこで止ってくれるのです。

折り畳ためば、キチットと折った所で、とどまってくれます♪

折り紙を折ったような仕上がりに成ってしまったが、緩まない。

クリックすると元のサイズで表示します 

八重山ミンサー

●ショール

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

羽織っているショールは総絞り(杢目縫い絞り)です。

何かと言えば、男物の総絞りの兵児帯です♪

立派な兵児帯ですが、使わないので、真っ二つに切って、使っています。

今洋服で首に巻いていますが、洋服でも違和感ないですね♪

クリックすると元のサイズで表示します

ほとんどこの様にして、気軽に自転車で移動しています。

皆さん裾が絡まるのではないかと、ご心配されますが、裾巾の広いスラックスの方が絡まりやすいですね。
着物で裾が絡まった事は、私は一度も無いです♪

帯とバックの色味を合わせて見ました♪

★3は、15年5月9日に、Sさんと着物屋さんに、行った時に着用しました。(何と、7年6ヵ月振りの着用です)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

アメリカンコットンで、楽器の柄の、二部式名古屋帯です。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ