2015/5/10

5月9日の装い  ▲今日の装い/単衣

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

着物は、「真楽のバザー」で譲って頂いた、竺仙の綿縮みです。(Kさんから購入)

保多織りと、とても色柄は勿論の事、手触りも似ています。

サイズはピッタリで気軽に着られる着物です。

譲っていただいて感謝です♪

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

アメリカンコットンで、楽器の柄の、三部式名古屋帯です。

●小物

クリックすると元のサイズで表示します

・帯揚げは、辛子色です。

・扇子は、紫陽花が描かれている物です。

・帯留めは、山葡萄で編んだ瓢箪です。(職人展)

・帯締めは、黄色の真田紐。

・根付は、紫陽花の縮緬細工。

・腰飾りは、山葡萄の珠。(Yさんより)

●バック

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

籠は、「かごや」の東北地方産の山葡萄で、内袋は柿渋です。

職人の悠帆さんの作り上げた一点もので、山葡萄のペンダントを下げてアクセントにしています。

もう片方は、ワックスを掛けて、秋田の角館のイタヤ細工のブローチ(東北の職人展で購入)を付けて、両面別の表情を楽しんでいます。

●履物

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりに履いた履物は、螺鈿細工の台に、赤の板締め絞りの鼻緒です。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ