2015/4/16

炊飯器購入(4/16)  記録

クリックすると元のサイズで表示します

以前はIHの炊飯器で炊いて居たのですが、思ったご飯に炊けませんでした。

土鍋で炊いたり、文化鍋で炊いたりしていましたが、調理中に火加減をしなくてはならなず、最新の炊飯器を買おうと思いました。

事前にネットで調べて、量販店に行きました

クリックすると元のサイズで表示します

炊飯器のコーナーに行って見てビックリ

なに〜〜この種類は〜〜

何処が違うの??

値段の差は???

炊き上がりがそんなに違うの?

10万円と1万では10倍も美味しさが違うの??

クリックすると元のサイズで表示します

ネットで調べた機種が、そんなに評判が良い訳では無かったので、店員さんに聞いても、「これ♪」と言う機種は選べなかった・・・

炊飯器の大きさは、夫婦二人なので、3合で良いと思ってましたが、3合では以前の物と変らないか、劣るかも。

家族が一番多い時には7人家族だったのに、今ではたったの二人。

クリックすると元のサイズで表示します

色々見て決めたのは、銅の内釜で、お釜の中でお米がとげる物。

真空機能で、芯までふっくらと炊けるもの。

色は、PCやプリンターと同じ赤い色。(合わせる必要はないけれど)

息子も最近炊飯器を買い替えた(圧力機能で、音がうるさいらしい)

大きさは5合に決めました。

以前の物より少し、小さい気がします。

クリックすると元のサイズで表示します

早速持ち帰り、今晩から炊いて見ます。

形・色は満足です。

クリックすると元のサイズで表示します

炊いて見た感想は、説明書どうりに炊いて見るが、ご飯が硬いです・・・

次の日には、水を多くしても、まだ硬かった。

好みにするには、随分と水加減を多めにしなくてはなりませんでした。

炊き時間が三通りあり、それぞれ炊いて見て、我が家にピッタリの水加減を見つけなければ。

クリックすると元のサイズで表示します

保温の時に、真空を維持?する為か、時々音がします。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ