2013/4/8

観光その1(3/25)  ▲結婚式

次に訪れたのは、「高岡市万葉歴史館」です。

大伴家持が越中国守と成って北陸の地に来た事により、「越中万葉」が生れ、越中の地には家持がそれまで見たことの無い自然があり、有礎海の向こうには夏でも雪をいただく立山、二上山と人々の暮らしは詩情を書きたて万葉集の17.18.19は越中在任期を中心とした歌日記とも言われているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

館内では子供も楽しめるように、家持劇場・映像装置で楽しめるメディアボックス・四季のシンボル造形等、越中万葉の世界を堪能できました。

クリックすると元のサイズで表示します

建物の周りは、四季の庭となっており、春の庭・夏の庭・秋の庭・冬の庭に分かれており、自然がいっぱいでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど「かたくり」が満開でした。

クリックすると元のサイズで表示します

まだ梅が咲いており、桜はこれからとの事でした。

知らない高岡を見られて嬉しいです。

次に向ったのが、能登半島国定公園の二上山です。

クリックすると元のサイズで表示します

二上山万葉ライン(全長8kmのドライブコース)がちょっと迷いましたが、無事山頂に行けました♪

二上山を中心に二上山丘陵と西山丘陵が連なっています。

クリックすると元のサイズで表示します

夫と私の二人が鐘の鳴らして見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなに大きな鐘を鳴らせた事が無かったけれど、力いっぱい何度も引いたり押したりして、鳴らせました。

クリックすると元のサイズで表示します

これから氷見に向います。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ