2012/12/13

奥能登の旅(その6)12/3  ■国内旅行記(富山・石川県)

禄剛埼灯台から戻ってきた方たちから、とてもとても険しかったと聞いて、行かないで正解と思ってしまいました・・・

クリックすると元のサイズで表示します

さ〜次なる目的地は、「聖域の岬」と言われている島最先端にある珠洲岬は、富士山と並ぶ日本三大パワースポットと言われています。

クリックすると元のサイズで表示します

バスから降りて、歩いている時に、真下に黒光りする瓦屋根のよしが浦温泉「ランプの宿」が有りました。

クリックすると元のサイズで表示します

予約の取れない宿で有名らしいですが、名前は聞いていたけれど、こんな所に建っていると思わなかったし、もっとひなびたお宿だと思っていたら、こんなにモダンなお宿で二度ビックリしました。

5.6年前に能登地震が有ったし、3月11日の時の事を思い出すと、泊るのは怖いなぁ〜と思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

この展望台は、迫り出しており、先端まで歩いて見る事が出来るのです

クリックすると元のサイズで表示します

先ずは三大スポットに行って、帰りにゆっくり見ましょうと、横目で見ながら、皆さんワクワクしながら、スポット地点に。

クリックすると元のサイズで表示します

注目度上昇中の、岩礁地帯が続く一帯には、寒流と暖流が交わる事から、自然界のパワーが集ると言われています。

クリックすると元のサイズで表示します

約500万年かかって出来たらしい驚異のパワーホールです。

此処ですよ!此処!

クリックすると元のサイズで表示します

自然の偉大さを感じながら、両手を広げて、パワーをいっぱい浴びで、吸い込んできました♪

運気が上がると良いなぁ〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

空中展望台に、人が居なくなったので、交代で先端まで行って、記念撮影をする事にしました。

揺れるんです〜〜〜よ。

クリックすると元のサイズで表示します

両手で支えて、揺らさないでと祈りながら、辿り着きました。

高所恐怖症の人は、駄目でしょね。

クリックすると元のサイズで表示します

此方は安心して展望出来る所です。

クリックすると元のサイズで表示します

蛸島の街並み(能登独特の、黒瓦の街並み)を歩いている時見つけた、珠洲市のマンホールの蓋です。

軍艦島と灯台が描かれていました。

クリックすると元のサイズで表示します

別名が「軍艦島」と呼ばれている「見附島」

正面から見ると、如何にも軍艦がせまって来るように見えますが、奥行きが100メートル以上あるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

見附島が浮かぶ見附海岸。

クリックすると元のサイズで表示します

見附海岸から恋路海岸までを結ぶ3.5kmの海岸線を「えんむすびびーち」と呼ばれる人気スポットだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

影で縁を結んじゃいました♪

クリックすると元のサイズで表示します

何故に此処に鐘が??

「縁結びの鐘」だそうです♪

夜にはライトアップされて、ロマンチックですね。

クリックすると元のサイズで表示します

「縁結びビーチ」誰も居ないので、ちょっと鳴らして見ました♪

カップルで鳴らすと幸せに成れるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

さ〜これで、今日の予定は全て終了です。

今朝は早かったので、ゆっくりと宿で休みたいので、早めにホテルに戻ります。

上手く行けば、太陽が沈む所を見る事が出来るかもと?急いでバスを走らせています。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ