2012/12/9

奥能登の旅(その2)12/2  ■国内旅行記(富山・石川県)

ツアー最初に訪れたのは、壮厳な国宝寺院の瑞龍寺です。

此処には、以前連れて来て貰って、息子にと、お数珠を買い求めました。

5年前には、ライトアップも見に来ました

あら嫌だわ〜同じセーターを着ていました・・・パンツはオニューです♪

クリックすると元のサイズで表示します

この旅行が決まった時から、妹Yと連絡して、コースとか色々聞いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

予定が詰まっていたのに、時間を遣り繰りして、会いに来てくれました

ツアー仲間とお坊さんの説明を一緒に聞きました。

面白く分りやすく、お芝居を観ている様に、面白かったですね。

クリックすると元のサイズで表示します

総門(重要文化財)

正面三間の薬医門形式で、正保年間の建立です。

クリックすると元のサイズで表示します

山門(国宝)

左右に金剛力士像を安置し、楼上には釈迦如来、十六羅漢を奉って有ります。

クリックすると元のサイズで表示します

左端が禅堂(重要文化財)

座禅修行をする建物であるが、食事・睡眠もとれる生活空間でもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

右端は大庫裏(重要文化財)

調理配膳や寺務運営を行う堂。

クリックすると元のサイズで表示します

仏殿(国宝)

万治二年(1659)に建立。

総檜造りで、屋根は鉛板持って葺かれています。

全国的においても、金沢城石川門にその例を見るだけ。

クリックすると元のサイズで表示します

記念に二人揃って

クリックすると元のサイズで表示します

此れから雨晴海岸に向かうので、此処でお別れです。

クリックすると元のサイズで表示します

一週間後に、また金沢で、会いましょうとお別れです

有り難うね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ