2012/12/4

11月24日の装い  ▲盛装・晴れ着の装い

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

姪の結婚式に着ていたのは、本加賀友禅の訪問着で花水木が描かれているものです。

クリックすると元のサイズで表示します

正絹の白地の伊達衿を使っています。

(白は無かったので、結婚式の為に買い求めました。)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

共八掛けで、八掛けに表地と同じ、花水木が描かれています。

●帯

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

西陣九百織 佐賀洛中洛外図の袋帯です。

フラッシュの光が反射して、柄が見難いです・・・

帯結びは前夜に簡単二重太鼓に準備して結んでいます♪

●小物

クリックすると元のサイズで表示します

・帯揚げは白地に鹿の子絞りに、松竹梅の柄には金糸で刺繍がされています。

・扇子は表裏・金と銀の正装用の物。(嫁入りの時の物)

・帯締めは、綴織りで、両面色糸違いで、きゅっと締まって緩まないので、安心できる物。(人間国宝細見華岳作)

・帯留めは真珠。

・腰飾りは、縮緬の巾着の匂い袋です。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します広角レンズで縦に写すと、こんなにすらっと写りました♪

横で写すと、寸詰まりで写るんですね・・・


●バック

クリックすると元のサイズで表示します

金色の佐賀錦の小さなバックです。

小さいので、香港で買った、スワトウのカラーのハンカチを入れています。

補助バックに、貴重品やデジカメもろもろを、入れています。

●履物

クリックすると元のサイズで表示します

祇園の「ない藤さん」の、白い装履です。

白の蝋引きの台に、花緒も白の蝋引きで、通し前坪で紅色です。

とても履きやすくて、お気に入りです。

「ない藤さんのお店には、片足の装履と花緒が並べられています。

どれもサンプルで、売り物ではないのです。

だから台も花緒もサンプルを見てから、台は大きくも高くも出来ますし、花緒も裏や前坪も変える事が出来ます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ